国内旅行傷害保険

日本国内は諸外国に比べると比較的安全な国だとは言われています。しかし、それでも慣れない土地に赴いたり、アクティブな活動をすると、怪我や事故などの危険性は高まります。

国内旅行傷害保険とは?

旅行先でのケガや、誤って物を壊してしまい賠償を求められた場合など、旅行先でのトラブルに備える保険です。

  • point1
    ご自身がケガで入院したり、通院した場合の治療費に備えられます。
  • point2
    旅行中に誤って他人のものを壊したり、人にケガを負わせた場合の損害賠償に備えられます。
  • point3
    旅行先で入院した場合に、家族が駆けつける交通費が補償されます。
  • point4
    出発当日でもWEBでお手軽にお申し込みできます。

国内旅行の保険のよくある事故事例について

  • 夏にプールで遊んでいて滑ってケガをした
  • 冬にスキー・スノーボード等をしている際、転倒して骨折をした
  • 旅行先で観光中に転倒してケガをした

国内旅行でのお支払例

ホテル内で、プール脇の木道を散策中、暗かったため誤って側溝に落ちてしまい、左足首が腫れた。左足かかと骨折との診断

保険金支払い
516,000

出典:au損害保険

車の後部座席から降りる際、持っていた荷物が友人のビデオカメラに引っかかってしまい車外に落としてしまった

保険金支払い
168,000

出典:au損害保険

ここがメリット!

もしもの備えがあれば、安心して旅行を楽しむことができます。

WEBで申し込める商品

保険料例算出条件
補償対象:個人
商品名
国内旅行の保険

(ブロンズコース)

取引保険会社
au損保
1泊2日の保険料
¥262
3泊4日の保険料
¥321
傷害死亡・後遺障害
500万円
傷害入院日額
4,000円
傷害通院日額
1,000円
個人賠償
5,000万円
携行品
救済者費用
200万円
特長
  • 出発当日加入できます。
  • 日帰り、1泊2日なら保険料は262円からご加入いただけます。
オンライン申込
WEBで申込

WEB申込み方法

  1. step1

    保険会社のページで詳細を確認

  2. step2

    各保険会社の申込み手順に従って手続き

  3. step3

    お申込み完了

お問い合わせ・ご相談

相談できる店舗を探す

お電話でお問い合わせのお客さま

イオン銀行コールセンター

フリーダイヤル 0120-13-1089 9:00~21:00 年中無休

保険に関する留意点(必ずご確認ください。)

    1. ご加入をご検討される際には、損害保険販売資格を保有する損害保険募集人にご相談ください。
    2. 損害保険のご加入の検討にあたっては、「商品パンフレット」、ご契約に際しての重要事項を記載した「ご契約のしおり・約款」、「契約締結前交付書面(「契約概要」、「注意喚起情報」)」等の内容をよくご覧ください。
    3. 損害保険は預金ではありませんので、銀行による元本保証はありません。また預金保険制度の対象になりません。
    4. 損害保険は当行を募集代理店とする引受保険会社の商品であり、契約の主体はお客さまと保険会社になります。
    5. 引受保険会社が破綻した場合には、損害保険契約者保護機構により保護の措置が図られますが、ご契約時の保険金額、年金額、給付金額等が削減されることがあります。
    6. 当行がお客さまにご案内する損害保険について、お客さまのお申込みの有無が、当行とお客さまとの他のお取引に影響をおよぼすことは一切ございません。
    7. 当行では、お借入金による損害保険(住宅関連火災保険を除く)へのお申込みは受け付けておりません。
    8. お客さまが当行に住宅ローンをお申込み中である場合、当行が案内する住宅関連火災保険等の契約締結は住宅ローンの貸出しの条件ではありません。
    9. 保険業法の規制により、銀行の保険募集においては融資取引先およびその役職員のお客さまに対する販売制限が定められております。したがって、当行取扱の保険商品(個人年金保険、住宅関連の長期火災保険、年金払積立傷害保険、海外旅行保険を除く)については、お客さまの勤務先等を確認させていただくことになっておりますのでご了承ください。
    10. お客さまが当行に事業性融資のお申込みをされた場合、当行がそのお申込みについてご回答をするまでの間は、保険業法の規制により、当行で保険商品(個人年金保険、住宅関連の長期火災保険、年金払積立傷害保険、海外旅行保険を除く)のお申込みをいただけない場合がありますので、お確かめください。

掲載商品は、当行で保険募集を行うことが可能な保険商品の中から、当行の経営方針として取引実績や保険会社の事務手続きなどを考慮し、選定しています。

このホームページの情報は商品の概要を説明しています。詳細は重要事項のご説明(重要事項説明書)、ご契約のしおり(普通保険約款・特約集)をご確認ください。
au損保 B16D310623(1702)