ホーム>セキュリティ>金融犯罪の主な手口(スキミング)

スキミング

スキミングは、キャッシュカードの磁気記録情報だけを読み出して、偽造カードを作成してしまう手口です。

本物のキャッシュカードは持ち主の手元にあるため、被害にあってもその場ですぐ気づくことは難しく、数日経って初めて被害が発覚することが多いようです。
スキミング防止のためには、キャッシュカードをしっかり管理することはもちろん、情報を読み取られないよう、公共の場でのカードの取扱に注意しましょう。また、たとえカードを偽造されても、暗証番号を知られなければ、お金が引き出されることはありません。暗証番号も厳重に管理しましょう。

ご注意ください。

イオン銀行のATMコーナーやお電話で、スタッフや警備員が暗証番号をお聞きすることはありません。
暗証番号を他人に教えることがないよう、お取扱いにはご注意ください。

どんな手口なの?

どうすればいい?

対策1 暗証番号は定期的に変更する。
キャッシュカードを偽造されても、暗証番号がわからなければ犯人はお金を引き出すことができません。暗証番号は定期的に変更しましょう。また、キャッシュカードの暗証番号をロッカー・携帯電話などの暗証番号に使用しないでください。キャッシュカードの暗証番号を特定される恐れがあります。
対策2 推測されにくい暗証番号にする。
「生年月日」「電話番号」「車のナンバー」など、他人から推測されやすい数字を暗証番号に使用されることはお避けください。また、他人にカードを貸したり、暗証番号を教えないでください。
対策3 ATM操作の際には周囲に注意する。
暗証番号はいつどこで盗み見られているか分かりません。ATM付近に隠しカメラを設置し、暗証番号を入力する映像を見ているというケースもあるようです。ATMなどで暗証番号を入力する場合は、周囲に十分注意を払ってください。
対策4 重要書類の保管場所を分ける。
運転免許証やパスポートなど、ご本人であることを示す各書類は、生年月日やご住所などが記載されており、暗証番号を特定される恐れがあります。ご印鑑とは別の場所に保管してください。

イオン銀行のセキュリティ対策

イオン銀行では、「ATMでの1日当たりのご利用限度額(お引出しとお振込みの合算)」を引下げることができます。

限度額の引上げについては、店舗、郵送にてご本人確認が必要となります。

変更方法はこちらをご確認ください。

イオンバンクカードには偽造や不正なデータの読み出しが困難なICチップが搭載されており、安心、安全にお取引きいただけます。

キャッシュカードが盗難の被害にあったら

キャッシュカードが盗難の被害にあったら、すみやかにコールセンターまでご連絡ください。カードの紛失・盗難に関しては、24時間いつでも受け付けています。

不正に高額が引き落とされていたらすみやかにコールセンターまでご連絡ください。

イオン銀行コールセンター

フリーダイヤル0120-13-1089
9:00~21:00 年中無休

カードの紛失・盗難専用ダイヤル

03-6832-1234
(年中無休24時間受付 通話料有料)

ページ先頭へ