住宅ローン用語集(か行)

火災保険

火災、水害、盗難等などからの住宅や家財への損害を補てんするための保険。地震や噴火、津波などによる損害は補償されないことから、これらの損害を補償する地震保険に加入するケースも多い。

イオン銀行で取扱う火災保険は集団扱割引が適用されますので通常のご契約に比べて割安な保険料でご加入いただけます。

元金均等返済

返済する元金分を一定にし、その時の借入金にかかる利息を上乗せし返済する方法。この方法は借入当初の返済額が大きくなるが、元金が返済の度に減っていくので徐々に返済額が減っていきます。

元利均等返済

返済する元金と利息の合算額が、一定となる返済方式。毎月の返済額が同じ金額となるため、返済計画が立てやすい一方、元金均等返済と比べて総返済額が多くなります。

借換

総返済額または毎月の返済額を減額することや金利の上昇リスクを考え、今の住宅に住み続けながら、現在ご返済中の住宅ローンを全額返済し、条件の異なる住宅ローンを新たに借り入れること。

共有名義

親子や配偶者等と複数の人で資金を出し合い住宅を購入し、負担額に応じて共有で登記すること。

金銭消費貸借契約

金融機関から融資を受けるときにかわす借入(ローン)契約。通称、「金消契約」と言われます。

繰上返済

毎月の返済額とは別にローン残高の一部または全額を返済すること。

繰上返済(期間短縮型)

毎月の返済額を変えずに、残りの返済期間を短くする繰上返済方法。一般的に返済額軽減型より利息軽減効果が高いと言われています。

繰上返済(返済額軽減型)

当初の返済期間を変更せず、毎月の返済額を減らす繰上返済方法。将来支払う利息を少なくすることができるが、一般的に期間短縮型と比べると利息軽減効果は低いといわれています。

繰上返済手数料

繰上返済を行う場合に支払う事務手数料。

固定金利特約

一定期間の適用金利が固定されるタイプのローン。返済額が確定することにより、固定金利特約期間中の支払い額増加リスクがなくなります。

住宅ローン用語集トップへ戻る

ページ先頭へ