「ひふみ」で投信はじめませんか?リスクに応じて選べるひふみファンド特集

ファンドの特徴

投資信託「ひふみ」とは?

リスクとリターンで見るひふみシリーズ

当行取り扱いのひふみファンド一覧

投資信託「ひふみ」とは?

「ひふみ」とは投資運用会社のレオス・キャピタルワークスが運用する日本や世界の成長企業に投資をする投資信託ブランドです。
基準価額の上下動に伴うお客さまのハラハラ、ドキドキ感をできるだけ軽減し、かつ着実なリターンを目指すひふみシリーズの投資信託は、お客さまの長期的な資産形成を応援するとともに、日本の未来に貢献します。

ひふみブランド コンセプトムービー

情報提供元:レオス・キャピタルワークス株式会社

ひふみの特徴

主に日本の成長企業に投資するひふみ投信シリーズの「ひふみプラス」、海外の成長企業に投資するひふみワールドシリーズの「ひふみワールド+」に加え、当行では2021年4月よりまるごとひふみシリーズの取り扱いを開始しました。
まるごとひふみシリーズは、ひふみ投信マザーファンド、ひふみワールドマザーファンド、ひふみ グローバル債券マザーファンド(国内外の債券)に実質的に分散投資する「まるごとひふみ15」「まるごとひふみ50」「まるごとひふみ100」の3ファンドで構成されています。

ひふみプラス

「日本を根っこから元気にする」をコンセプトに、主に日本の成長企業に投資をするひふみ投信シリーズの投資信託です。

ひふみワールド+

「世界にあふれるビックリ!をみつけにいこう」をコンセプトとし、日本を除く世界の成長企業に投資をするひふみワールドシリーズの投資信託です。

プラス

まるとごとひふみシリーズが新登場!

NEW まるごとひふみ15

ひふみ投信マザーファンド 9% ひふみワールドファンド 6% ひふみグローバル債券マザーファンド 85%

株式ファンドを合計15%、債券ファンドを85%組み入れることを目指します。

NEW まるごとひふみ50

ひふみ投信マザーファンド 30% ひふみワールドファンド 20% ひふみグローバル債券マザーファンド 50%

株式ファンドを合計50%、債券ファンドを50%組み入れることを目指します。

NEW まるごとひふみ100

ひふみ投信マザーファンド 60% ひふみワールドファンド 40%

株式ファンドを合計100%組み入れることを目指します。債券ファンドは組み入れません。

(出所)レオス・キャピタルワークス株式会社

リスクとリターンで見るひふみシリーズ

投資信託のリスクとリターンについて

投資信託のリスクとリターンの度合いはそれぞれの投資信託が組み入れている金融資産によって変わります。
投資する地域については、国内より海外のほうがリスクが高く、投資する資産については、債券よりも株式のほうがリスクが高くなり、下図のように示すことができます。

ひふみシリーズファンドのリスクとリターン

主に海外債券に投資し、低リスクでありながらも一定のパフォーマンスを目指す「まるごとひふみ15」から、100%海外株式に投資し、リスクを取りつつも高いリターンを目指す「ひふみワールド+」まで、お客さまのリスク許容度に応じて幅広いラインナップの中からお選びいただくことができます。

※ マーケット状況により、リスクとリターンの順番が変動する可能性があります。

投資信託は、ご自身が許容できるリスクの範囲内で選ぶことが大切です。

「価格変動でドキドキしたくないけど低金利の預金だけでは満足できない」という方には債券の組み入れ比率が多いまるごとひふみ15を、「高いリスクを取ってもリターンを狙いたい」という方には株式の組み入れ比率が100%のまるごとひふみ100ひふみプラスひふみワールド+を、「ほどほどのリスクとリターンで資産運用をしたい」という方には株式と債券の組み入れ比率が半分ずつのまるごとひふみ50をおススメします。

当行取り扱いのひふみファンド一覧

2021年4月より取り扱い開始!

まるごとひふみ15別ウィンドウで開きます

まるごとひふみ50別ウィンドウで開きます

まるごとひふみ100別ウィンドウで開きます

まるごとひふみコンセプトムービー

情報提供元:レオス・キャピタルワークス株式会社

このファンドの販売用資料を見る

このファンドのここに注目!

