ホーム>クレジット>長い人生をおトクに過ごす、新社会人の銀行選び!

~貯める!借りる!使う!3拍子揃った身近で便利な銀行を探そう~長い人生をおトクに過ごす、新社会人の銀行選び!

生活口座は利便性こそが大切!

銀行は営業時間とATMの数、ネットバンクの利便性が大切!

毎月ポイントが貯まるからといって、日常使いが不便では意味がありません。たとえば、役所と医者と銀行は週末にこそ営業していてほしいと、社会人ならば誰しも切実に思うことですが、お住まいの近くのイオン銀行はなんと365日年中無休でしかも21時まで開いています。
ATMもイオンやミニストップなど全国に5500台以上もあり、しかもイオンバンクカード/イオンカードセレクトなら時間外手数料もかかりませんので、365日いつでも自由に自分のお金を引き出すことができます。あの、「自分のお金を下ろすのに108円かかる悔しさ」を味わうことなく快適なATMライフを過ごせます。いまどきの金利事情からすると、ATMの時間外手数料のせいで銀行に預けるほどお金が減っていた、なんていう話も十分ありえますので気をつけてください。 またイオン銀行は、振込や預金・投資がインターネットでサクサクできることも、利便性という点では見逃せませんね。

資産運用は商品ラインナップが決め手

大人の資産運用は投資信託がスタンダード。選択肢の多い銀行を選ぼう!

社会人になるとより一層「ライフプラン」を意識するようになります。結婚、子育て、マイホーム、なかには独立起業される方もいらっしゃるでしょうし、誰もが不安な老後の生活費など、ずっと先のことのように思えて、その実、あっという間にそれらライフイベントはやってくるものです。早い方であれば初任給からコツコツと将来に向けて貯蓄や投資を行っています。特に投資は、長い時間をかけて運用するほうが成果を得やすいといいます。

私のお客様にも、毎月3万円ずつ投信積立をして、老後の年金不安に今のうちから準備しているという新卒1年目の方がいます。お金の運用はプロに任せて、自分は仕事に専念する、というしっかりしたお考えをお持ちで、驚かされました。老後までおよそ40年、途中の運用で多少つまずいても、やがての回復を待つことができますから、長期分散投資は老後準備に向いているといえます。

その投資信託ですが、銀行や証券会社によって取扱商品が異なります。イオン銀行は200種類を超える大量の投信ラインナップが特長です。新社会人になって、大人の資産運用を始めるのであれば、商品選択肢の多いイオン銀行はたいへんお薦めです。

お申込み

口座開設についてご案内します

口座開設のご案内

当行口座をお持ちでない方は、こちらがオススメ イオンカード、イオンバンクカード、WAONの機能・特典が1枚に。イオンカードセレクトなら、ポイントがもっとおトクにたまる!

キャンペーンのご案内

投資信託に関する留意点

  • 投資信託は預金や保険ではありません。
  • 投資信託は預金保険制度・保険契約者保護機構の対象ではありません。また、当行でご購入いただきました投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は、国内外の有価証券等(株式、公社債、不動産投資信託(REIT)、投資信託証券等)に投資をしますので、投資対象の価格の変動、組入有価証券の発行者にかかる信用状況等の変化、外国為替相場の変動、投資対象国の格付の変更等により基準価額が変動します。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入いただきましたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については元本および利回りの保証はありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。
  • 当行はご購入・ご換金のお申込みについて取扱を行っております。投資信託の設定・運用は各委託会社が行います。
  • 投資信託のご購入にあたっては購入時手数料(基準価額の最大3.3%(税込))がかかることがあります。また、換金時に信託財産留保額(基準価額の最大0.50%)がかかることがあります。これらの手数料等とは別に運用管理費用(信託報酬)(投資信託の純資産総額の最大年2.42%(税込))と監査報酬、有価証券売買手数料、組入資産の保管等に要する諸費用などその他費用等(運用状況等により変動し、事前に料率、上限額を示すことができません。)を信託財産を通じてご負担いただきます。お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。これらの手数料や諸経費等はファンドごとに異なります。詳細は各ファンドの目論見書等をご確認ください。
  • 投資信託のご購入に際しては、必ず最新の「目論見書」および「目論見書補完書面」により商品内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。一部の投資信託には、信託期間中に中途換金ができないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものなどがありますのでご確認ください。
  • 当行ホームページに掲載されている目論見書は、常時、最新の情報の提供を保証するものではありませんので、投資信託をご購入になる際にはインターネットバンキング注文入力画面の目論見書または店舗にてお渡しする目論見書を必ずご確認ください。

(2022年3月31日現在)

商号等:株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
加入協会:日本証券業協会

よくあるご質問

よくあるご質問

  • 店舗へご来店のお客さま

    • 店舗・ATM検索 別ウィンドウで開きます
    • 店舗一覧
  • お電話でお問合わせのお客さま

    イオン銀行コールセンター
    0120-13-1089(イオンバンク) 9:00~18:00 年中無休
    カード紛失・盗難専用ダイヤル
    03-6832-1234(年中無休24時間受付 通話料有料)
    電話番号はおかけ間違いのないようにお願いいたします。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでないお客さまは、ダウンロード(無償)してください。

ページ先頭へ