ホーム>投資信託>選べる積立キャンペーン

選べる積立キャンペーン

このキャンペーンは終了いたしました。

イオン銀行で積立を始めよう! 選べる積立キャンペーン 店舗でも!インターネットでも! 期間:2016年1月9日(土)~2016年5月8日(日) 期間中に、「積立式定期預金」「投信自動積立」のいずれかを新たに始めた方、または「年金保険」の保険相談をしていただいた方全員に「にほんの石けんシリーズ」2個セットをプレゼント! ※商品は選べません。※写真はイメージです。

概要

期間中に「積立式定期預金」か「投信自動積立」のいずれかを新たに始めた方、または「年金保険」の保険相談をしていただいた方全員に、「にほんの石けんシリーズ(2個セット)」をプレゼント。

期間

2016年1月9日(土)~2016年5月8日(日)

受付

イオン銀行店舗、インターネットバンキング

プレゼント対象となるお取引き

下記1、2、3のいずれかの条件を満たされた方に「にほんの石けんシリーズ2個セット」をプレゼントします。

1.積立式定期預金 条件:期間中に新たに"積立式定期預金口座"を開設いただいた方 ポイント:2015年10月1日(木)より積立期間中の適用金利が全期間一律年0.15%(税引後 年0.119%)にアップ! ・イオン銀行なら、月々5,000円から!・積立期間中の金利も魅力!・積立でコツコツ貯めるなら定期預金!

2.年金保険 条件:期間中に"保険相談"をしていただいた方 対象商品:虹色きっぷ、みらい応援歌、5年ごと利差配当付個人年金保険 ・「運用」で増やす!・「年金」で受け取る!「保険」で残す!・3つの機能を持った年金保険を積立で! 年金保険は、一部店舗でのみのお取扱いとなります。

3.投信自動積立 条件:期間中に新たに"投信自動積立"をご契約いただいた方 ポイント:2015年10月1日(木)より投信自動積立の購入時手数料が全ファンド一律30%オフ!! ・イオン銀行なら、月々1,000円から!・240銘柄超から選べて、手数料もおトク!・積立でしっかり育てるなら投信信託! 投信自動積立はインターネットバンキング。または一部店舗のみのお取扱いとなります。

景品プレゼントについて

  • 条件を満たした方全員に景品をプレゼントします。(別途応募は必要ありません)
  • 期間中の景品プレゼントは、積立式定期預金、投信自動積立、年金保険のご相談それぞれにつき、お一人さま1袋(2個セット)とさせていただきます。
  • イオン銀行店舗で条件を満たされた方には、その場で景品をお渡しします。
  • インターネットバンキングで2016年2月末までに条件を満たされた方は、2016年3月下旬以降に景品をご登録自宅住所へ送付します。
  • インターネットバンキングで2016年3月以降に条件を満たされた方は、2016年6月中旬以降に景品をご登録自宅住所へ送付します。

キャンペーンについて

  • 積立式定期預金口座の開設はイオン銀行に普通預金口座をお持ちの方が対象になります。
  • 投信自動積立契約の締結は、イオン銀行の投資信託口座をお持ちの方が対象になります。
  • 総合口座の開設、投資信託口座の開設には、日数がかかる場合がありますので、お早目にお手続きをしていただきますようお願いします。
  • 投資信託口座の開設の際は、イオン銀行キャッシュカード(イオンカードセレクト、またはイオンバンクカード)、お届印、本人確認書類、個人番号(マイナンバー)確認書類が必要になります。
  • イオン銀行店舗での投資信託・保険のお取扱いは、原則10時~19時まで承ります。店舗により受付時間が異なります。また、一部、投資信託・保険のお取扱いのない店舗がございます。

キャンペーンに関する質問について

Q1積立式定期預金を複数口座開設、投信自動積立を複数契約、または年金保険の相談を複数回した場合、景品は何回もらえますか?
A1積立式定期預金、投信自動積立、年金保険のご相談それぞれにつき、景品はお一人さま1袋(2個セット)合計3袋(6個セット)となります。
Q2期間中に積立式定期預金、投信自動積立、年金保険の相談をそれぞれ行った場合、景品はいくつもらえますか?
A2積立式定期預金、投信自動積立、年金保険のご相談それぞれにつき、景品はお一人さま1袋(2個セット)合計3袋(6個セット)となります。
Q3積立式定期預金、投信自動積立、年金保険の相談をそれぞれ別の日に行った場合、景品はいくつもらえますか?
A3積立式定期預金、投信自動積立、年金保険のご相談それぞれでキャンペーンの条件を充たした時点で、それぞれ1袋(2個セット)景品をお渡しします。
Q4期間中に積立式定期預金、または、投信自動積立を始めたが、積立日に普通預金口座から引き落としできなかった場合、景品はもらえますか?
A4積立日に引き落としができなかった場合でも、積立式定期預金の口座開設、または、投信自動積立の契約、年金保険のご相談をされていれば、景品をお渡しいたします。
Q5年金保険の相談をして、実際に個人年金保険等の契約をしなかったが景品はもらえますか?
A5店頭で年金保険のご相談をしていただいた時点で景品をお渡しします。

