ホーム>投資信託>野村新興国債券投信Aコース~為替リスクを低減した新興国債券の魅力~

2012年12月11日
野村新興国債券投信Aコース~為替リスクを低減した新興国債券の魅力~

野村 新興国債券投信Aコース(毎月分配型)

情報提供:野村アセットマネジメント

日本は低金利が続いています。海外の金利、特に新興国の金利は魅力的です。しかし、海外への投資は為替変動リスクが気になります。もし、為替変動リスクが軽減できて、高金利を享受できたらいかがでしょうか。
それが、為替ヘッジ付新興国債券ファンドです。為替ヘッジの仕組みや新興国の債券に投資して為替ヘッジをする野村新興国債券投信Aコースについてご案内いたします。

為替ヘッジの仕組み

為替変動リスクは、将来の為替レートが確定していないために生じるリスクです。そのリスクを避けるには、「今の時点で、あらかじめ将来の為替レートを予約しておく(確定させる)」という方法があります。それが「為替ヘッジ」です。為替ヘッジをすると、為替変動の影響が低減されるため、円高になった際に生じ得た為替差損を抑えることができます。ただし、円安になっても為替差益を享受できないという点には注意が必要です。

為替ヘッジの仕組みを少し詳しく見てみましょう。例えば、円で申込み、米ドル建て資産に投資するファンドでは、1.円を売り、2.米ドルを買って米ドル建ての資産に投資します。この状態のままでは米ドルと円の為替変動の影響を受けることになります。為替変動リスクを抑えるために、1.、2.の取引に加えて、3.米ドルを売り、4.円を買う為替予約取引を行なった場合、米ドルは買い(2.)と売り(3.)により相殺効果が生じるため、米ドルと円の為替変動の影響が低減されることになります。

米ドル建て資産に投資する「為替ヘッジあり」の投資信託の例

  • 上記はイメージ図です。米ドル建て資産に投資する国内投資信託の場合としてご説明しています。

(出所)野村アセットマネジメント作成

一般的に将来の為替レートは、通貨間の金利差を考慮したレートになります。米ドル建て資産に投資して為替ヘッジをする場合には米ドルと円の金利差です。この金利差(為替ヘッジコスト)を支払う代わりに、為替変動リスクを低減することが可能となるのです。現在、米国を含め多くの先進国では短期金利を大きく引き下げており、為替変動リスクを低減しながら相対的に利回りの高い海外の資産に投資することが可能な投資環境となっています。

米ドルについていえば、2012年9月のFOMC(米連邦公開市場委員会)の声明を踏まえれば、FFレート(金融政策の金利誘導目標水準)は0-0.25%に据え置かれ、少なくとも2015年半ばまで超低金利が維持される可能性が高く、当面、米ドルの短期金利は低位で推移すると予想されていることから、引き続き為替ヘッジコストは低位で推移すると予想されます。

為替変動リスク低減のイメージ

上記の為替ヘッジコストは、あくまでも簡便法によるもので、実際の為替ヘッジコストの値とは異なります。
上記は過去のデータであり、将来の為替ヘッジコストを示唆あるいは保証するものではありません。

(ご参考)米ドルと円の短期金利の推移

(出所)ブルームバーグのデータを基に野村アセットマネジメント作成

上記は過去のデータであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。また、ファンドの運用実績ではありません。ファンドの運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

  • イオン銀行に投資信託口座をお持ちでない方 NISA口座も同時にお申込みいただけます! 投資信託口座の開設はこちら

  • イオン銀行に投資信託口座をお持ちの方 NISA口座申込 インターネットバンキング・ログイン

投資信託に関する留意点

  • 投資信託は預金や保険ではありません。
  • 投資信託は預金保険制度・保険契約者保護機構の対象ではありません。また、当行でご購入いただきました投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は、国内外の有価証券等(株式、公社債、不動産投資信託(REIT)、投資信託証券等)に投資をしますので、投資対象の価格の変動、組入有価証券の発行者にかかる信用状況等の変化、外国為替相場の変動、投資対象国の格付の変更等により基準価額が変動します。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入いただきましたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については元本および利回りの保証はありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。
  • 当行はご購入・ご換金のお申込みについて取扱を行っております。投資信託の設定・運用は各委託会社が行います。
  • 投資信託のご購入にあたっては購入時手数料(基準価額の最大3.24%(税込))がかかることがあります。また、換金時に信託財産留保額(基準価額の最大0.50%)がかかることがあります。これらの手数料等とは別に運用管理費用(信託報酬)(投資信託の純資産総額の最大年2.376%(税込))と監査報酬、有価証券売買手数料、組入資産の保管等に要する諸費用などその他費用等(運用状況等により変動し、事前に料率、上限額を示すことができません。)を信託財産を通じてご負担いただきます。お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。これらの手数料や諸経費等はファンドごとに異なります。詳細は各ファンドの目論見書等をご確認ください。
  • 投資信託のご購入に際しては、必ず最新の「目論見書」および「目論見書補完書面」により商品内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。一部の投資信託には、信託期間中に中途換金ができないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものなどがありますのでご確認ください。
  • 当行ホームページに掲載されている目論見書は、常時、最新の情報の提供を保証するものではありませんので、投資信託をご購入になる際にはインターネットバンキング注文入力画面の目論見書または店舗にてお渡しする目論見書を必ずご確認ください。
  • 投資信託は個人のお客さまのみ、また、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引とさせていただきます。

(2017年3月31日現在)

商号等:株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
加入協会:日本証券業協会

よくあるご質問

投資信託のよくあるご質問

  • 店舗へご来店のお客さま

    • 店舗・ATM検索 別ウィンドウで開きます
    • 店舗一覧
  • お電話でお問合わせのお客さま

    イオン銀行コールセンター 投資信託専用フリーダイヤル
    0120-1089-43 9:00~21:00 年中無休

ページ先頭へ