ホーム>セキュリティ>金融犯罪の主な手口(フィッシング詐欺)

フィッシング詐欺

正規の金融機関などからの電子メールを装い、メール受信者を偽のホームページにアクセスするように仕向け、重要な個人情報を不正に取得しようとするのが「フィッシング詐欺」です。

ご注意ください。

イオン銀行では、電子メールなどにより、お客さまの個人情報(口座番号、キャッシュカードの暗証番号、インターネットバンキングのパスワードなど)をお尋ねしたり、回答をお願いすることはありません。
また、インターネット・モバイルバンキングのご契約をいただいたお客さま宛てにCD-ROMをお送りするようなことは一切行っていません。お客さまのもとに、当行名でCD-ROMが送付された場合は絶対にパソコンに挿入しないでください。

どんな手口なの?

電子メールによる偽サイトへの誘導

「カードが不正に使用されている可能性があります。至急、次のページで取引内容を確認してください」
「セキュリティ強化のためお客さま情報を確認しています。情報を入力しないと今後の利用に支障をきたします。」
など、お客さまを不安にさせるような内容の電子メールを送ってきます。
リンク先のURLには、本物の金融機関そっくりなホームページが用意されており、ログインID・口座番号・暗証番号・キャッシュカード番号などを入力を促します。
情報を入力、送信してしまうことで、犯罪者の手にこれらの情報が渡ってしまいます。

CD-ROMを送付しインストールを要求

「金融機関」の名を語り、セキュリティ対策のためなどと称してコンピューターウィルスやスパイウェアの入ったCD-ROMを送りつけ、パソコンにインストールするよう促します。
インストールしてしまうと、ウィルスによりフィッシングサイトへ誘導されたり、スパイウェアによりパソコン内の情報を不正に盗み出されてしまいます。

どうすればいい?

対策1 不審な電子メールや郵送物には冷静に対処してください。
  • 電子メール中のURLやリンクはクリックしないでください。
  • 電子メールに添付されたファイルは絶対に開かないでください。
  • 電子メールには返信しないでください。
  • 金融機関の名義でCD-ROM等が届いても、インストールしないでください。
  • 不審な電子メールやCD-ROMが届いた、偽サイトを発見された、その他不明な点等がございましたら、コールセンターまでご連絡ください。
イオン銀行コールセンター

フリーダイヤル0120-13-1089
9:00~21:00 年中無休

対策2 偽のサイトにだまされないために。

本物のサイトであることを確認する習慣をつけておきましょう。

  • 1.イオン銀行のサイトをお気に入りに入れておき、お気に入りからアクセスするようにしてください。
  • 2.EV-SSL対応ブラウザでアクセスし、アドレスバーの色の変化と、SSLの鍵マーク、企業名が「AEON BANK, LTD.[JP]」となっている、「https://net.aeonbank.co.jp/」ではじまっているURLであることを確認しましょう。
    (InternetExploler7.0以降、Firefox 3.0.0以降、Google Chrome 1.0以降など、現在よく使われているほとんどのブラウザが対応しています。)

イオン銀行のセキュリティ対策

偽サイトに個人情報を入力しまったら

偽のサイトで情報を入力をしてしまった場合でも、迅速な対処により被害を防げるかもしれません。

イオン銀行コールセンター

フリーダイヤル0120-13-1089
9:00~21:00 年中無休

カードの紛失・盗難専用ダイヤル

03-6832-1234
(年中無休24時間受付 通話料有料)

不正送金など被害にあわれた場合には、都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口*に設置された「フィッシング110番」にご連絡するか、最寄りの警察署にご相談ください。

ページ先頭へ