まるごとひふみは、比較的値動きの大きい国内外の株式と比較的値動きの小さい国内外の債券を組み入れることにより、基準価額の変動幅を抑えた分散投資を行います。

※まるごとひふみ100は実質的に債券を組み入れません。

まるごとひふみ15について

まるごとひふみ15は、3本の自社運用ファンドを通じて、実質的に国内外の債券と株式に投資をして運用するバランスファンドです。

【債券】85%:ひふみグローバル債券マザーファンド 85% 【株式】15%:ひふみ投信マザーファンド 9%、ひふみワールドファンド 6%

(出所)レオス・キャピタルワークス株式会社

まるごとひふみ50について

まるごとひふみ50は、3本の自社運用ファンドを通じて、実質的に国内外の債券と株式に投資をして運用するバランスファンドです。

【債券】50%:ひふみグローバル債券マザーファンド 50% 【株式】50%:ひふみ投信マザーファンド 30%、ひふみワールドファンド 20%

(出所)レオス・キャピタルワークス株式会社

まるごとひふみ100について

まるごとひふみ100は、2本の自社運用ファンドを通じて、実質的に国内外の株式を組み入れて運用します。
(まるごとひふみ100はひふみグローバル債券マザーファンドは組み入れません)

【株式】100%:ひふみ投信マザーファンド 60%、ひふみワールドファンド 40%

(出所)レオス・キャピタルワークス株式会社

「ファンド・オブ・ファンズ方式」により国内外の株式および債券などに分散投資をします。ファンド・オブ・ファンズ方式とは、複数の投資信託証券(ファンズ)への投資を通じて、実質的な投資対象に投資を行う仕組みです。

まるごとひふみ15、まるごとひふみ50

【当ファンド】まるごとひふみ15、まるごとひふみ50は、お客さまからのお申込み金を、【投資対象ファンド】国内外の株式に投資する「ひふみ投信マザーファンド」、海外の株式に投資する「ひふみワールドファンド※(ひふみワールドマザーファンド)」、国内外の債券に投資する「ひふみグローバル債券マザーファンド」に分散投資をし、発生した損益をもとに収益分配金、解約金などが分配されます。

(出所)レオス・キャピタルワークス株式会社

まるごとひふみ100

【当ファンド】まるごとひふみ100は、お客さまからのお申込み金を、【投資対象ファンド】国内外の株式に投資する「ひふみ投信マザーファンド」、海外の株式に投資する「ひふみワールドファンド※(ひふみワールドマザーファンド)」に分散投資をし、発生した損益をもとに収益分配金、解約金などが分配されます。

(出所)レオス・キャピタルワークス株式会社

  • 「ひふみワールドファンド」 は正式名称「ひふみワールドファンドFOFs用(適格機関投資家専用)」といい、ひふみワールドマザーファンドを高位に組み入れます。

債券ファンドマネージャーからのご挨拶

この度、まるごとひふみに組み入れる債券ファンドの運用を担当することとなりました。債券トレーダーとしての長年の経験をもとに、債券運用においても国内株、海外株同様にハイクオリティかつお客さまにとって安心できるアクティブ運用をお届けしたいと考えております。

今回の債券ファンドでは、先進国の国債をはじめとした高格付債券の中から、投資家にとって保有価値が高いと考えるものをチョイスし、リスクを適切にコントロールしつつ、アップデートを続けることで投資収益の向上を目指します。

特定のルールやインデックスといった枠にこだわらず、お客さまに最善の結果をもたらすよう努めてまいります。また、国際機関および企業が発行する債券の組み入れに際しては、従来からのひふみの運用哲学(火風水土心)の中でも“心”(銘柄選択の根本思想であり、公明正大に事業(業務)を行っているか見定めること)の価値観を重視し、ESG(環境、社会、ガバナンス)やSDGsといった概念を債券ポートフォリオに組み入れ社会をよくすることへの一助となることを常に意識します。

多くのお客さまにとって、投資がより身近なものとなることを願っております。

レオス・キャピタルワークス株式会社
債券戦略部長
ひふみグローバル債券マザーファンド
ファンドマネージャー

福室 光生

プロフィール

1995年、欧州系証券会社で金融キャリアをスタート。
その後、JPモルガン証券、UBS証券にて債券トレーディングに従事。
2020年、レオス・キャピタルワークス入社。同年、債券戦略部長に就任。
国債トレーディングの経験が長く、現物からデリバティブまで債券運用に精通している。

つみたてNISA対象ファンドです!

ひふみプラス別ウィンドウで開きます

ひふみ投信10周年記念コンセプトムービー

情報提供元:レオス・キャピタルワークス株式会社

このファンドの販売用資料を見る

このファンドのここに注目!

主に日本の成長企業に投資することでお客さまの長期的な資産形成を応援するとともに、日本の未来に貢献します。

ひふみ投信マザーファンド 基準価額推移(2012年4月設定)

期間:設定(2012年4月)~2020年12月末

騰落率:1年 21.85%、3年 20.16%、5年 86.03%、設定来 389.10% ※2020年12月末時点

  • 上記はひふみ投信マザーファンドの運用実績であり、当ファンドの運用実績ではありません。また過去の実績であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

