投資信託で金投資、はじめませんか?

三菱UFJ 純金ファンド<愛称:ファインゴールド>追加型投信/国内/その他資産(商品)

ファンドのリスク・費用はこちら

ファインゴールドとは?

国内に保管される金の現物を裏付け資産としている純金上場信託(現物国内保管型)(愛称:「金の果実」)への投資を通じ、わが国の取引所における⾦価格の値動きをとらえることをめざすファンドです。

ファインゴールド ファンド紹介動画

金投資の魅力

有事の金

世界的な金融不安や紛争などの有事の際には、金は資金の逃避先として注目されます。金はそれ自体に価値のある実物資産であり、不確実性が高まる局面で選好される傾向にありました。

金価格と世界株式の推移(米ドルベース)

(出所)Bloombergのデータを基に三菱UFJ国際投信作成
(期間)2000/1~2022/3、月次

  • 金はスポット価格、世界株式はMSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み)を使用しています。指数については【当ページで使用している指数について】をご覧ください。
  • 上記は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。

高い希少性

金は、鉱物資源のため地球上の埋蔵量に限りがあり、希少性の高い資源です。

金の採掘済量と埋蔵量 (2021年末) 採掘済量 約20.5万トン 埋蔵量 約5.3万トン 金の可採年数(2021年の年間生産量を維持したと仮定し算出)約15年 年間生産量(リサイクル金除く)(2021年) 約3,561トン

(出所)World Gold Councilのデータを基に三菱UFJ国際投信作成

  • 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入しています。
  • 写真はイメージです。

金を使った分散投資

資産の分散

例えば株式投資の場合、値動きの異なる金を併せ持つことで、投資効率の向上が見られました。

金と株式との相関係数

  • 相関とは、2者間に関連があり互いに影響し合うことを言います。相関係数とは、相関の度合いを数値化(+1~-1)したものです。
  • 下記は過去20年間における2者間の相関係数の一例です。金と株式の相関係数はゼロに近く、相関が弱かったことが分かります。

株式投資に金を併せ持った場合のシミュレーション(円換算)

(出所)Bloombergのデータを基に三菱UFJ国際投信作成
(期間)2002/3~2022/3、月次

  • 金はスポット価格、先進国株式はMSCI コクサイ インデックス(配当込み)、国内株式は東証株価指数(TOPIX) 配当込み指数を使用しています。金および先進国株式は、米ドルベースのデータを使用しており、三菱UFJ国際投信が円換算しています。指数については【当ページで使用している指数について】をご覧ください。
  • 計測期間が異なる場合は、結果も異なる点にご注意ください。
  • 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入しています。
  • 上段グラフ:各資産の月次騰落率の相関係数です。
  • 下段グラフ:国内株式、先進国株式に均等投資し、各月末でリバランスした場合の値動きと、それに金を加えた3資産に同じく均等投資し、各月末でリバランスした場合の値動きを比較したシミュレーションです。リスクは月次騰落率の標準偏差を、リターンは月次騰落率の平均をそれぞれ年率換算したものです。
  • 上記はシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。

時間の分散

価格が高くても安くても、定期的に一定額を買い続ける積立投資をすることで、購入単価を平準化することができます。

金に毎月1万円ずつ投資した場合のシミュレーション(円換算)

(出所)Bloombergのデータを基に三菱UFJ国際投信作成
(期間)2002/3~2022/3、月次

  • 金はスポット価格を使用しています。上記は、米ドルベースのデータを使用しており、三菱UFJ国際投信が円換算しています。
  • 上記は、毎月末1万円を積立投資(最終月末を除く)したと仮定して試算したシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。
  • 計測期間が異なる場合は、結果も異なる点にご注意ください。
  • 表示桁未満の数値がある場合、四捨五入しています。

当ファンドの基準価額等の推移

(期間)2011/2/7(設定日)~2022/3/31、日次

  • 基準価額は、1万口当たりで運用管理費用(信託報酬)控除後の値です。
  • 信託報酬率は、ページ下部の「ファンドの費用」に記載しています。
  • 上記期間では分配金の支払いはありません。
  • 参考指数は、大阪取引所(2020年7月22日までは東京商品取引所)における金1グラム当たりの先物価格をもとに現在価値として三菱UFJ信託銀行が算出した理論価格であり、日本における金の店頭小売・買取価格や海外で公表される取引価格とは異なります。
  • 参考指数は、当ファンドのベンチマークではありません。
  • 参考指数は、設定日を10,000として指数化しています。
  • 上記は、過去の実績であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。

三菱UFJ 純金ファンド『愛称:ファインゴールド』別ウィンドウで開きます

追加型投信/国内/その他資産(商品)

ファンドの目的

わが国の取引所における金価格の値動きをとらえることをめざします。

ファンドの特色

  • 「純金上場信託(現物国内保管型)」(愛称:「金の果実」)を主要投資対象とします。
    純金上場信託(現物国内保管型)(愛称:「金の果実」)とは、三菱商事が信託委託者として拠出した金の現物を、信託受託者である三菱UFJ信託銀行が信託財産として国内に保管した上で、当該信託財産を裏付けとして発行された受益証券発行信託の受益権を、2010年7月に東京証券取引所に上場したETFです。指標価格は大阪取引所における金1グラムあたりの先物価格をもとに現在価値として三菱UFJ信託銀行が算出した理論価格を使用しています。
  • 年1回の決算時(1月20日(休業日の場合は翌営業日))に分配金額を決定します。
    分配金額は委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。ただし、分配対象収益が少額の場合には、分配を行わないことがあります。

