ホーム>セキュリティ>イオン銀行のセキュリティ対策

イオン銀行のセキュリティ対策

不正ログイン・不正取引対策

お客さまの口座を不正アクセスから守るための対策です。

ワンタイムパスワードとは

振込などのお取引きの都度、ご本人さまのメールアドレスにお届けする、1回限り有効な使い捨てのパスワードです。
毎回異なるパスワードを発行し、一度利用すると無効になりますので、確認番号(※)に比べてセキュリティが強化され、より安全にお取引きいただけます。

対象となる取引

  • 振込
  • WEB即時決済サービス
  • カードローンお申込
  • 住所・電話番号変更
  • メールアドレス変更
  • ワンタイムパスワード切替
  • ワンタイムパスワード送信先変更

確認番号は、イオンバンクカードの場合はキャッシュカードの裏面に記載し、イオンカードセレクトの場合はイオンカードセレクトをお届けする際に同封されている「イオン銀行ダイレクトご利用カード」の裏面に記載してあります。

ワンタイムパスワードのポイント

  • 「イオンバンクカード」または「イオン銀行ダイレクトご利用カード」を確認しながら入力する必要がありません。
    ワンタイムパスワードは、「確認番号」の代わりにご利用いただけるパスワードです。
    「イオンバンクカード」や「イオン銀行ダイレクトご利用カード」を確認しながら入力する手間がなくなるため、いつでもどこでも便利にお取引きいただけます。(※1)
  • ワンタイムパスワードの受信先は、携帯電話会社のメールアドレスをご登録いただくことをおすすめします。
    携帯電話会社のメールアドレス(ドコモ・AU・ソフトバンクなど)は、原則その携帯電話でしかメールを受け取れず情報漏えいの恐れが少ないため携帯電話会社のメールアドレスでの登録をおすすめいたします。(※2)
  • ※1 認証方式がワンタイムパスワードにご変更された後も、「イオンバンクカード」または「イオン銀行ダイレクトご利用カード」は大切に保管してください。パスワードを失念・ロックさせてしまった場合、「イオンバンクカード」または「イオン銀行ダイレクトご利用カード」に掲載されている「確認番号」が必要になります。
  • ※2 フリーメールアドレス(Yahoo!メール、Gmailなど)はセキュリティ強度が弱いとされているため、ご登録いただけません。

設定方法

インターネットバンキングにログイン後、トップページ上部の「お客さま情報・各種設定」から「ワンタイムパスワード切替」を選択してください。

イオン銀行ダイレクトでは、複数のパスワードを採用しています。
ログインの際に、契約者ID、パスワードに加え、お客様にご登録いただいている端末かをチェックします。
登録のない端末の場合には、合言葉(秘密の質問と答え)の入力を要求します。
万が一、ログインパスワードが知られてしまっても、合言葉(秘密の質問と答え)により、不正なログインを防ぎます。
さらに、お取引きの種類に応じて、取引パスワード、確認番号またはワンタイムパスワードの入力が必要となります。
複数のパスワードを使い分けることで、不正利用からお客さまの口座を守ります。

安全にご利用いただくために

設定方法

イオン銀行ダイレクトログイン後のトップページの上部に表示されています「お客さま情報・各種設定」から「パスワード変更」「合言葉認証設定」を選択してください。

リスクベース認証は、お客さまがログインする際にご利用端末をチェックし、お客様が登録した端末と異なる場合に、追加で合言葉(お客様が事前に設定した秘密の質問に対する答え)の追加認証を要求します。万が一ID、パスワードが第三者に知られてしまった場合でも、不正なログインを防ぎます。

設定方法

  • 合言葉(秘密の質問と答え)を登録されていないお客さま
    普段お使いになるパソコンやスマートフォン、携帯電話にてイオン銀行ダイレクトにログインてください。
    合言葉設定画面が表示されますのでご登録ください。(通常利用する端末として登録してください。)
    • 合言葉の登録は不正ログインから口座を守るため必須となっておりますので必ずご登録ください。
  • 合言葉の変更方法は、イオン銀行ダイレクトログイン後のトップページの上部に表示されています「お客さま情報・各種設定」から「合言葉認証設定」を選択してください。

イオン銀行ダイレクトでは、パスワードロック機能を採用しています。
規定回数以上、異なったパスワードでログインを行うと、アカウントの使用が停止されます。
停止されたアカウントを再利用するには、インターネット、コールセンター(書類郵送)、店舗にて、ご本人を確認できる形でのお手続きが必要となります。
パスワードを何度も入力して解読しようとするクラッキング行為からお客さまの口座を守ります。

関連情報

パソコンや携帯電話でのログイン中に、一定時間以上操作がされない場合、自動的にログアウトします。
ログアウトを忘れてパソコンから離れてしまった際に、第三者の不正利用を防止します。

※ ご利用終了後は、ログアウトボタンを押してログアウトを行いましょう。この機能はうっかりログアウトを忘れてしまったときのためのものとご理解ください。

ご利用が終了しましたら、ログアウトボタンをクリックしてください。ログアウト画面が表示されましたら、ブラウザを終了しましょう。

ログアウトをクリックし、ログアウトしてください。閉じるボタンをクリックし、ブラウザを閉じましょう。

ページ先頭へ