人生100年応援ファンド[愛称]みらいストーリー

平均余命とは、その年齢の人が平均してあと何年間生きられるのかを表したものです。2018年のデータを見ると、今65歳の男性は平均して約20年、女性は約25年、今後の生活を送ることになります。
そこで、イオン銀行では「人生100年時代」に備え、ライフステージや目的に合わせて選択できる3つのコースをご用意した「人生100年応援ファンド[愛称]みらいストーリー」をお届けします。

あなたは今、どのライフステージにいますか?

20代:結婚式費用(挙式、披露宴など)約357万円(注) データは2015年。(出所) 総務省・経済産業省「平成28年経済センサス- 活動調査」を基に委託会社試算/30代:子ども1人あたりの教育費用約1,170万円(注) データは2016年度、幼稚園・高等学校・大学は私立、小学校・中学校は公立に通った場合。(出所) 文部科学省「平成28 年度子供の学習費調査」などを基に委託会社試算/40代:マイホーム購入費用約3,537万円(注) データは2017年度、全国平均。(出所) 住宅金融支援機構「2017年度フラット35利用者調査」/50代・60代:1人あたり(1回)の海外旅行費用約23.7万円(注) データは2017年。(出所) 観光庁「旅行・観光消費動向調査」/70代・80代:ゆとりある老後の生活資金約34.9万円(注) データは2016年の全体平均、月額ベース。(出所) 公益財団法人 生命保険文化センター「平成28年度 生活保障に関する調査」/90代・100歳:医療技術の進歩などにより、私たちの寿命は年々伸びています。今までより豊かに自分らしく生きるため、「人生100年時代」に合わせて「資産の寿命」も伸ばしていく必要がありそうです。

ファンドの特徴

「人生100年応援ファンド[愛称]みらいストーリー」は、お客さまのライフステージや目的に合わせた資産活用ニーズに対応します。資産成長と資金払出しの割合の違いによる3つのコースからご選択いただけます。

資産成長コース

目標リターン 中長期的に短期金利相当分+年3%程度
決算回数 年2回(3月、9月)
分配方針等 分配を極力抑制するとともに、信託財産の安定的な成長を目指します。

ちょっぴり受取コース

目標リターン 中長期的に短期金利相当分+年3%程度
決算回数 年6回(奇数月)
分配方針等 目標分配率を年3%(各決算時0.5%)相当とし、目標分配率に応じた分配(資金払出し)を行うことを目指します。

おもいっきり受取コース

目標リターン 中長期的に短期金利相当分+年3%程度
決算回数 年6回(奇数月)
分配方針等 目標分配率を年6%(各決算時1%)相当とし、目標分配率に応じた分配(資金払出し)を行うことを目指します。

資産成長コースのご紹介

じっくり資産を育てていきたい方へ

ご留意事項

目標リターンは達成を示唆あるいは保証するものではありません。

ちょっぴり受取コースのご紹介

少しずつ受け取って毎日を充実させたい方へ

ご留意事項

目標リターンは達成を示唆あるいは保証するものではありません。年3%相当の分配の一部または全部が投資元本の取崩しとなる場合があります。
また、各期の基準価額の上昇分を上回る分配が続く場合には、分配の金額は小さくなっていきます。

おもいっきり受取コースのご紹介

しっかり受け取って有意義に使いたい方へ

ご留意事項

2020年3月末現在の金利水準では、中長期的な目標リターン※1を達成した場合においても、それよりも多くを分配(資金払出し)するため、実質的に投資元本の取崩しとなります。そのため投資元本は小さくなり、結果的に概ね分配の都度分配の金額は小さくなっていきます。
また、各期の基準価額の上昇分を上回る分配が続く場合には、分配の金額は小さくなっていきます。

留意点

  • 投資信託は預金や保険ではありません。
  • 投資信託は預金保険制度・保険契約者保護機構の対象ではありません。また、当行でご購入いただきました投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は、国内外の有価証券等(株式、公社債、不動産投資信託(REIT)、投資信託証券等)に投資をしますので、投資対象の価格の変動、組入有価証券の発行者にかかる信用状況等の変化、外国為替相場の変動、投資対象国の格付の変更等により基準価額が変動します。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入いただきましたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については元本および利回りの保証はありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。
  • 当行はご購入・ご換金のお申込みについて取扱を行っております。投資信託の設定・運用は各委託会社が行います。
  • 投資信託のご購入にあたっては購入時手数料(基準価額の最大3.3%(税込))がかかることがあります。また、換金時に信託財産留保額(基準価額の最大0.50%)がかかることがあります。これらの手数料等とは別に運用管理費用(信託報酬)(投資信託の純資産総額の最大年2.42%(税込))と監査報酬、有価証券売買手数料、組入資産の保管等に要する諸費用などその他費用等(運用状況等により変動し、事前に料率、上限額を示すことができません。)を信託財産を通じてご負担いただきます。お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。これらの手数料や諸経費等はファンドごとに異なります。詳細は各ファンドの目論見書等をご確認ください。
  • 投資信託のご購入に際しては、必ず最新の「目論見書」および「目論見書補完書面」により商品内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。一部の投資信託には、信託期間中に中途換金ができないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものなどがありますのでご確認ください。
  • 当行ホームページに掲載されている目論見書は、常時、最新の情報の提供を保証するものではありませんので、投資信託をご購入になる際にはインターネットバンキング注文入力画面の目論見書または店舗にてお渡しする目論見書を必ずご確認ください。
  • 投資信託は個人のお客さまのみ、また、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引とさせていただきます。

(2021年3月31日現在)

商号等:株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
加入協会:日本証券業協会

投資信託口座をお持ちでないお客さま

口座開設・ご購入の流れ

投資信託口座をお持ちのお客さま