ホーム>投資信託>SBI 日本株3.7ブル SBI 日本株3.7ベア

SBI 日本株3.7ブル SBI 日本株3.7ベア

情報提供:SBIアセットマネジメント

2015年2月6日にSBIアセットマネジメントが設定した、SBI 日本株3.7ブル、SBI 日本株3.7ベアは、4月末時点において国内株式の公募投信で最大のレバレッジとなっており、短期でハイリターンを狙いたい方、また上昇相場だけでなく下落相場でもリターンを狙いたい投資家の皆様におすすめのファンドです。本ファンドの特徴について、ご説明いたします。

1.4つのポイント

2.ファンドの特色

ブル・ベアについて

ブル(Bull)とは“雄牛”という意味で雄牛が角を下から上へ突き上げる仕草から、「上昇相場」を意味します。また、ベア(Bear)とは、“熊”という意味で、熊が前足を振り下ろす仕草、あるいは背中を丸めている姿から、「下落相場」を意味します。相場が上昇すると判断したら「ブル」、下落すると判断したら「ベア」に投資を行い、株式市場のトレンドを見ながら、「ブル」と「ベア」を使い分けることが大切です。

ファンドの特徴

株式市場全体が上昇した場合=SBI 日本株トリプル・ブルの基準価額は大きく上昇

3.基準価額の動きのイメージ

下図は、日本の株式市場全体の値動きに対する本ファンドの基準価額推移のイメージ図です。本ファンドは日々の基準価額の値動きが日本の株式市場全体の値動きの概ね3.7倍程度(3.7ブル)または概ね3.7倍程度逆(3.7ベア)の投資成果を目指して運用をしていますので、思うように相場が動けば大きな利益を得ることができます。一方で、予想と反対の方向に相場が動いた場合、大きな損失が生じることがあります。

日本株が「上がる」と予想するなら、SBI 日本株3.7ブル

例えば、1日目に、日本の株式市場全体が前日比1%上昇すると、3.7ブルは前日比3.7%上昇します。2日目に、日本の株式市場全体が前日比0.7%上昇すると、3.7ブルは前日比2.59%上昇、というように日々推移します。このように株式市場の上昇局面においては、3.7ブルで短期的に大きな利益を得ることが期待できます。一方、3.7ベアはその反対の値動きをするため、大きく値下がりしています。

下図は、日本の株式市場全体が1日目に1%上昇、2日目に前日比で0.7%上昇した場合のイメージを表しています。

株式市場全体が下落した場合=SBI 日本株トリプル・ベアの基準価額は大きく上昇

日本株が「下がる」と予想するなら、SBI 日本株3.7ベア

日本の株式市場全体の値動きが下落した場合、3.7ベアで大きなリターンを得ることが期待できます。反対に、3.7ブルは大きく値下がりします。

下図は、日本の株式市場全体が1日目に1%下落、2日目に前日比で0.5%下落した場合のイメージを表しています。

目標とするリターンに向けて、きめ細かい売買が可能です。

本ファンドでは、目標とするリターンに向けてきめ細かい売買が可能です。例えば、本ファンド購入後、基準価額が10%上昇した時点を利益確定の目標とします。赤のチャートで示した3.7ブルの値動きをご覧ください。図で示しているようなタイミングで3.7ブルを購入すると、10%の上昇が3回あり、10日間で利益確定の目標に3回達することができます。このように、3.7ブルを活用することで、目標とするリターンに向けて、きめ細かい売買が可能です。

下図は、日本の株式市場全体が下図のように動いた場合の各ファンドの基準価額の値動きのイメージを表しています。

4.ブルベアファンドに関するご留意事項

日本の株式市場が上昇・下落をしながら動いた場合は、保有期間が長くなるほど基準価額が大きく押し下げられる傾向にあります。例えば、基準日を100として、その後、株式市場が上昇・下落を繰り返し、8日目に元の100に戻ったとします。しかし、赤、緑のチャートで示している3.7ブル、3.7ベアそれぞれの基準価額は押し下げられ、8日目に100を下回っています。

