ホーム>投資信託>アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信 追加型投信/海外/株式

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信 追加型投信/海外/株式

“持続的な成長企業”への厳選投資が生み出す卓越した運用実績 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信 追加型投信/海外/株式

情報提供元:アライアンス・バーンスタイン株式会社

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信 コンセプト動画

3つの評価機関から3年連続*受賞した唯一**のファンドBコース

Bコース受賞 2020年2月受賞 ファンド オブ ザ イヤー 2019 『優秀ファンド賞』受賞(国際株式型(特定地域)部門)(対象ファンド719本)

【“Fund of the Year 2019”に関する留意事項】
投資信託の評価機関であるモーニングスター※(現:ウエルスアドバイザー株式会社)が、国内の追加型株式投資信託を対象に、リスクやリターンといった定量面での評価を満たし、運用スタイルや調査体制等の定性面から、優れた運用実績とマネジメントを持つファンドを選考したアワード(賞)です。
“Fund of the Year 2019(ファンドオブザイヤー2019)”は2019年の運用成績が総合的に優秀であると判断された投資信託を対象として表彰しています。国際株式型(特定地域) 部門は、2019年12月末において当該部門に属するファンド719本の中から選考されました。

モーニングスター株式会社は2023年3月30日付で、SBIグローバルアセットマネジメント株式会社に社名を変更いたしました。現在、投資情報サービスおよび投信評価事業は同社の子会社であるウエルスアドバイザー株式会社で行っております。

Bコース受賞 2020年3月受賞 リフィニティブ・リッパー・ファンド・アワード 2020 ジャパン 『最優秀ファンド賞』受賞(投資信託/株式型 米国株(評価5年))

「リフィニティブ・リッパー・ファンド・アワード 2020 ジャパン」について
リフィニティブ・リッパー・ファンド・アワードは毎年、多くのファンドのリスク調整後リターンを比較し、評価期間中のパフォーマンスが一貫して優れているファンドと運用会社を表彰いたします。
選定に際しては、「Lipper Leader Rating (リッパー・リーダー・レーティング)システム」の中の「コンシスタント・リターン(収益一貫性)」を用い、評価期間3年、5年、10年でリスク調整後のパフォーマンスを測定いたします。評価対象となる分類ごとに、コンシスタント・リターンが最も高いファンドにリフィニティブ・リッパー・ファンド・アワードが贈られます。詳しい情報は、Refinitiv Lipperをご覧ください。Refinitiv Lipperは、本資料に含まれるデータの正確性・信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、それらの正確性については保証しません。

Bコース及びDコース受賞 2020年4月受賞 R&Iファンド大賞 2020 『優秀ファンド賞』受賞(投資信託/北米株式部門)

「R&Iファンド大賞」について
「R&Iファンド大賞」は、R&Iが信頼し得ると判断した過去のデータに基づく参考情報(ただし、その正確性及び完全性につきR&Iが保証するものではありません)の提供を目的としており、特定商品の購入、売却、保有を推奨、又は将来のパフォーマンスを保証するものではありません。当大賞は、信用格付業ではなく、金融商品取引業等に関する内閣府令第299条第1項第28号に規定されるその他業務(信用格付業以外の業務であり、かつ、関連業務以外の業務)です。当該業務に関しては、信用格付行為に不当な影響を及ぼさないための措置が法令上要請されています。当大賞に関する著作権等の知的財産権その他一切の権利はR&Iに帰属しており、無断複製・転載等を禁じます。

Bコースは2015年から2020年まで6年連続の受賞、Dコースは2018年から2020年まで3年連続の受賞

  • 過去の分析や実績は将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • * 2018年、2019年、2020年受賞
  • ** 3つの評価機関による2018年、2019年、2020年の受賞ファンドからアライアンス・バーンスタイン(以下AB)が抽出。出所:モーニングスター、リフィニティブ、R&I、AB

ファンドの特徴

卓越した運用実績

40年超の歴史を持つ運用戦略により、米国株式市場を持続的に上回るパフォーマンスとなっています。

過去5年間のマザーファンド*のパフォーマンス

過去1年 マザーファンド:24.4% S&P 500株価指数:6.4% 過去3年 マザーファンド:62.9% S&P 500株価指数:26.1% 過去5年 マザーファンド:102.5% S&P 500株価指数:51.6% 出所:S&P、AB

