「モーニングスターアワード2020」受賞ファンド一覧

FUND OF THE YEAR 2020 MORNING STAR AWARD

Morningstar Award “Fund of the Year 2020”について

投資信託の評価機関であるモーニングスターが、国内の追加型株式投資信託を対象に、リスクやリターンといった定量面での評価を満たし、運用スタイルや調査体制等の定性面から、優れた運用実績とマネジメントを持つファンドを選考したアワード(賞)です。
“Fund of the Year 2020(ファンド オブ ザ イヤー 2020)”は2020年の運用成績が総合的に優秀であると判断された投資信託を対象として表彰しています。

当行取扱の受賞ファンド

最優秀ファンド賞

国内株式型 部門
  • 店舗取扱
  • つみたてNISA
  • NISA
  • しっかり運用セットNEO

2015年~2019年までのモーニングスターアワード受賞歴

  • 2019年:最優秀賞

投資方針と選定ポイント

投資方針

当ファンドは、主に東証一部に上場する電気機器や精密機器などのエレクトロニクス関連及び、通信・情報ソフトサービス関連企業の株式に投資を行うアクティブファンドである。上昇局面では成長企業や景気敏感株の組入比率を高めることで上昇を捉え、下落局面では競争優位性のある企業や安定業績株の組入比率を高めることで基準価額の下落幅を抑制する。また、業界の変化を察知し、事業環境の変化にも対応しながら運用を行う点が特徴である。参考指数をTOPIX(東証株価指数)として評価を行う。年1回(2月21日)決算。

選定ポイント

  • 2020年はリターンが上位3%、運用の効率性も上位4%
  • 30年超の実績を有する希少な長寿ファンド、3年保有では全てプラス、かつ分類平均以上
  • 担当ファンドマネジャーの運用ファンドはいずれも4ツ星以上、3度目の受賞
国際株式型(特定地域)部門
  • 店舗取扱
  • つみたてNISA
  • NISA
  • しっかり運用セットNEO

2015年~2019年までのモーニングスターアワード受賞歴

  • 2018年:優秀賞

投資方針と選定ポイント

投資方針

当ファンドは、日本を含めた世界の「AI(人工知能)関連企業」に投資を行うアクティブファンドである。現在は第3次AIブームにあるとの前提にたち、ロボティクス、自動運転、VR(ヴァーチャル・リアリティ)、セキュリティなどの様々な分野において、AIが成長を担う技術革新のけん引役になっている点に着目する。300~500社のAI関連企業に対して5段階のレーティングを付与し、最終的には40~100銘柄程度でポートフォリオを構築する。マザーファンドの運用は、アリアンツ・グローバル・インベスターズU.S.LLC(以下、アリアンツGI)が行う。外貨建て資産については為替ヘッジを行う。年1回(9月25日)決算。なお、過去の運用報告書によると、当ファンドは米国の組入比率が高い傾向にあることから、モーニングスターでは「国際株式・北米(為替ヘッジあり)」に分類している。

選定ポイント

  • 2020年は運用の効率性とリターンがいずれも上位5%、3四半期連続で上位10%以内のリターンが寄与
  • 株式市場の大きな上昇局面で優位性を発揮、7カ月連続で5ツ星を獲得中
  • 欧州籍のAIファンドは3年リターンが上位7%で5ツ星、2年ぶり2回目の受賞
国際株式型(グローバル)部門
  • 店舗取扱
  • つみたてNISA
  • NISA
  • しっかり運用セットNEO

投資方針と選定ポイント

投資方針

当ファンドは、日本を含む世界各国の株式を投資対象として中長期的な値上がり益の獲得を目指すアクティブファンドである。投資対象は、独自の調査に基づく長期の視点で高い成長が期待される企業で国や地域、業種、時価総額等には捉われない。参考指数は、MSCI オールカントリー・ワールド インデックス(配当込み、円ベース)とする。投資先ファンドの運用は、ベイリー・ギフォード・インベストメント・マネジメント(ヨーロッパ)リミテッド(以下、ベイリー・ギフォード)が運用を行う。年1回(1月25日)決算。なお、過去の運用報告書によると、当ファンドは日本の組入が低い傾向にあることから、モーニングスターでは「国際株式・グローバル・除く日本(為替ヘッジなし)」に分類している。

