ホーム>節約術>食費や雑費などの変動費をデビットカードと通帳アプリで管理するスゴ技

食費や雑費などの変動費をデビットカードと通帳アプリで管理するスゴ技

    • 節約術

食費や雑費などの家計管理ならデビットカードが断然おすすめ

毎月の家計のやりくりは、食費や雑費などの支出をいかに管理するかにかかっています。今回は、食費や雑費などの「変動費」を簡単に管理できる方法について、解説します。

「変動費」とは、毎月の支出額が変わる費用

支出には大きく分けて2種類あります。毎月決まった金額が出ていく「固定費」と、月ごとのやりくり次第で金額が変わる「変動費」です。
たとえば、次のようなものです。

  • 固定費:住宅ローン/家賃、通信費、光熱費など
  • 変動費:食費、雑費、レジャー費など

固定費は簡単に減らせませんが、変動費は工夫次第で減らすことができそうです。節約上手な人なら、月末にはお金が余って預金にまわすこともできますね。

ところが実際は、なんとなく使ってしまって、月末には予算オーバーで赤字、というケースは少なくありません。どうしてでしょうか。

お金が貯まらない人の特徴の1つに、「何にいくら使ったか」という支出を把握していないことがあげられます。特に食費や雑費は、毎日発生するうえ、金額が少ないことも多く、つい「このくらいなら」と考えが甘くなってしまいがち。それが積み重なると、月末の予算オーバーの原因になってしまうのです。

変動費の管理は「デビットカード」がオススメ

そうは言っても、毎日の支出を細かく把握するのはなかなか難しいもの。そこでオススメなのが、デビットカードで変動費の支払いをすることです。最近では、少額でもカード支払は当たり前。お店のレジで簡単に使えます。

デビットカードとは、クレジットカードと同じようにお店の支払いに使えるカードです。クレジットカードとの違いは、利用した代金がその場で銀行口座から引き落とされること。銀行口座の残高を超えて使うことはできません。
つまり、口座に今月使って大丈夫な金額だけを入れておけば、予算通りの支出をしっかり守ることができますね。預金用の口座は、生活費用とは別にしておきましょう。

イオンでのお買い物が多いならイオン銀行の「キャッシュ+デビット」が断然おすすめ

イオンでのお買い物が多い方なら、イオン銀行のデビットカード「キャッシュ+デビット」がおすすめです。「キャッシュ+デビット」とはデビットカードとキャッシュカードと電子マネーWAON機能の一体型カードで年会費は無料です。

イオンのお買い物がおトクになるスペシャルデー、「お客さま感謝デー(毎月20日、30日)」でお買い物代金が5%OFFや、「お客さまわくわくデー(毎月5の付く日)」・「ありが10デー(毎月10日)」など、イオンカードだけでなく、「キャッシュ+デビット」のご利用でも対象になります。

変動費管理も心配無用。「通帳アプリ」ですぐ残高・明細確認!「通帳アプリ」を使うとさらに便利に!

ただし、デビットカードにも弱点があります。それは、口座残高がすぐにわからないことです。変動費の出費は、1回あたりの金額が少額なことに加えて、回数が多いことも、管理がしづらい原因です。たくさんある変動費の出費を毎回覚えてはいられません。
そんな心配も無用です。イオン銀行の「通帳アプリ」なら、簡単なログインですぐに預金残高と、入出金明細が確認できるのでとても便利。
お買い物をした後にスマホをチェックするだけで、予算通りに支出を抑えられているかどうか確認できるので、毎日の暮らしにすぐに取り入れられますね。

ショッピング保険もついていて、万が一にも安心

さらに意外と知られていない機能として、「ショッピング保険」の手厚さも見逃せません。「せっかく買ったのに壊しちゃった」なんて苦い経験をお持ちの方も多いかと思います。

「キャッシュ+デビット」でお買い物された商品(1品5,000円~50万円)を偶然の事故により破損した場合、ご購入日から180日間、年間50万円(税込)まで補償してくれます。特に、補償期間の長さは注目です。
ショッピング保険が付帯されているカードもありますが、概ね補償期間が90日程度が多い中、「キャッシュ+デビット」なら補償期間が180日と長いので安心です。

イオン銀行「キャッシュ+デビット」のメリットはまだまだある

デビットカードを利用すると予算管理も楽々こなせますが、イオン銀行「キャッシュ+デビット」にはメリットがさらにあります。

ときめきポイントがおトクにたまる

イオングループの対象店舗(イオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなど)でイオンのデビットカードを利用すると、200円(税込)ことに2ポイントたまります。対象店舗以外では、200円(税込)ごとに1ポイントです。
さらに、毎月10日の「ときめきWポイントデー」は、ときめきポイントが2倍です。ときめきポイントは商品と交換するだけでなく、電子マネーWAONポイントに交換することもできます。

その他にも

登録メールアドレスに利用確認メールが届く、利用限度額を自分で決められる、などのメリットがあります。

イオン銀行キャッシュ+デビット詳細はこちら

毎月の変動費をしっかり管理しながら、おトクにポイントもためられるイオン銀行「キャッシュ+デビット」と通帳アプリは最強の組み合わせですね。

今回のまとめ

  • 毎月の支払い額が変わる変動費は、工夫次第で節約できる
  • 変動費の支払いにデビットカードを利用することで、使いすぎを抑えられる
  • 預金口座残高を確認するには、通帳アプリの活用がおすすめ
  • デビットカードは、ポイントがたまるものを選んでさらにおトク度アップ

オンラインでカードお申込みが完結!書類の郵送・お届け印不要

お申込み

関連商品

  • 本ページは2017年11月時点での情報であり、その正確性、完全性、最新性等内容を保証するものではありません。また、今後予告なしに変更されることがあります。

タケイ 啓子

ファイナンシャルプランナー(AFP)。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に従事。治療を経て、現在はお金の相談パートナーとして、相談、執筆業務を中心に活動中。FP Cafe登録FPパートナー

Go to
top