(出所)レオス・キャピタルワークス株式会社

ファンドマネージャーからのメッセージ

ひふみ投信マザーファンドファンドマネージャー

藤野 英人

ひふみ投信シリーズは、「日本を根っこから元気にする」をコンセプトに、主に日本の成長企業に投資をする投資信託です。
理想の投資信託をつくりたい。運用者の想いが貫かれていて、それをしっかりお客さまに届けて、少しずつ残高が積みあがって大きくなっていくような、ちゃんと長く愛されるブランドを育てたい。そんな志のもと、ひふみ投信がスタートしたのは2008年10月のことでした。
ひふみ投信シリーズが、どういう存在でありたいか。北海道から沖縄までお客さまよりお預かりした大切なお金を、国内外の素晴らしい会社に投資しよう。お客さま個人の資産形成をサポートすると同時に、社会全体へ「ゆたかさ」を還元していこう。その想いは、運用開始当初から変わっていません。
「投資信託」は、もともと「信じて託す」と書きます。本来あるべき投資信託の姿を体現できるように、これからも全力を尽くしてまいります。

高パフォーマンスを目指すなら!

ひふみワールド+別ウィンドウで開きます

ひふみワールドコンセプトムービー

情報提供元:レオス・キャピタルワークス株式会社

このファンドの販売用資料を見る

このファンドのここに注目!

海外の成長企業に投資することでお客さまの長期的な資産形成を応援するとともに、日本の未来に貢献します。

ひふみワールドマザーファンド 基準価額推移(2019年10月設定)

期間:設定(2019年10月)~2020年12月末

騰落率:1カ月 3.04%、3カ月 13.06%、1年 23.26%、設定来 35.28% ※2020年12月末時点

  • 上記はひふみワールドマザーファンドの運用実績であり、当ファンドの運用実績ではありません。また過去の実績であり、将来の運用成果等を保証するものではありません。

(出所)レオス・キャピタルワークス株式会社

ファンドマネージャーからのメッセージ

ひふみワールドファンド ファンドマネージャー

湯浅 光裕

ひふみワールドシリーズは、「世界にあふれるビックリ!をみつけにいこう」をコンセプトとした投資信託です。

金融資産を世界の株式に分散投資すると同時に、未だ知らない世界を、株式投資を通して知るきっかけにしていただきたいと考えています。豊かな海に囲まれた島国である日本は、人口減少、高齢化、少資源などの課題がありつつも、私たちが自由に生きることができ、民主主義に基づく経済・政治環境の中で多くの人々が日々生活し成長している場所です。一方、世界を見渡してみると、私たちとは違う環境、あるいは対照的な環境の中で生きている人たちがたくさんいます。どのような環境でも、人々は今日よりも明日、明日よりも明後日が良くなることを願い、成長することを目標に生きています。そのような国、企業、人々に資産を預け、ともに成長することができたら多くの人たちは安心を得られるだろう。同時に、生きる糧を獲得することもできるだろう。そうなれば良いな。との想いで、私たちは投資運用を続けています。私たちとともに、皆様それぞれの良い明日を、未来を目指していただければ嬉しいです。

留意点

  • 投資信託は預金や保険ではありません。
  • 投資信託は預金保険制度・保険契約者保護機構の対象ではありません。また、当行でご購入いただきました投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は、国内外の有価証券等(株式、公社債、不動産投資信託(REIT)、投資信託証券等)に投資をしますので、投資対象の価格の変動、組入有価証券の発行者にかかる信用状況等の変化、外国為替相場の変動、投資対象国の格付の変更等により基準価額が変動します。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入いただきましたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については元本および利回りの保証はありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。
  • 当行はご購入・ご換金のお申込みについて取扱を行っております。投資信託の設定・運用は各委託会社が行います。
  • 投資信託のご購入にあたっては購入時手数料(基準価額の最大3.3%(税込))がかかることがあります。また、換金時に信託財産留保額(基準価額の最大0.50%)がかかることがあります。これらの手数料等とは別に運用管理費用(信託報酬)(投資信託の純資産総額の最大年2.42%(税込))と監査報酬、有価証券売買手数料、組入資産の保管等に要する諸費用などその他費用等(運用状況等により変動し、事前に料率、上限額を示すことができません。)を信託財産を通じてご負担いただきます。お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。これらの手数料や諸経費等はファンドごとに異なります。詳細は各ファンドの目論見書等をご確認ください。
  • 投資信託のご購入に際しては、必ず最新の「目論見書」および「目論見書補完書面」により商品内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。一部の投資信託には、信託期間中に中途換金ができないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものなどがありますのでご確認ください。
  • 当行ホームページに掲載されている目論見書は、常時、最新の情報の提供を保証するものではありませんので、投資信託をご購入になる際にはインターネットバンキング注文入力画面の目論見書または店舗にてお渡しする目論見書を必ずご確認ください。
  • 投資信託は個人のお客さまのみ、また、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引とさせていただきます。

(2021年3月31日現在)

商号等:株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
加入協会:日本証券業協会

投資信託口座をお持ちでないお客さま

口座開設・ご購入の流れ

投資信託口座をお持ちのお客さま