返礼品の魅力

秋田県大館市 曲げわっぱ

ざっくりこんな内容

お弁当ブームにより、「曲げわっぱ」が注目を集めています。

「曲げわっぱ」は、職人が独特の技法で一つひとつ手作りしています。

「曲げわっぱ」なら、見た目やごはんの美味しさがワンランクアップします。

お弁当ブームで注目を集める「曲げわっぱ」

職場にお弁当を持参する人が増えている昨今、デザイン性の高いおしゃれな弁当箱や、保温・保冷力に優れたものや食べ終わったら折りたためるものなど、機能性の高い弁当箱が次々と誕生しています。そんな中、木目を活かしたシンプルなデザインの「曲げわっぱ」を、選択する人が増えているのをご存じですか?今回は注目を集める「曲げわっぱ」の魅力をご紹介します。

そもそも「曲げわっぱ」の「わっぱ」という言葉は、檜・杉などを薄く削り取り、円形に曲げて作った容器「曲物」を指す総称。今ではお弁当箱のことを「わっぱ」と呼ぶ地域も多いのですが、実はひしゃくや酒器などさまざまな形状の「わっぱ」があります。日本各地で作られていますが、特に秋田県大館市の「曲げわっぱ」が有名です。

秋田県大館市の返礼品

独特の技法で、職人が一つひとつ手作りする本物の品

江戸時代、大館城主の佐竹西家が領内の豊富な秋田杉に着目し、困窮していた下級武士たちの内職として推奨したことが始まりです。以来、江戸時代末期から近代にかけて長い間職人たちの手で独特の技法を受け継いできました。

天然の秋田杉を薄くはいで、熱いお湯につけます。板が柔らかくなったら取り上げて、コロという道具に巻き込むようにして曲げていき、重ね合わせた部分を仮止めしてから自然乾燥させます。乾燥後、重ね合わせた部分を接着したあと、綴じ穴を開けて桜の皮で縫い止めます。そして、蓋または底となる板をはめ込み、接着したら完成です。

どの工程も職人が一つひとつ手作りしているため、完成までに時間がかかりますし、ちまたに出回っているほかのお弁当箱と比べますと、価格も若干高めです。そのせいで、アルミ・ステンレス・プラスチックなどで作られた量産品に押される時代もありました。しかし、近年になり本物志向の風潮が高まったことにより、「曲げわっぱ」は多くの人に再注目されています。

秋田県大館市の返礼品

見た目だけではなく、ごはんの美味しさもワンランクアップ!

明るい木目が活かされた「曲げわっぱ」には、優美さと気品があります。本来は無塗装の白木で使われていましたが、現在は耐久性を向上させるために漆やウレタンを塗ってある製品が増えています。軽量で持ち運びがしやすいという点でも、実用品として優れています。

また、天然の秋田杉が持つ調湿作用によって、ごはんが夏場でも傷みにくく、冬場もカチカチにならず、ふっくらと美味しいのだとか。ほんのりと木の香りがごはんに移り、食欲をそそります。お弁当箱としてはもちろん、おひつ代わりに食卓に並べるなどの使い方もできることから、ブログやSNSでも「曲げわっぱ」が人気を集めているそうです。

あまりの人気のせいか、安い類似品もたくさん出回っているようです。しかし、本来の美しさや味わいは、職人が手作りで仕上げた本物でしか感じられません。本物の「曲げわっぱ」でいただく食事の時間。それは、これまでよりも贅沢なひとときになるはずです。

秋田県大館市の返礼品

○掲載日:2016年12月27日

本ページで掲載の返礼品はお申込みが終了している場合がございます。ご了承ください。

コラムの写真はイメージです。

イオンカードのご利用だと
“ときめきポイント”もついておトク!

お申込みから決済まで、たった5分!簡単にお手続きができます。
クレジットカード決済なら、お支払い金額200円(税込)ごとにときめきポイントが1ポイントたまるので、特産品+ポイントも貰えておトクです。