  • 過去の一定期間の実績は将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • 期間:2015年10月末-2020年10月末。日次ベース。手数料等控除せず。2015年10月末を100として指数化。S&P 500株価指数は配当込み。
  • * 当ファンドが投資する「アライアンス・バーンスタイン・米国大型グロース株マザーファンド」

“持続的な成長企業”への厳選投資

外部環境に左右されにくく、長期にわたって安定成長できる卓越したビジネスに投資します。

『持続的な成長企業』 高い収益性の持続力:独自のビジネスモデル、参入障壁の高い市場で圧倒的シェア、経営陣が優秀な企業は、安定的、持続的な利益成長が期待できると言えます 主な指標 総資産利益率(ROA)の持続 高い投資効率:投資した資本に対して利益率が高い企業は、合理的な収益構造を持ち競争力があると言えます 主な指標 高い投下資本利益率(ROIC)
強固な財務体質:負債の割合が少ない健全な財務体質の企業は、より資本市場の影響を受けにくいと言えます 主な指標 資本に対する負債の割合が低い マザーファンドの1株当たり利益(EPS)成長率(%)* 2014年 マザーファンド:20 米国株式:9、2015年 マザーファンド:16 米国株式:4、2016年 マザーファンド:19 米国株式:6、2017年 マザーファンド:18 米国株式:11、2018年 マザーファンド:25 米国株式:22、2019年 マザーファンド:11 米国株式:4 マザーファンドの1株当たり利益の(EPS)推移** 2013年 マザーファンド:1 米国株式:1 2019年 マザーファンド:2.7 米国株式:1.7出所: /B/E/S、AB

2020年10月末まで時点でのマザーファンドの組入上位5銘柄

  1. アルファベット
  2. マイクロソフト
  3. フェイスブック
  4. アマゾン・ドット・コム
  5. VISA

組入銘柄は、当ファンドの運用内容の説明のためのものであり、アライアンス・バーンスタイン(株)及び(株)イオン銀行が推奨または取得のお申込みの勧誘を行うものではありません。

  • データは過去の実績であり、将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。予想は今後変更される可能性があります。
  • マザーファンドは「アライアンス・バーンスタイン・米国大型グロース株マザーファンド」。米国株式はS&P 500株価指数。マザーファンドの組入銘柄のEPS成長率を加重平均したもの。
  • * 期間:2014年-2019年。
  • ** 期間:2013年-2019年(2013年を1として指数化)。

世界をリードする“米国”への投資

拡大する人口、多様化するライフスタイル、イノベーションにより生み出される新たな産業などにより中長期の投資先のコアとして魅力的な米国市場へ投資します。

世界の株式市場の推移* 世界株式の時価総額構成比(2020年10月末時点)米国:58% 世界(除く米国):42% 米国株式:2,837(28.4倍) 世界株式(除く米国):622(6.2倍) 主要国・地域の生産年齢人口の推移** 15歳-64歳 主要国/地域のベンチャーキャピタル投資額(兆円)*** 米国:14.5 中国:3.5 欧州:1.1 日本:0.3 出所:MSCI、国際連合統計局、一般財団法人ベンチャーエンタープライズセンター「ベンチャー白書2019」、AB

  • 過去の分析と現在の予想は将来の成果等を示唆・保証するものではありません。予想は今後変更される可能性があります。
  • * 期間:1987年12月-2020年10月。1987年12月を100として指数化。米国株式:MSCI米国指数(配当込み)。世界株式(除く米国):MSCIオールカントリーワールド指数(除く米国)配当込み。米ドルベース。月次ベース。
  • ** 期間:2000年-2070年。2000年を100として指数化。国際連合統計局のWorld Population Prospects(2019年)のデータに基づきます。データは5年間隔です。2020年以降のデータは予想値です。
  • *** 2018年実績。米国・中国・欧州は歴年ベース。日本は年度ベース。

お客さまのニーズに合わせて4つのコースをご用意

決算頻度や為替ヘッジの有無の異なる、4つのコースがあります

Aコース(決算頻度:年2回 為替ヘッジ:有)、Bコース(決算頻度:年2回 為替ヘッジ:無)、Cコース(決算頻度:毎月 為替ヘッジ:有)、Dコース(決算頻度:毎月 為替ヘッジ:無)

CコースおよびDコースは「予想分配金提示型」

ポイント
1

基準価額に応じて支払われる分配金の水準を提示

予想分配金提示型の特徴は、基準価額に応じて分配水準が決定することです。CコースおよびDコースでは、計算期末の前営業日の基準価額に応じて、以下の金額の分配を目指します。

