ホーム>暮らす>住宅ローン返済中に、ガンなどの大病になったらどうする?

住宅ローン返済中に、ガンなどの大病になったらどうする?

    • 暮らす

ざっくり言うと…

  • 返済期間の長い住宅ローン。返済中の大病になった場合の備えは考えてますか?
  • 死亡、高度障害時に残りの返済が不要になる「団体信用生命保険」だけで大丈夫?
  • ガンなどの大病も保障してくれる「疾病保障付住宅ローン」がお勧め
  • 「疾病保障付住宅ローン」は金融機関によって保障内容、適用条件が異なるので十分チェック

人生で一番高い買い物と言われる「マイホーム」。そのため、多くの方が住宅ローンを組んで購入しています。
本記事では、住宅ローン返済中にガンなど大きな病気に対して、前もってできる対策についてご紹介します。

住宅ローンは家計の中で大きな支出です。収入が減ることで支払いができなくなるのではないかと不安になるのは当然のこと。急な出費に備えて銀行の普通預金に生活費の1年分程度貯蓄しておくことや、「疾病保障付き住宅ローン」のような大きな病気に対応できる疾病保障付き住宅ローンを選ぶなど、前もってできる工夫をしておくことをオススメします。

団体信用生命保険に加入しておく

団体信用生命保険は、住宅ローン専用の生命保険です。住宅ローンを借りた人が亡くなったり高度障害になったりしたときに、残った住宅ローンを契約者に代わり金融機関に支払ってくれるという仕組みになっています。
例えば、3,000万円の住宅ローンを組み、そのうちの1,000万円を返したときに契約者が亡くなった場合、残額の2,000万円は団体信用生命保険の保険金で完済できるということです。

もしも団体信用生命保険に加入していない場合に万が一のことが起こったら、残された家族が住宅ローンを返済し続けなくてはなりません。住宅ローンの契約者は、一家の大黒柱がほとんど。大病にかかり働けなくなることも、収入減につながる大きなリスクです。

団体信用生命保険の中には「疾病保障付き住宅ローン」のように、ガンや脳卒中、急性心筋梗塞など、いわゆる三大疾病を対象としたものや、高血圧症や糖尿病、慢性腎不全など特定の病気を対象としたものもあります。ガンなど大きな病気になると、本人だけでなく家族も病院への付き添いなどで会社を休むこともあるでしょう。住宅ローンが支払えず自宅を手放すことのないように、将来の不安を最小限に抑える策を講じておきましょう。

ガンなどの大きな病気に対応できる「疾病保障付住宅ローン」

大きな病気にかかると治療費以外に、食事代の自己負担分や差額ベッド代、ウイッグなど外見を整える費用なども必要です。乳がんを例にとると、手術後に放射線治療やホルモン治療、抗がん剤など通院メインでの治療が何ヶ月も続くので、交通費もばかになりません。私自身6年前に乳がんになったとき、「疾病保障付き住宅ローン」に入っておらず、治療費と住宅ローンの支払いが重荷でした。

疾病保障付住宅ローンの加入にあたっては、健康状態などについての告知が必要です。また、一般の団体信用生命保険より保障が手厚くなる分、借入金利が若干高くなります。
例えばイオン銀行の「ガン保障特約付住宅ローン」では、借り入れの利率に年0.1%プラスすることで特約を付加でき、三大疾病に5つの重度慢性疾患に対する保障の充実した「8疾病保障付住宅ローン」では、借り入れの利率に年0.3%プラスすることで特約を付加できます。仮に2,000万円をボーナス返済なしの35年払い、金利年1.1%で借りたとして計算してみました。

年利率 支払い総額 差額
新規借り入れの住宅ローン 1.1% 24,105,235円 -
ガン保障特約付住宅ローンを付加 1.2% 24,502,766円 397,531円
8疾病保障付住宅ローンを付加 1.4% 25,309,844円 1,204,609円

がんなど大きな病気をすると、入院代や手術代などまとまった費用がかかります。

入院日数(日) 3割負担(円)
胃がん 18.8 292,520
乳がん 12.9 229,450
急性心筋梗塞 15.7 56,020
脳梗塞 28.0 478,880
  • 出典:公益社団法人全日本病院協会 疾病別の主な指標 2013年1~3月

1ヵ月の医療費の自己負担分が高額になったとき、限度額を超えた分が後から払い戻される高額療養費制度があります。一般的な所得の方なら概ね1ヶ月に9万円程度の自己負担に収まる計算です。

保障される内容と適用される条件をしっかり確認!

