ホーム>投資信託>消費税率の変更に伴う投資信託購入時手数料等の変更について

2019年9月9日
消費税率の変更に伴う投資信託購入時手数料等の変更について

2019年10月1日(火)より消費税率が現行の8%から10%に変更されることに伴い、投資信託購入時手数料等が以下のとおり変更となります。

購入時手数料

⇒新消費税率(10%)が適用されます(約定日基準)。

  • ファンド購入の「約定日」が2019年10月1日(火)以降となるお申込については、新消費税率(10%)が適用となります。(申込日基準ではありませんので、ご注意ください。)
  • 投信自動積立の新規・既存のどちらの契約のお客さまについても、2019年10月約定(振替)分から新消費税率が適用されます。
    また、投信自動積立契約の新規・変更申込の「申込日」が9月中(消費税率引き上げ前)で、投信自動積立契約の購入約定日が10月以降(消費税率引き上げ後)となる場合(お申込画面の「開始年月」・「反映月」が「2019年10月」以降となる場合)、実際には消費税率10%で計算された税込手数料となります。お申込画面の税込手数料は消費税率8%で計算されますのでご注意ください

例 税抜3%

【変更前】2019年9月30日(月)申込受付、9月30日(月)約定の場合
⇒3.24%(現消費税率8%)
【変更後】2019年9月30日(月)申込受付、10月1日(火)約定の場合
⇒3.3%(新消費税率10%)

運用管理費用(信託報酬)

⇒新消費税率(10%)が適用されます。

例 税抜0.95%

【変更前】1.026%(現消費税率8%)
【変更後】1.045%(新消費税率10%)

信託財産留保額

⇒消費税が課税されないため、影響はありません。

ページ先頭へ