ホーム>暮らす>旅行に行くとき、旅行保険に加入した方がいい?

旅行に行くとき、旅行保険に加入した方がいい?

    • 暮らす

最近は、国内外を問わず、休暇を利用して気軽に旅行に行く人が増えましたが、旅行保険に加入するべきかどうか迷う人も多いのではないでしょうか?
自分は大丈夫!と思っていても、旅先で病気になったり、トラブルに巻き込まれたりする可能性は誰にでもあります。特に海外に行く場合には、旅先でのアクシデントに備えて旅行保険へ加入しておきましょう。

イマドキの旅行保険の特長は?

旅行に行くときには、ワクワクした気持ちで胸を膨らませている人が多いことでしょう。そんなときに、旅先で病気になったり、トラブルに巻き込まれたりなど、ネガティブな想像はできない人が多いと思いますが、誰にでもアクシデントは起こりうるもの。実際にトラブルに合った人の話しを聞いてみると、「まさか、自分の身に起こるなんて思わなかった!」という人が少なくありません。

旅先でトラブルに見舞われた時に頼りになるのが、「旅行保険」。いざという時に備えて加入しておくと安心です。では、イマドキの旅行保険の特長を見ていきましょう。

イマドキの旅行保険は、インターネット経由で簡単に加入することができ、しかも出発当日でも加入できます。しかも、インターネット経由で申込みをすると保険料が安くなるのも魅力です。

また、旅行保険は、自宅を出発してから帰宅するまでの間に発生したケガ・病気の治療費や荷物の盗難、誤って他人の物を壊したときなどの損害等が補償対象となりますが、「どれも満遍なく補償してほしい」「特に治療費を手厚くしたい」など、補償に対するニーズは人それぞれです。
旅行保険によっては、主な補償がパッケージになっているプランやニーズに合わせて選べるオーダーメイドプランなどがあり、選択することが可能です。

手軽に入れて便利な旅行保険ですが、旅行保険に加入する前にクレジットカードに旅行保険が付帯されているケースも多いので、一度よく確認してみましょう。旅行保険が付帯されている場合には、どんな補償が付帯されているのかを確認し、補償が十分ではない場合には、オーダーメイドプランを利用して、クレジットカードの保険では補償されない部分の補償を補えば、手厚い補償を得ることができますね。

旅行保険が補償する内容は?

では、具体的に旅行保険ではどんな補償をしてくれるのでしょうか?旅行保険で補償される内容は多岐にわたります。
海外旅行保険から見ていきましょう。海外旅行保険の主な補償対象は、

  • 死亡した場合
    旅行中に病気により亡くなった場合などに保険金が支払われます。
  • 病気やケガをした場合
    旅先でかかった病気・ケガの治療費が支払われます。
  • 携行品(持ち物)に損害があった場合
    身の回りの持ち物が盗まれたり、壊れたりした場合などに、保険金が支払われます。
  • 賠償責任を負った場合
    誤って他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊したりしたことなどによって法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。
  • 手荷物の到着が遅延した場合
    航空会社に預けた手荷物の到着が遅れたため、着替えなどを購入した場合に保険金が支払われます。
  • 家族が助けに来た場合
    旅行中に病気やケガで入院し、現地に家族がかけつけた場合などに、交通費などかかった費用が支払われます。

続いて国内旅行保険を見てみましょう。国内旅行保険の主な補償対象は、

  • 死亡した場合
    旅行中の病気や事故により死亡した場合に保険金が支払われます。
  • 病気やケガをした場合
    旅先でかかった病気・ケガの治療費が支払われます。
  • 賠償責任を負った場合
    誤って他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊したりしたことなどによって法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。

保険に加入する際には、どのようなトラブルに備えたいかをよく考え、無駄のない旅行保険への加入を検討しましょう。

特に海外に行くときには旅行保険の検討を!

