ホーム>投資信託>2010年BRICs経済見通しについて~成長続くBRICs~

2010年1月18日
2010年BRICs経済見通しについて~成長続くBRICs~

情報提供:HSBC投信
作成:イオン銀行(2010年1月作成)

BRICs(ブリックス)とは、B(ブラジル)・R(ロシア)・I(インド)・C(チャイナ)の頭文字を合わせた4カ国の総称です。BRICsは、中長期的に高い経済成長が期待されています。
昨年、日本や米国に先んじて好調に推移したBRICs各国の株式市場。「HSBC新BRICsファンド」を運用するHSBC投信による昨年のBRICsの経済状況および今後の経済見通しをご案内します。

2009年の各国株式市場の騰落率の図

(出所)ブルームバーグ

2010年の見通し

新興国は内需主導による自律的な経済成長の段階に入りつつあると思われます。この基調は2010年に入って更に強まるとHSBCでは見ています。BRICs各国の2010年の実質GDP成長率(前年比)のHSBC予想は以下の通りです。先進国の見通しと比べて、いかに新興国経済が力強いかが分かります。

各国の実質GDP成長率予測の図

(出所)HSBC グローバルリサーチ

  • イオン銀行に投資信託口座をお持ちでない方 NISA口座も同時にお申込みいただけます! 投資信託口座の開設はこちら

  • イオン銀行に投資信託口座をお持ちの方 NISA口座申込 インターネットバンキング・ログイン

投資信託に関する留意点

  • 金融商品仲介における取扱商品は預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。また元本を保証するものではありません。
  • 金融商品仲介で取扱う有価証券等は、金利・為替・株式相場等の変動や、有価証券の発行者の業務または財産の状況の変化等により価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。
  • 取引に際しては、委託金融商品取引業者が定める手数料等がかかります。手数料は商品・銘柄・取引金額・取引方法・取引チャネル等により異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。
  • 各商品のリスク・手数料については委託金融商品取引業者のホームページにてご確認ください。
  • 各商品をお申込みの際には、「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書補完書面」、「目論見書」、「リスク・手数料などの重要事項」等を必ずお読みいただき、ご自身でご判断ください。
  • 金融商品仲介において、イオン銀行は委託金融商品取引業者への証券総合取引口座開設のお申込みおよび証券取引に関する勧誘を行います。
  • 金融商品仲介のご利用にあたっては、「金融商品仲介口座」の開設が必要です。
  • 証券総合取引口座開設後の株式売買等のお取引については、すべてお客さまと委託金融商品取引業者とのお取引になります。
  • イオン銀行には委託金融商品取引業者とお客さまとの契約締結に関する代理権はありません。

(2024年1月1日現在)

商号等:株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
加入協会:日本証券業協会

よくあるご質問

投資信託のよくあるご質問

  • 店舗へご来店のお客さま

    • 店舗・ATM検索 別ウィンドウで開きます
    • 店舗一覧
  • お電話でお問合わせのお客さま

    投資信託専用ダイヤル
    0120-1089-43 9:00~18:00 年中無休

ページ先頭へ