ホーム>投資信託>PCAインドネシア株式オープン~再発見!成長市場「インドネシア」~

2010年6月10日
PCAインドネシア株式オープン~再発見!成長市場「インドネシア」~

作成:PCAアセットマネジメント(2010年5月作成)

今、世界経済は新たな成長ステージに入っています。そしてその主役は中国でありインドといえます。そして、アジアから「インドネシア」が世界経済のけん引役としてその存在感を急速に高めています。日本人にはよく知られるインドネシアですが、多くの方は観光地としてのインドネシアを思い浮かべるのではないでしょうか。
でも、実は隠れた成長国なのです。2010年に入っても株式市場が好調なインドネシア。インドネシアの魅力を探ってみましょう。

魅力(2)インド・中国に次ぐ高い経済成長

2010年も引き続き堅調なインドネシア。インドネシアが注目される理由。そのひとつが、高い経済成長です。

注目点1:中国、インドに次ぐ高い経済成長。

リーマンショックの影響から2009年は多くの国々がマイナス成長となりましたが、インドネシアはプラス成長を維持しました。また、国際通貨基金(IMF)が今年4月に世界経済見通しを発表しましたが、インドネシアの経済成長率は上方修正されました。今後さらなる成長が予想されているのがインドネシアなのです。

実質GDP成長率の推移(2000年~2015年)の図

出所:IMF世界経済見通し2010年4月 インドネシア、日本、米国は2010年以降予測値。中国、インド、ブラジル、ロシアは2009年以降予測値

  • イオン銀行に投資信託口座をお持ちでない方 NISA口座も同時にお申込みいただけます! 投資信託口座の開設はこちら

  • イオン銀行に投資信託口座をお持ちの方 NISA口座申込 インターネットバンキング・ログイン

注目点2:拡大する経済規模

インドネシアの名目GDPは世界18位(2010年:予測値)の規模となっています。2000年は28位なので、経済の拡大が急速に進んでいることがお分かりいただけるのではないでしょうか。
なぜ、インドネシア経済は急速に拡大したのでしょうか?それは、多くの人口、豊富な資源、中国、インドの成長の恩恵といったことがあげられます。

名目GDPの図

出所:IMF世界経済見通し2010年4月 2010年は予測値。

このようなインドネシア。ここで、インドネシアの概要をご紹介します。
その前に、インドネシアとはどのような国なのか?多くの人口、そして豊かな自然を有する世界最大の島しょ国家です。
また、多くの日本企業も進出しており、実は日本と非常に馴染みの深い国でもあります。

インドネシアはどんな国?

世界最大の島しょ国家 主要な5島と中規模な群島を含めた17,000以上の島々から成る。
世界第4位の人口大国 インドネシアの人口は約2.3億人。中国、インド、アメリカに次ぐ世界第4位の人口大国なのです。
多様な民族文化 約9,000の島々に約490の民族集団が存在。
世界的リゾート バリ島をはじめとする独特の文化と自然環境に恵まれたリゾート地は、世界中の旅行者の人気。
豊かな自然 熱帯雨林には、マレー語で「森の住民」といわれるオランウータンも生息。
文化と歴史 現在のインドネシア文化は、仏教文化・ヒンドゥー教文化・イスラム文化が融合したもの。仏教遺跡のボロブドゥールやヒンドゥー教遺跡のブランバナンは観光地としても有名。
世界遺産 インドネシアには7つの世界遺産がある。世界最大の爬虫類といわれる「コモドオオトカゲ」が生息するコモド国立公園もそのうちの自然遺産の一つ。
  • イオン銀行に投資信託口座をお持ちでない方 NISA口座も同時にお申込みいただけます! 投資信託口座の開設はこちら

  • イオン銀行に投資信託口座をお持ちの方 NISA口座申込 インターネットバンキング・ログイン

投資信託に関する留意点

  • 投資信託は預金や保険ではありません。
  • 投資信託は預金保険制度・保険契約者保護機構の対象ではありません。また、当行でご購入いただきました投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は、国内外の有価証券等(株式、公社債、不動産投資信託(REIT)、投資信託証券等)に投資をしますので、投資対象の価格の変動、組入有価証券の発行者にかかる信用状況等の変化、外国為替相場の変動、投資対象国の格付の変更等により基準価額が変動します。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入いただきましたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については元本および利回りの保証はありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。
  • 当行はご購入・ご換金のお申込みについて取扱を行っております。投資信託の設定・運用は各委託会社が行います。
  • 投資信託のご購入にあたっては購入時手数料(基準価額の最大3.24%(税込))がかかることがあります。また、換金時に信託財産留保額(基準価額の最大0.50%)がかかることがあります。これらの手数料等とは別に運用管理費用(信託報酬)(投資信託の純資産総額の最大年2.376%(税込))と監査報酬、有価証券売買手数料、組入資産の保管等に要する諸費用などその他費用等(運用状況等により変動し、事前に料率、上限額を示すことができません。)を信託財産を通じてご負担いただきます。お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。これらの手数料や諸経費等はファンドごとに異なります。詳細は各ファンドの目論見書等をご確認ください。
  • 投資信託のご購入に際しては、必ず最新の「目論見書」および「目論見書補完書面」により商品内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。一部の投資信託には、信託期間中に中途換金ができないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものなどがありますのでご確認ください。
  • 当行ホームページに掲載されている目論見書は、常時、最新の情報の提供を保証するものではありませんので、投資信託をご購入になる際にはインターネットバンキング注文入力画面の目論見書または店舗にてお渡しする目論見書を必ずご確認ください。
  • 投資信託は個人のお客さまのみ、また、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引とさせていただきます。

(2019年3月31日現在)

商号等:株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
加入協会:日本証券業協会

よくあるご質問

投資信託のよくあるご質問

  • 店舗へご来店のお客さま

    • 店舗・ATM検索 別ウィンドウで開きます
    • 店舗一覧
  • お電話でお問合わせのお客さま

    イオン銀行コールセンター 投資信託専用フリーダイヤル
    0120-1089-43 9:00~21:00 年中無休

ページ先頭へ