毎計算期末の前営業日の基準価額:分配金額(1万口あたり、税引前) 11,000円未満:基準価額の水準等を勘案して決定、11,000円以上 12,000円未満:200円、12,000円以上 13,000円未満:300円、13,000円以上 14,000円未満:400円、14,000円以上:500円

ポイント
2

基準価額の上昇に応じて、支払われる分配金が増加

基準価額と分配金のイメージ 上記はイメージ図であり、実際の分配金額や基準価額を示唆するものではありません。

毎計算期末の前営業日から当該計算期末までに基準価額が急激に変動した場合など、基準価額水準や市場動向等によっては、委託会社の判断で上記とは異なる分配金額となる場合や分配金が支払われない場合があります。基準価額に応じて、分配金額は変動します。基準価額が上記の一定水準に一度でも到達すれば、その水準に応じた分配を継続するというものではありません。分配金を支払うことにより基準価額は下落します。このため、基準価額に影響を与え、次期以降の分配金額は変動する場合があります。また、あらかじめ一定の分配金額を保証するものではありません。Aコース、Bコース、CコースおよびDコースの分配方針の詳細は投資信託説明書(交付目論見書)をご参照ください。出所:AB

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信は、主として成長の可能性が高いと判断される米国株式への投資を通じて、信託財産の成長を図ることを目的に積極的な運用を行います。日本最大級の北米株式ファンドに成長してきました。

アライアンス・バーンスタイン米国成長株投信の純資産総額の推移

4コース合計 純資産総額 11,596億円(2020年10月末現在)出所:アライアンス・バーンスタイン
(以下、「AB」。アライアンス・バーンスタイン・エル・ピーとその傘下の関連会社を含みます。
アライアンス・バーンスタイン株式会社はABの日本拠点です。)

  • 過去の分析や実績は将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。
  • 期間:2014年9月30日-2020年10月30日。日次ベース。

「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Aコース<為替ヘッジあり>」
「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Bコース<為替ヘッジなし>」

主として成長の可能性の高いと判断される米国普通株式に投資を行い、信託財産の成長を図る。運用にあたっては、企業のファンダメンタルズ分析と株価バリュエーションに基づく銘柄選択を基本。ベンチマークはS&P500株価指数(配当金込み)。ファミリーファンド方式で運用。6、12月決算。

Aコース【為替ヘッジあり】

Bコース【為替ヘッジなし】

「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Cコース毎月決算型<為替ヘッジあり>予想分配金提示型」
「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型<為替ヘッジなし>予想分配金提示型」

主として成長の可能性の高いと判断される米国普通株式に投資を行い、信託財産の成長を図る。運用にあたっては、企業のファンダメンタルズ分析と株価バリュエーションに基づく銘柄選択を基本。ベンチマークはS&P500株価指数(配当金込み)。ファミリーファンド方式で運用。毎月15日決算。

Cコース【為替ヘッジあり】

Dコース【為替ヘッジなし】

  • 投資信託に関する留意点

    • 金融商品仲介における取扱商品は預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。また元本を保証するものではありません。
    • 金融商品仲介で取扱う有価証券等は、金利・為替・株式相場等の変動や、有価証券の発行者の業務または財産の状況の変化等により価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。
    • 取引に際しては、委託金融商品取引業者が定める手数料等がかかります。手数料は商品・銘柄・取引金額・取引方法・取引チャネル等により異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。
    • 各商品のリスク・手数料については委託金融商品取引業者のホームページにてご確認ください。
    • 各商品をお申込みの際には、「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書補完書面」、「目論見書」、「リスク・手数料などの重要事項」等を必ずお読みいただき、ご自身でご判断ください。
    • 金融商品仲介において、イオン銀行は委託金融商品取引業者への証券総合取引口座開設のお申込みおよび証券取引に関する勧誘を行います。
    • 金融商品仲介のご利用にあたっては、「金融商品仲介口座」の開設が必要です。
    • 証券総合取引口座開設後の株式売買等のお取引については、すべてお客さまと委託金融商品取引業者とのお取引になります。
    • イオン銀行には委託金融商品取引業者とお客さまとの契約締結に関する代理権はありません。

    (2024年1月1日現在)

    商号等:株式会社イオン銀行
    登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
    加入協会:日本証券業協会

ページ先頭へ