選定ポイント

  • 2020年のトータルリターン・運用の効率性はいずれも実質第1位
  • 設定来の累積リターンは参考指数を93%上回る、6カ月リターンでは13カ月連続で上位10%以内
  • 長期視点の投資とメンバーの定着率の高さが強み、海外籍ファンドは5ツ星
安定資産(債券・バランス安定)型 部門
  • 店舗取扱
  • つみたてNISA
  • NISA
  • しっかり運用セットNEO

2015年~2019年までのモーニングスターアワード受賞歴

  • 2019年:優秀賞
  • 2018年:優秀賞
  • 2016年:優秀賞

投資方針と選定ポイント

投資方針

当ファンドは、安定資産とする2資産(国内債券、為替ヘッジ先進国債券)、リスク性資産とする6資産(新興国債券、国内株式、先進国株式、新興国株式、国内REIT<不動産投資信託>、先進国REIT)に分散投資を行うバランス型のアクティブファンドである。分散投資を通じて変動要因を均等に配分することにより、安定した運用実績を目指す。目標とする基準価額の変動リスク(標準偏差)は年率4%程度としている。8本のパッシブ運用のマザーファンドはアセットマネジメントOne(以下、同社)、基本配分比率の変更はアセットマネジメントOne U.S.A.・インク(以下、米国現地法人)の助言に基づいて行う。外貨建て資産については、為替ヘッジを行う場合がある。年2回(1月、7月の各11日)決算。

選定ポイント

  • 2020年の運用の効率性は上位3%、「大きな損失を避ける」ことでリターンも上位
  • 3年保有では概ねプラス、10カ月連続の5ツ星
  • 運用の継続性に配慮したチーム運用制、3年連続計4回目の受賞

優秀ファンド賞

国際株式型(グローバル)部門
  • 店舗取扱
  • つみたてNISA
  • NISA
  • しっかり運用セットNEO

2015年~2019年までのモーニングスターアワード受賞歴

  • 2018年:優秀賞
  • 2017年:最優秀賞

投資方針と選定ポイント

投資方針

当ファンドは、日本を含む世界の株式の中から主にフィンテック関連企業の株式などに投資するアクティブファンドである。フィンテック(FinTech)とは、金融(Finance)と、技術(Technology)を組み合わせた造語で、最新の情報技術を活用した「新たな金融サービス」のことを言う。金融ニーズの高まりと多様化、技術面・コスト面で参入障壁が低下したことなどにより台頭している。マザーファンドは、伝統的なリサーチ手法だけでなく外部の専門家との共同研究やネット上の批評等を取り入れて分析するアーク・インベストメント・マネジメント・エルエルシー(以下、アーク社)の助言を受け、日興アセットマネジメント アメリカズ・インクが運用を行う。年1回(12月7日)決算。

選定ポイント

  • 2020年のトータルリターンは上位1%、運用の効率性は上位3%
  • 新興国・中小型株を含めた特徴的なポートフォリオ、13カ月連続で5ツ星
  • アーク社独自の調査方法などに注目度高まり、米国でも残高急増、3度目の受賞
  • 店舗取扱
  • つみたてNISA
  • NISA
  • しっかり運用セットNEO

2015年~2019年までのモーニングスターアワード受賞歴

  • 2019年:優秀賞

投資方針と選定ポイント

投資方針

当ファンドは、日本を含む世界の「次世代通信関連企業」の株式を主要投資対象とするアクティブファンドである。「次世代通信関連企業」とは、次世代通信技術の発展からの恩恵を受けられ、業績面での成長が期待される企業をさす。現在では特にAIやIoTの普及に繋がる5Gに着目し、5Gの普及に不可欠な通信インフラ関連企業、5Gを活用したサービス・製品を提供する通信サービス関連企業やIoT機器・装置の製造企業、また5Gを利用し、かつてない新たなサービスの展開を試みる企業などに投資をしている。投資先ファンドの運用は、ニューバーガー・バーマン・インベストメント・アドバイザーズ・エル・エル・シー(以下、NBIA)が行う。年1回(1月7日)決算。