インターネットバンキングでのお手続きの流れ(保険相談は一部のイオン銀行店舗のみとなります)

イオン銀行の普通預金口座(総合口座)を
お持ちの方

イオン銀行の普通預金口座(総合口座)を
お持ちでない方

キャッシュカード到着

インターネットバンキングへログイン

投資信託口座をお持ちの方

投資信託口座をお持ちでない方

投資信託口座開設完了

投資信託口座開設日の
翌日5:00よりご利用いただけます

投資信託自動積立契約の締結

積立式定期預金口座開設

お手続き完了

投資信託に関する留意点

  • 投資信託は預金や保険ではありません。
  • 投資信託は預金保険制度・保険契約者保護機構の対象ではありません。また、当行でご購入いただきました投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は、国内外の有価証券等(株式、公社債、不動産投資信託(REIT)、投資信託証券等)に投資をしますので、投資対象の価格の変動、組入有価証券の発行者にかかる信用状況等の変化、外国為替相場の変動、投資対象国の格付の変更等により基準価額が変動します。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入いただきましたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については元本および利回りの保証はありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。
  • 当行はご購入・ご換金のお申込みについて取扱を行っております。投資信託の設定・運用は各委託会社が行います。
  • 投資信託のご購入にあたっては購入時手数料(基準価額の最大3.24%(税込))がかかることがあります。また、換金時に信託財産留保額(基準価額の最大0.50%)がかかることがあります。これらの手数料等とは別に運用管理費用(信託報酬)(投資信託の純資産総額の最大年2.376%(税込))と監査報酬、有価証券売買手数料、組入資産の保管等に要する諸費用などその他費用等(運用状況等により変動し、事前に料率、上限額を示すことができません。)を信託財産を通じてご負担いただきます。お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。これらの手数料や諸経費等はファンドごとに異なります。詳細は各ファンドの目論見書等をご確認ください。
  • 投資信託のご購入に際しては、必ず最新の「目論見書」および「目論見書補完書面」により商品内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。一部の投資信託には、信託期間中に中途換金ができないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものなどがありますのでご確認ください。
  • 当行ホームページに掲載されている目論見書は、常時、最新の情報の提供を保証するものではありませんので、投資信託をご購入になる際にはインターネットバンキング注文入力画面の目論見書または店舗にてお渡しする目論見書を必ずご確認ください。
  • 投資信託は個人のお客さまのみ、また、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引とさせていただきます。

(2017年3月31日現在)

商号等:株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
加入協会:日本証券業協会

個人年金保険に関する留意点

  • 1.個人年金保険のご加入の検討にあたっては、「商品パンフレット」ご契約に際しての重要事項を記載した「ご契約のしおり・約款」、「特別勘定のしおり」(変額年金保険の場合)、「契約締結前交付書面(「契約概要」、「注意喚起情報」)」等の内容をよくご覧ください。
  • 2.変額年金保険は、国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は払込保険料を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。
  • 3.外貨建ての年金保険は、為替レートの変動により、お受取りになる円換算後の保険金額や積立金額・将来の年金額などがご契約時における円換算後の保険金額や積立金額・将来の年金額などを下回ることや、既払込保険料を下回ることがあり、損失を生ずるおそれがあります。
  • 4.市場価格調整を利用した年金保険は、市場金利に応じた運用資産の価格変動が解約返戻金に反映されるため、市場金利の変動により解約返戻金が既払込保険料を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。具体的には、中途解約時の市場金利がご契約時と比較して上昇した場合には、解約返戻金は減少し、逆に、下落した場合には増加することがあります。
  • 5.個人年金保険は、ご契約時の契約時費用のほか、ご契約後も毎年、保険関係費用、運用関係費用、年金管理費用等がかかりますが、商品やご選択いただく特別勘定、年金の受取方法等により異なりますので表示することができません。また、一定期間内に解約された場合、解約控除がなされる場合があります。お客さまにご負担いただく手数料等はこれらを足し合わせた金額となります。詳しくは「商品パンフレット」、「ご契約のしおり・約款」、「契約締結前交付書面(「契約概要」、「注意喚起情報」)」等でお確かめください。
  • 6.外貨建ての年金保険のご購入または死亡給付金や解約返戻金等のお受取りにあたって、外貨と円貨を交換する場合には外貨のお取扱いによりご負担いただく費用が上記の各種手数料とは別にかかります。外貨のお取扱いによりご負担いただく費用は、通貨および金融機関等によって取扱いが異なりますので表示することができません。詳しくは各金融機関の窓口でご確認ください。

* 郵送で口座開設を行う場合には、ご本人確認書類と公共料金の領収済領収書(または請求書)の原本をお送りいただくことによってご本人の本人確認を行いますので、あらかじめご了承ください。

ページ先頭へ