イオン銀行

2010年5月21日
会員制情報誌「月刊 FACTA」における当行に関する記事について

昨日(5月20日)発売の会員制情報誌「月刊 FACTA(ファクタ)2010年6月号」(ファクタ出版株式会社、以下「ファクタ社」)の『EVACUATION』欄で掲載されている当行に関する記事は、事実無根であり到底看過できるものではありません。
当行は、ファクタ社に対して厳重に抗議するとともに記事の訂正を申し入れております。

過去においてもファクタ社は、イオングループに関して不適切な記事を掲載しており、イオンはファクタ社の「歪曲した記事」を正すべく抗議・是正を申し入れてまいりました。
とりわけ2006年10月号と2009年3月号においてファクタ社はそれぞれイオンに謝罪し、非を認めております。それにもかかわらず、またもや事実に反する不適切な報道を行ったファクタ社の報道姿勢は大変遺憾であり、憤りを禁じ得ません。

お客さまや株主さま等ステークホルダーには、大変ご心配をお掛けしております。当行業績につきましては、収益改善が順調に進んでおりますのでご安心くださいませ。
現在、ファクタ社に対し当行の抗議に対する回答を求めているところであり、今後経緯等につきまして適宜開示させて頂きます。


ページ先頭へ

お知らせ一覧へ
TOPページ

copyright