疾病保障付住宅ローンに加入していれば何でも良いのかというと、各金融機関の保障内容に差があるので注意が必要です。
たとえば、同じガンを対象とした疾病保障付住宅ローンで、残りの返済額がゼロになる保障であったとしても、「ガンと診断されてすぐ適用」される金融機関と、「ガンと診断され、就業不能となり一定期間を過ぎたのちに適用」される金融機関など、適用条件が異なります。
ガンと診断された時点ですぐに残りの返済額がゼロになればその後の心理的・経済的な負担は軽くなります。逆にガンと診断され就業不能状態から一定期間を経過しなければ適用されない場合には、適用されるまでの間、病気の治療費で支出が増えるばかりではなく就業不能による収入の減少や、場合によっては職を失ってしまう可能性もあり、疾病保障付であるにもかかわらず経済的な負担が軽減されないことが考えられるのです。
大きな病気が対象となっているから安心するのではなく、どのような保障がどのような条件で適用されるのかをしっかり確認することが大事です。

これから団体信用生命保険への加入を考えているなら、万が一の家計がどうなるかをシミュレーションし、必要な保障を選ぶようにしてください。

後から疾病保障付きの住宅ローンに変更できない

現在加入している一般の団体信用生命保険(死亡や高度障害)を、ガンなど疾病保障付きに変えることは残念ながらできません。
もし住宅ローンの借換えを検討されているなら、現在加入している団体信用生命保険を引き継ぐのではなく新たに加入となり、疾病保障付きの住宅ローンへの加入は可能です。

団信に加入できなかった場合の「ワイド団信」

健康状態によっては団体信用生命保険への加入が難しいことも。そのようなケースでは、「ワイド団信付住宅ローン」の利用も選択肢となります。
「ワイド団信」は、従来の団体信用生命保険より引き受け条件が緩和されています。高血圧症や糖尿病、うつなど健康上の理由で住宅購入や借換えが難しかった方にも申し込むことができるようになってきました。ただし、ワイド団信も健康状態などについて告知が必要で、引き受け条件が緩和されている分、一般の団体信用生命保険付き住宅ローンより金利が若干高くなっています。まずは通常の団体信用生命保険に申込み、審査が通らなかった場合に「ワイド団信付き住宅ローン」に申込みすることをオススメします。

病気などで収入が減ったことにより、住宅ローンが返せないと相談に来られる方もいます。夢のマイホームとはいえ、35年もの長い期間支払いを続けるには家計管理と考えられるリスクに備えておくことが必要です。金融機関によって団体信用生命保険の保障内容に違いがあります。ローンを組む時には、金利だけに目を奪われずサービスの違いも比較することが、万が一にあわてない秘訣です。

今回のまとめ

  • 生活費の1年分程度の貯金を確保し、収入不足に備える
  • 将来の不安を最小限に抑えるために「団体信用生命保険」の加入を検討
  • 万が一の家計をシミュレーションし、必要な保障で団体信用生命保険を選ぶ

現在の年収やお家賃から、お借入れ可能額を試算してみましょう。

住宅ローンシミュレーション別ウィンドウで開きます

インターネットで住宅ローン事前審査のお申込みが可能です。

住宅ローン事前審査別ウィンドウで開きます

関連商品

  • 本ページは2018年1月時点での情報であり、その正確性、完全性、最新性等内容を保証するものではありません。また、今後予告なしに変更されることがあります。

おふたりさまの暮らしとお金プランナー(CFP) 辻本 ゆか

企業の会計や大手金融機関での営業など、お金に関する仕事に約30年従事。暮らしにまつわるお金について知識を得ることは、人生を豊かにすると知る。43歳で乳がんを発症した経験から、備えることの大切さを伝える活動を始める。現在は奈良で独立系のFP事務所を開業。セミナーを主としながら、子どものいないご夫婦(DINKS・事実婚)やシングルの方の相談業務、執筆も行っている。FP Cafe登録パートナー。

mmag_000060

ページトップ戻る