イオン銀行

本人確認について

当行では、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(以下「犯罪収益移転防止法」といいます。)に基づき、次の通りお客さまのご本人確認をさせていただいております。ご協力くださいますようお願い申し上げます。

確認させていただく事項
お客さまご本人の氏名、住所および生年月日です。なお、口座開設などでご本人以外の方がご来店された場合には、その来店された方につきましてもご本人の確認をさせていただくこととなります。

本人確認が必要な取引
次のお取引きをされる際には、ご本人の確認をさせていただきます。
1.預金口座開設など継続的な取引を開始されるとき
2.200万円を超える現金の受入または払出しにかかわる取引をされるとき
3.金銭の借入をされるとき
これらのお取引き以外にもご本人の確認をさせていただくことがありますので、ご協力ください。
(注)10万円を超える現金振込等は本人確認が必要な取引ですが、当行ではお取扱いいたしておりません。

ご本人および代理人の方等ご来店された方の確認方法ならびに提示していただく書類
1.次のご本人確認書類の場合には、店頭にて原本を直接提示していただくことによってご本人の本人確認を行います。
(1)運転免許証
(2)旅券(パスポート)・乗員手帳
(3)各種健康保険証
(4)住民基本台帳カード(写真付のもの)
(5)各種年金手帳
(6)各種福祉手帳
(7)後期高齢者医療被保険者証
(8)母子健康手帳
(9)身体障害者手帳
(10)在留カード
(11)特別永住者証明書
(12)取引に実印を使用する場合の当該実印の印鑑登録証明書(※)
(13)官公庁から発行・発給された書類で、顔写真が貼付されたもの(ただし、ご本人から提示された場合などに限ります。)

2.次のご本人確認書類の場合には、店頭にて原本を提示していただくとともに、当該取引にかかわる書類などをお客さまに郵送し、到着したことを確認することによってご本人の本人確認を行います。
(1)住民票の写(※)
(2)住民票の記載事項証明書(※)
(3)戸籍謄本・抄本(戸籍の附票の写が添付されているもの)(※)
(4)印鑑登録証明書(※)
(5)官公庁から発行・発給された書類
(注)ご本人確認書類は、氏名、住所および生年月日が記載されているものに限ります。
(ご本人確認書類の有効期間について)
前記のご本人確認書類のうち、(※)があるものについては、当行が提示または送付を受ける日前6カ月以内に作成されたものに限ります。また、その他のご本人確認書類は当行が提示または送付を受ける日において有効なものに限りますので、ご留意ください。

3.郵送で口座開設を行う場合には、前記のご本人確認書類と公共料金の領収済領収書(または請求書)(注)の原本をお送りいただくことによってご本人の本人確認を行います。
(注)
・固定電話・電気・水道・NHKのいずれか1点。
・原本に限ります。
・ご住所とお名前が記載されているものとなります。
・ご本人さま名義の領収済領収書や請求書がない場合には、姓が同一の同居されているご家族名義のものでも結構です。
・領収日付または発行年月日の記載があるもので、その日付が当行に到着した日から6カ月以内のものに限ります。

・一度、本人確認をさせていただいたお客さまにつきましては、ご本人確認書類を新たに提示していただく代わりに、イオンバンクカードの提示など当行所定の方法により本人確認をさせていただくことがあります。
・当行がお客さまに送付したイオンバンクカードやご案内などが返送されてきた場合には、お取引きを停止することなどがあります。この場合には、再度、ご本人確認書類をご持参のうえ、住所変更などのお手続きを行われますようお願い申し上げます。
・ご本人以外のご本人確認書類による取引や虚偽の本人特定事項の申告による取引につきましては、犯罪収益移転防止法により禁じられております。
・ご不明な点は、イオン銀行コールセンターへお問い合わせください。

各ポリシー等
TOPページ

copyright