国内旅行でも海外旅行でもトラブルに備えておくことは大切ですが、特に保険の加入を検討したいのが海外旅行に行くときです。

というのも、海外は日本よりも衛生環境や治安が悪いところが多く、海外でトラブルに巻き込まれる確率は日本に比べて高いからです。

例えば、日本での窃盗事件発生確率は0.77%であるのに対し、米国、英国、フランス、ドイツの4か国では2.5%を超え、約3.2倍の確率で発生しており、海外では日本に比べ、窃盗にあう可能性が高いといえます。特に日本人は、安全に暮らすことに慣れているため防犯意識が弱く、スリや窃盗、強盗などに狙われやすいといわれています。

また、海外は日本に比べて、高額な医療費がかかります。例えば、海外旅行先として人気の米国の医療費は非常に高額です。その中でも、ニューヨーク市マンハッタン区の医療費は同区外の2倍から3倍ともいわれており、一般の初診料は15,000円から30,000円、専門医を受診すると20,000円から50,000円、入院した場合は室料だけで1日数十万円の請求を受けます。さらに、米国は救急車を呼ぶだけで、40,000円以上かかります(1ドル100円として換算した場合)。

前述したように、クレジットカードに海外旅行保険が付帯されているケースは多いのですが、補償金額が低いなど、カードに付帯されているサービスだけでは十分な補償が得られないケースが多いようです。クレジットカードに付帯されているから安心と思わずに、補償内容や補償金額などをきちんと確認するようにしましょう。

海外旅行保険の付帯サービスにも注目!

海外に行くときには、海外旅行保険への加入を検討したいものですが、気になるのが、「保険料」です。

例えば、海外旅行保険の中でも人気の高い「新・海外旅行保険 [off!(オフ)]」。ハワイに7日間旅行する場合で、傷害死亡・高度障害1,000万円、治療費用1,000万円、疾病死亡1,000万円、賠償責任1億円、携行品損害30万円、救援者費用1,000万円、航空機寄託手荷物遅延等費用10万円の補償がついているプランの場合、保険料は2,840円となっています。

補償内容が充実している割にリーズナブルな保険料で加入できるのが特長です。しかも、現地で治療を受ける際に、現金がなくても治療を受けられたり、現地で困ったことが起きた場合には、24時間365日、日本語でのサポートを受けられたり、トラブル発生時の届け出方法や必要書類についてアドバイスが受けられたりと、付帯サービスも充実しています。

海外でトラブルが起きると、慣れない土地でしかも言葉も通じず心細いもの。補償内容や保険料はもちろんですが、こうした付帯サービスもよく確認して、最適な保険に加入するようにしましょう。

今回のまとめ

  • インターネットで当日申込みもOK。保険料も安くなる。
  • クレジットカードに付帯されているケースも多いが補償が十分でない場合が多い。
  • 保険料、補償内容に加えて、サービス内容も検討して選ぶ。

関連商品

  • 本ページは概要を説明したものです。詳しくは取扱代理店までお問い合わせください。
    【取扱代理店】株式会社イオン銀行 コールセンター
    〒135-0051 東京都江東区枝川1-9-6 TEL:0120-13-1089
    受付時間:午前9時~21時まで(年中無休)
    【引受保険会社】損害保険ジャパン日本興亜株式会社
    SJNK17-11791(2017/09/19)
  • 本ページは2017年9月時点での情報であり、その正確性、完全性、最新性等内容を保証するものではありません。また、今後予告なしに変更されることがあります。

高山一恵

(株)Money&You取締役/ファイナンシャルプランナー(CFP)
2005年に女性向けFPオフィス、株式会社エフピーウーマンを創業、10年間取締役を務め退任。その後、株式会社Money&Youの取締役へ就任。女性のための、一生涯の「お金の相談パートナー」が見つかる場『FP Cafe』を運営。全国で講演活動、多くのメディアで執筆活動、相談業務を行い、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。明るく親しみやすい性格を活かした解説や講演には定評がある。著書は「やってみたらこんなにおトク!税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)、「税金を減らしてお金持ちになるすごい!方法」(河出書房新社)、「パートナーに左右されない自分軸足マネープラン」(日本法令)など多数。

Go to
top