ホーム>ためる・ふやす>【2024年スタートの新NISA制度について解説!part2】ロールオーバーの仕組みはどう変わる?

【2024年スタートの新NISA制度について解説!part2】ロールオーバーの仕組みはどう変わる?

    • ためる・ふやす

投資で得られた利益が非課税になるNISA(ニーサ・少額投資非課税制度)の制度が2024年から変わります。今回は、新NISAで変わるロールオーバーの仕組みをご紹介します。なお、2024年の制度変更の主なポイントは「【2024年スタートの新NISA制度について解説!part1】一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAはどう変わる?」でご紹介しましたので、ぜひあわせてご覧ください。

一般NISA→新NISAへのロールオーバーが可能に

現行の一般NISAでは、年間120万円までの投資で得られた利益にかかる税金を5年間ゼロにできます。しかし、5年間の運用後も「利益が伸びそうだからまだまだ非課税で運用したい」「今売ると損失が確定してしまうからもう少し持ち続けたい」などと考えることがあるかもしれません。

こんなときに使えるのがロールオーバーという仕組み。ロールオーバーを利用すると、一般NISAで5年間運用してきた商品をその翌年の非課税投資枠に移すことができます。そしてそこからさらに5年間(つまり最大10年間)非課税で運用ができるのです。
6年目の新規に投資できる非課税枠は、ロールオーバーする商品の時価によって減る(なくなる)ことになりますが、より長期間運用したい場合に役立ちます。

一般NISAは当初2023年までの制度ですから、2019年以降に購入した商品をロールオーバーしたくとも、移す先の非課税投資枠がないために、ロールオーバーすることはできませんでした。

しかし、前編でご紹介したとおり、一般NISAは2024年に「新NISA」に変わることになりました。2019年以降に一般NISAで購入した商品は、2024年以降の新NISAにロールオーバーできるようになります。

ロールオーバーの制度は少々複雑

これまで、一般NISAで2019年以降に購入した商品は、一般口座または特定口座の課税口座に移管して持ち続けるか、売却するかしかありませんでしたが、新NISAができたことによって、2023年までの一般NISAで購入した商品も新NISAにロールオーバーできます。

しかし、一般NISAの非課税投資枠は年120万円に対し、新NISAの非課税投資枠は年122万円(1階部分20万円、2階部分102万円)で、投資できる商品も一部異なります。そのため、ロールオーバーの仕組みは少々複雑になります。順を追って見ていきましょう。

ロールオーバーする資産が新NISAの枠(122万円)を超えている場合

一般NISAでは、非課税期間の終了時点で値上がりしていた場合でも、全額を翌年の非課税投資枠にロールオーバーすることができました。新NISAでもそれは同じです。ロールオーバーする金額が122万円を超えていても、時価ベースで全額ロールオーバーできるようになる見込みです。

ただし、新NISAでは一部のレバレッジ投資信託や上場廃止の恐れのある株(監理銘柄・整理銘柄)には投資できません。こうした商品はロールオーバーできませんので、課税口座に移管して持ち続けるか売却するかしかありません。

ロールオーバーする資産が新NISAの枠(122万円)以内の場合

ロールオーバーする資産が122万円未満の場合は、まず2階部分の102万円の非課税投資枠に移管していきます。2階部分がいっぱいになったら、次に1階部分の20万円の非課税投資枠に移管します。ロールオーバーで使わなかった残りの非課税投資枠は、新たな投資に利用可能です。

図を拡大

ただし、2階部分と1階部分がどちらも余ったとき、新たに投資する場合には、まず1階部分を使う必要があります。1階部分で購入できるのは、つみたてNISAで投資可能な投資信託のみです。積立投資をしてから、2階部分を使うというわけです。もっとも、1階部分の20万円の非課税投資枠を使い切る必要はありません。なお、「株式だけに投資したい」と申請した方は2階部分の投資だけすることもできます。

新NISAからつみたてNISAへのロールオーバーもできる

一般NISAが新NISAにロールオーバーできるといっても、新NISAも2028年で終わる見込みです。新NISAの1階部分は、2028年以降につみたてNISAにロールオーバーすることができます。これを利用することで、新NISAの5年+つみたてNISAの20年、最長25年間の非課税運用ができます。

このロールオーバーは簿価、簡単にいえば商品を購入した時の取得価格で行われる見込みです。

図を拡大

たとえば、新NISAの1階部分で投資した20万円の投資信託が、ロールオーバーするときに40万円に値上がりしたとします。これがもし「時価」でロールオーバーされると、つみたてNISAの非課税投資枠40万円を使い切ることになり、その年はそれ以上つみたてNISAでの投資ができなくなってしまいます。一方、「簿価」でロールオーバーされれば、使用するつみたてNISAの非課税投資枠は20万円になりますので、残りの20万円分の非課税投資枠を使って新たに投資ができるというわけです。

ロールオーバーのイメージまとめ

筆者 ファイナンシャルプランナー頼藤太希 作成

図を拡大

これから投資を始めるなら、新NISAが開始するまで待つべき?

基本的に投資は、できるだけ早くスタートすることが大切です。利益が次の利益を生む「複利効果」は時間が長くなればなるほど、お金が増えるスピードが増していきます。
今回解説した通り、2024年から新NISAが始まりますので、今年一般NISAで購入した商品もロールオーバーすることができます。ということはそれだけ長く運用益非課税のメリットを享受できるということです。

2024年まで待つ必要は全くなく、時間と非課税の効果を味方につけて堅実にお金を増やしたいなら、今すぐ投資をはじめるのがおすすめです。

イオン銀行では、一般NISAやつみたてNISAで投資信託の購入が可能です。運用益にかかる税金をゼロにしながら、お得に、堅実にお金を増やすことができます。しかも、NISA口座を開設して積立投資することで、イオン銀行Myステージのスコアがアップ。条件を満たせば普通預金金利が最大年0.10%(税引後年0.079%)※までアップするほか、他行ATMの入出金手数料や振込手数料の無料回数を増やすことができます。(2021年9月時点)

  • 普通預金金利は変動金利です。詳しくは当行ホームページの商品概要説明書をご参照ください。

イオン銀行は365日、土日祝日も店舗でご相談いただけます。また、ご自宅からスマホやパソコンを利用してご相談いただける、オンライン相談サービスもありますので、活用しながら資産形成をスタートしてくださいね。

  • 上記の新NISA制度に関する記載は、2021年11月時点の情報であり、その正確性、完全性、最新性等内容を保証するものではありません。今後税制改正等により内容が一部変更となる可能性があります。

お申込みに際しては、以下の留意点を必ずご確認ください。

NISA(少額投資非課税制度)

オススメ

「【2024年スタートの新NISA制度について解説!part1】一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAはどう変わる?」はこちら

マネーコンサルタント 頼藤 太希

慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職。女性向けWEBメディア「FP Cafe」や「Mocha」を運営。著書は『はじめての資産運用』『1日5分で、お金持ち』『はじめてのNISA&iDeCo』など多数。twitter→@yorifujitaiki

mmag_000247

ページトップ戻る