    分配金額の決定にあたっては、信託財産の成長を優先し、原則として分配を抑制する方針とします。
    (基準価額水準や市況動向等により変更する場合があります。)

    将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。
    市況動向および資金動向等により、上記のような運用が行えない場合があります。

ファンドのリスク

基準価額の変動要因:基準価額は金地金の指標価格の変動等による組入上場有価証券の価格変動により上下します。また、金地金の指標価格は一般的に為替相場の変動の影響を受けます。さらに、市場に十分な需要や供給がない場合等は市場実勢から期待される価格より不利な価格での取引となる可能性があります。これらの運用により信託財産に生じた損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。したがって、投資者のみなさまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。投資信託は預貯金と異なります。主な変動要因は、価格変動リスク、為替変動リスク、流動性リスク、信用リスクです。
上記は主なリスクであり、これらに限定されるものではありません。くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

ファンドの費用について

購入時

購入時手数料:購入価額に対して、上限1.1%(税抜 1%)

換金時

信託財産留保額:ありません

保有期間中

運用管理費用(信託報酬):(当該ファンド)日々の純資産総額に対して、年率0.55%(税抜年率0.5%)をかけた額、(投資対象とするETF)投資対象ETFの純資産総額に対して年率0.44%(税抜年率0.4%)、(実質的な負担)当該ファンドの純資産総額に対して年率0.99%程度(税抜年率0.9%程度)/その他の費用・手数料:監査費用、売買委託手数料、保管費用、その他信託事務処理の諸費用等

  • その他の費用・手数料については、売買条件等により異なるため、あらかじめ金額または上限額等を記載することはできません。

課税関係

課税上は、株式投資信託として取扱われます。個人投資者については、収益分配時の普通分配金ならびに換金時および償還時の譲渡益に対して課税されます。NISA(少額投資非課税制度)およびジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)の適用対象です。税法が改正された場合等には、変更となることがあります。

当ページで使用している指数について

  • MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス/MSCI コクサイ インデックス
    各指数に対する著作権およびその他知的財産権はすべてMSCI Inc.に帰属します。
  • 東証株価指数(TOPIX) 配当込み指数
    同指数に関する知的財産権その他一切の権利は株式会社JPX総研又は株式会社JPX総研の関連会社に帰属します。

留意事項

  • 当ページは三菱UFJ国際投信が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。投資信託をご購入の場合は、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 当ページの内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
  • 当ページは信頼できると判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性等を保証するものではありません。
  • 投資信託は、預金等や保険契約とは異なり、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。銀行等の登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の補償の対象ではありません。
  • 投資信託は、販売会社がお申込みの取扱いを行い委託会社が運用を行います。(2022年4月作成) 

投資信託説明書(交付目論見書)のご請求・お申込みは…株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
日本証券業協会会員

設定・運用…三菱UFJ国際投信株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第404号
一般社団法人投資信託協会会員/一般社団法人日本投資顧問業協会会員

三菱UFJ 純金ファンド『愛称:ファインゴールド』

主要投資対象は、純金上場信託(現物国内保管型)受益証券。国内の取引所における金価格の値動きをとらえることをめざす。純金上場信託(現物国内保管型)受益証券の投資比率は高位を維持することを基本とする。1月決算。

三菱UFJ 純金ファンド『愛称:ファインゴールド』

投資信託に関する留意点

  • 投資信託は預金や保険ではありません。
  • 投資信託は預金保険制度・保険契約者保護機構の対象ではありません。また、当行でご購入いただきました投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は、国内外の有価証券等(株式、公社債、不動産投資信託(REIT)、投資信託証券等)に投資をしますので、投資対象の価格の変動、組入有価証券の発行者にかかる信用状況等の変化、外国為替相場の変動、投資対象国の格付の変更等により基準価額が変動します。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入いただきましたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については元本および利回りの保証はありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。
  • 当行はご購入・ご換金のお申込みについて取扱を行っております。投資信託の設定・運用は各委託会社が行います。
  • 投資信託のご購入にあたっては購入時手数料(基準価額の最大3.3%(税込))がかかることがあります。また、換金時に信託財産留保額(基準価額の最大0.50%)がかかることがあります。これらの手数料等とは別に運用管理費用(信託報酬)(投資信託の純資産総額の最大年2.42%(税込))と監査報酬、有価証券売買手数料、組入資産の保管等に要する諸費用などその他費用等(運用状況等により変動し、事前に料率、上限額を示すことができません。)を信託財産を通じてご負担いただきます。お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。これらの手数料や諸経費等はファンドごとに異なります。詳細は各ファンドの目論見書等をご確認ください。
  • 投資信託のご購入に際しては、必ず最新の「目論見書」および「目論見書補完書面」により商品内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。一部の投資信託には、信託期間中に中途換金ができないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものなどがありますのでご確認ください。
  • 当行ホームページに掲載されている目論見書は、常時、最新の情報の提供を保証するものではありませんので、投資信託をご購入になる際にはインターネットバンキング注文入力画面の目論見書または店舗にてお渡しする目論見書を必ずご確認ください。

(2022年3月31日現在)

商号等:株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
加入協会:日本証券業協会