ホーム>暮らす>長い人生をおトクに過ごす、新社会人の銀行選び!

長い人生をおトクに過ごす、新社会人の銀行選び!

    • 暮らす

1.新生活!今こそ本気で考える 賢い銀行の選び方・使い方

わたしは社会人2年目でファイナンシャルプランナーの資格を取得し、以後FPとして仕事をしていますが、社会人になりたての頃に口座開設した銀行を、今でも各種クレジットカード、公共料金、生命保険料等の引き落とし口座として使っています。転居するたびに、その銀行では暮らしに不便という思いもしました。それでもなかなかお付き合いする銀行を変えられないのは、そうしたカード支払い等、数々の変更手続きに腰が重たくなってしまうためです。後々の面倒を抱えないためにも、最初の銀行選びは重要です。

なかでも、キャッシュカードとクレジットカード(イオンカード)と電子マネー(WAON)の3つの機能を1つにまとめたイオンカードセレクトは、数あるカードの中でも非常に使い勝手がよいと評判です。

銀行との付き合い方はお金を貯めておくだけではありませんので、皆さんも、なんとなくのイメージで銀行を選ぶのではなく、真に役立つ銀行を探し当ててください。
それでは、社会人として本当に頼れる銀行選びで大切なことをチェックしてみましょう。

給与振り込みと毎月の支払い

毎月のキャッシュフローでポイントを獲得!

社会人になって最初の喜びはなんといっても初任給。銀行に給与が振り込まれ、その数字を見ただけで社会人として認められた気がして、本当に嬉しいものです。しかし、お金は入るばかりではありません。給与から年金保険料や健康保険料、そして税金が引かれ、ひとり暮らしであれば家賃に光熱費に携帯電話にインターネット、カードでの買物や、あるいは生命保険や損害保険など、ありとあらゆる支払いがやってきます。
黙っていれば毎月ただお金が出たり入ったりするだけですが、イオンカードセレクトを持っていると、給与振込や公共料金の支払いのたびに、自動的にWAONポイントが貯まっていくのでかなりおトクです。WAONのオートチャージでもWAONポイントが貯まりますし、また、普通預金の金利がおトクになるのもイオンカードセレクトならではの特典です。

長く使えば使うほど、お得なWAONポイントがコツコツと貯まっていきますので、ただ漫然とお金の出入りを眺めるのではなく、イオンカードセレクトを上手に使って、賢い銀行との付き合い方を実践してみてはいかがでしょう。

生活口座は利便性こそが大切!

銀行は営業時間とATMの数、ネットバンクの利便性が大切!

毎月ポイントが貯まるからといって、日常使いが不便では意味がありません。たとえば、役所と医者と銀行は週末にこそ営業していてほしいと、社会人ならば誰しも切実に思うことですが、お住まいの近くのイオン銀行はなんと365日年中無休でしかも21時まで開いています。
ATMもイオンやミニストップなど全国に5500台以上もあり、しかもイオンバンクカード/イオンカードセレクトなら時間外手数料もかかりませんので、365日いつでも自由に自分のお金を引き出すことができます。あの、「自分のお金を下ろすのに108円かかる悔しさ」を味わうことなく快適なATMライフを過ごせます。いまどきの金利事情からすると、ATMの時間外手数料のせいで銀行に預けるほどお金が減っていた、なんていう話も十分ありえますので気をつけてください。 またイオン銀行は、振込や預金・投資がインターネットでサクサクできることも、利便性という点では見逃せませんね。

資産運用は商品ラインナップが決め手

大人の資産運用は投資信託がスタンダード。選択肢の多い銀行を選ぼう!

社会人になるとより一層「ライフプラン」を意識するようになります。結婚、子育て、マイホーム、なかには独立起業される方もいらっしゃるでしょうし、誰もが不安な老後の生活費など、ずっと先のことのように思えて、その実、あっという間にそれらライフイベントはやってくるものです。早い方であれば初任給からコツコツと将来に向けて貯蓄や投資を行っています。特に投資は、長い時間をかけて運用するほうが成果を得やすいといいます。

私のお客様にも、毎月3万円ずつ投信積立をして、老後の年金不安に今のうちから準備しているという新卒1年目の方がいます。お金の運用はプロに任せて、自分は仕事に専念する、というしっかりしたお考えをお持ちで、驚かされました。老後までおよそ40年、途中の運用で多少つまずいても、やがての回復を待つことができますから、長期分散投資は老後準備に向いているといえます。

その投資信託ですが、銀行や証券会社によって取扱商品が異なります。イオン銀行は200種類を超える大量の投信ラインナップが特長です。新社会人になって、大人の資産運用を始めるのであれば、商品選択肢の多いイオン銀行はたいへんお薦めです。

お金を借りることを考えておこう

住宅ローンやカードローンは豊かな生活に欠かせません!

銀行との付き合いは、貯める、殖やす、だけではありません。長い人生においては、借りる、という場面がきっと訪れます。その多くはマイホームを購入する際の住宅ローンです。実は、イオン銀行は借りる際の金利の低さではトップクラスと評判です。また、いざというときのカードローンや目的別ローンも手軽に利用できますので、イオン銀行との長い付き合いが、あなたの人生を大いにサポートしてくれるはずです。
そうした、貯める、殖やす、借りる、といったお金の相談に親身に乗ってくれるのが銀行です。やはり、週末でも21時まで開いているイオン銀行は、そうした大事な局面でも、非常に頼れる銀行になることでしょう。

2.銀行選びとは人生を上手に生きる大事な選択

銀行は思っている以上にフレンドリーな相談相手です

これまで見てきたように、「ATM」「預金・投資の商品数」「ネットの利便性」を中心に考えつつ、人生の3大資金と言われる「教育」「住宅」「老後」の資金をどう準備するかの相談がしやすい銀行こそが、一生付き合える頼もしい銀行、ということになります。

銀行は、堅くて、融通が利かなくて、資金の少ない庶民には冷たい態度で、などと想像していたりしませんか?一昔前の調査ではそのような感覚の方も多かったようですし、今もそのような雰囲気の銀行があることは否定しません。そのような中、イオン銀行のように相談しやすい環境とスタッフを揃えたフレンドリーな銀行が登場してきて、私たちの暮らしを支えてくれるのは嬉しいことですね。

イオンカードセレクトのように、電子マネーでお昼ごはんや買物を、クレジット決済で飲み会やネットショッピングの支払いを素早く済ませる。しかもポイントが貯まる。預金金利がおトクになる。こうした銀行やカード会社の便利でおトクな機能が使えるのは社会人の特権です。あなたにとって、本当に便利で、いつでも相談できて、おトクな銀行を、ぜひ見つけてください。

ファイナンシャルプランナー 神長 謙

コモンズ株式会社 代表取締役。先物会社、FP会社、銀行、投資顧問を経て現職。国内外に領域を広げ、個人資産運用のコンサルティングを中心に活動。税理士や会計士とチームを組んでお客様の資産形成を多角的にサポートする。

Go to
top