本ファンドは、日本の株式市場の日々の値動きの概ね3.7倍程度のレバレッジをかけて運用していますので、予想通りに相場が動けば大きな利益を得ることが可能です。しかし、例えば日本株が下がると予想し、3.7ベアに投資したものの予想と反対の方向に相場が動いた場合、下図のように3.7ベアは下落し、大きな損失が生じます。

ご紹介した例示は、わが国の株式市場全体の値動きと基準価額の値動きの関係を理解いただくための計算例であり、実際の値動きを示すものではありません。実際のファンドでは、信託報酬・監査費用等のコスト負担等が発生します。したがって、運用目標どおりの投資成果が達成できるとは限りません。運用目標どおりの投資成果が達成できた場合でも、2日以上離れた日との比較では、「概ね3.7倍程度」または「概ね3.7倍程度逆」とはなりません。

イオン銀行にてお取扱い中!

投信の購入は、1万円から(投信自動積立は1,000円から)手軽にお申込みできます。 イオン銀行に投信口座をお持ちのお客さま ログイン イオン銀行に預金口座をお持ちのお客さまは、インターネットで最短2日で簡単に投信口座の開設ができます!

投資信託に関する留意点

  • 投資信託は預金や保険ではありません。
  • 投資信託は預金保険制度・保険契約者保護機構の対象ではありません。また、当行でご購入いただきました投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は、国内外の有価証券等(株式、公社債、不動産投資信託(REIT)、投資信託証券等)に投資をしますので、投資対象の価格の変動、組入有価証券の発行者にかかる信用状況等の変化、外国為替相場の変動、投資対象国の格付の変更等により基準価額が変動します。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入いただきましたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については元本および利回りの保証はありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。
  • 当行はご購入・ご換金のお申込みについて取扱を行っております。投資信託の設定・運用は各委託会社が行います。
  • 投資信託のご購入にあたっては購入時手数料(基準価額の最大3.24%(税込))がかかることがあります。また、換金時に信託財産留保額(基準価額の最大0.50%)がかかることがあります。これらの手数料等とは別に運用管理費用(信託報酬)(投資信託の純資産総額の最大年2.376%(税込))と監査報酬、有価証券売買手数料、組入資産の保管等に要する諸費用などその他費用等(運用状況等により変動し、事前に料率、上限額を示すことができません。)を信託財産を通じてご負担いただきます。お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。これらの手数料や諸経費等はファンドごとに異なります。詳細は各ファンドの目論見書等をご確認ください。
  • 投資信託のご購入に際しては、必ず最新の「目論見書」および「目論見書補完書面」により商品内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。一部の投資信託には、信託期間中に中途換金ができないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものなどがありますのでご確認ください。
  • 当行ホームページに掲載されている目論見書は、常時、最新の情報の提供を保証するものではありませんので、投資信託をご購入になる際にはインターネットバンキング注文入力画面の目論見書または店舗にてお渡しする目論見書を必ずご確認ください。
  • 投資信託は個人のお客さまのみ、また、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引とさせていただきます。

(2017年3月31日現在)

商号等:株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
加入協会:日本証券業協会

よくあるご質問

投資信託のよくあるご質問

  • 店舗へご来店のお客さま

    • 店舗・ATM検索 別ウィンドウで開きます
    • 店舗一覧
  • お電話でお問合わせのお客さま

    イオン銀行コールセンター 投資信託専用フリーダイヤル
    0120-1089-43 9:00~21:00 年中無休

インターネットバンキングのご案内

  • イオン銀行ダイレクト ログイン 別ウィンドウで開きます
  • はじめてログインするお客さま

マーケット情報

日経平均株価(3ヶ月)

電子交付サービス

  • よくあるご質問 お客さまからよくあるご質問をまとめました。
  • お問合せ 各種お手続き、お問合せはこちらから。
  • 資料請求 各種資料・申込書のご請求はこちらから。

ページ先頭へ