返礼品の魅力

宮崎県都城市 宮崎牛

ざっくりこんな内容

「宮崎牛」は全国規模の品評会で、2大会連続日本一に輝いた名品です。

口蹄疫により大打撃を受けながらも、見事に復活を果たしました。

厳しい品質管理も「宮崎牛」の人気を支えています。

「宮崎牛」は、和牛のオリンピックで2大会連続の日本一に!

宮崎県は、きゅうりやピーマン、キンカンやマンゴーなどの農作物が有名ですが、牛や豚、にわとりなどの畜産業が盛んな地域としても知られています。その中でも、特にここ数年で宮崎県の名前を高めたのが、「宮崎牛」です。

「宮崎牛」は、5年に1度だけ開催される全国規模の品評会、「全国和牛共進会(別名:和牛のオリンピック)」において、2007年の第9回大会に続き、2012年の第10回大会でも日本一に輝き、大会初の2連覇を達成しました。このことが「宮崎牛」のブランドを押し上げるきっかけとなったのです。しかし、この栄光を得るまでの道のりは平坦ではありませんでした。

宮崎県都城市の返礼品一覧別ウィンドウで開きます

口蹄疫による甚大な被害を乗り越えて、見事復活を果たす!

2010年、家畜伝染病の1つである口蹄疫が発生し、宮崎県南部を中心に広がりました。致命的な病気ではないものの、非常に伝染力が強く畜産業に大打撃を与えかねないことから、罹患した動物だけではなく同じ畜舎にいる全家畜が殺処分されます。このことで宮崎県内の牛が約7万頭、そのうちブランドの核となる種牛も50頭が処分され、残ったのはわずか5頭だけでした。

しかし、生産者たちの心は折れませんでした。かつてない苦境から再スタートし、質の良い牛を安定的に生産できるよう、これまで以上の努力を重ねました。その結果、口蹄疫の終息宣言からわずか2年余りで、宮崎牛が再び「全国和牛共進会」で日本一を獲得。口蹄疫という惨事から見事復活を果たしたのです!この底力が「宮崎牛」人気の基盤となっています。

宮崎県都城市の返礼品一覧別ウィンドウで開きます

優れた肉質と霜降りは、厳しい品質管理のたまもの

また、厳しい品質管理も「宮崎牛」の人気を支えています。宮崎県では、県内で生まれて飼育された黒毛和牛を、日本食肉格付協会が1頭ずつ検査。「4等級、5等級」にランクされた2種だけが「宮崎牛」と名乗ることができるのです。つまり、「宮崎牛」はつねに優れた肉質の提供を約束しているブランド、といえます。

こうして厳選された「宮崎牛」は、肉質と霜降りの良さが特長。よく締まっていて、舌ざわりもなめらか。霜降りがもたらすジューシーな肉汁が、口いっぱいに広がります。この深い味わいで、多くの人たちをとりこにしてきました。ぜひ一度は食べておきたい、日本の逸品といえそうです。

宮崎県都城市の返礼品一覧別ウィンドウで開きます

○掲載日:2016年11月29日

本ページで掲載の返礼品はお申込みが終了している場合がございます。ご了承ください。

コラムの写真はイメージです。