選定ポイント

  • 2020年のリターンは上位12%、四半期では対分類平均全勝
  • 3年リターン、運用の効率性いずれも分類内上位5%
  • 共同運用担当者は平均20年以上の運用経験、2年連続受賞
  • 店舗取扱
  • つみたてNISA
  • NISA
  • しっかり運用セットNEO

投資方針と選定ポイント

投資方針

当ファンドは、日本を含む世界のロボット関連企業を投資対象とするアクティブファンドである。ロボット関連企業とは、ロボット・テクノロジーの開発や製造などにより、ビジネスを展開する企業を指す。具体的には、複雑や不便、危険とされる人間の作業を代替・自動化することで、安全や快適、効率を高める技術・サービス等を開発、提供する企業に投資する。投資先ファンドの実質的な運用は、アクサ・インベストメント・マネージャーズ UK リミテッド(以下、アクサ)が行う。年2回(3月、9月の各13日)決算。

選定ポイント

  • 2020年の運用成績、効率性はともに上位15%と良好
  • 3年保有すれば投資タイミングを問わずプラス、レーティングは4ツ星以上を継続
  • 経験豊かなメンバーによる運用体制、海外籍ファンドは5ツ星
国際株式型(特定地域)部門
  • 店舗取扱
  • つみたてNISA
  • NISA
  • しっかり運用セットNEO

2015年~2019年までのモーニングスターアワード受賞歴

  • 2019年:優秀賞
  • 2018年:最優秀賞
  • 2017年:優秀賞
  • 2015年:同ファンドのDコースが受賞

投資方針と選定ポイント

投資方針

当ファンドは、米国の「持続的な成長」企業に投資を行うアクティブファンドである。「持続的な成長」の判断には、独自のビジネスモデルや参入障壁、優秀な経営陣などによる「高い収益性の持続力」、投下資本利益率などに基づいた「高い投資効率」、負債比率の低さなどの「強固な財務体質」などを考慮する。マザーファンドの実質的な運用は、アライアンス・バーンスタイン・グループの4社(※1)(以下、アライアンス)が行う。年2回(6、12月の各15日)決算。

※1 アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー、アライアンス・バーンスタイン・リミテッド、アライアンス・バーンスタイン・オーストラリア・リミテッド、アライアンス・バーンスタイン・香港・リミテッド

選定ポイント

  • 2020年は運用の効率性とリターンがいずれも上位20%内、米国株大型グロース内でも優位
  • 3年保有ではほぼプラスで、かつ上位10%以内比率が約5割、60カ月連続で4ツ星以上
  • 実績40年のベテランファンドマネジャーが主担当、4年連続受賞
バランス(成長)型 部門
  • 店舗取扱
  • つみたてNISA
  • NISA
  • しっかり運用セットNEO

投資方針と選定ポイント

投資方針

当ファンドは、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内株式、先進国株式、新興国株式の6資産に分散投資するバランス型のアクティブファンドである。基本組入比率は、地域別のGDP(国内総生産)総額の比率を参考に決定し、年1回見直しを行う。2020年12月末現在の基本組入比率は、債券50%(国内5%、先進国30%、新興国15%)、株式50%(国内5%、先進国30%、新興国15%)であり、IMFのデータによると2019年の全世界の名目GDPに占める比率は、日本が5.8%、先進国が53.4%、新興国が40.8%である。原則として為替ヘッジは行わない。年1回(1月20日)決算。

選定ポイント

  • 2020年は3四半期でプラスとなり、年間のトータルリターンは5.64%
  • 3年ローリングリターンは、設定来ほぼ全ての期間でプラス
  • 厳格なルールに基づくファンド運営、バランス型ファンドの運用に注力
オルタナティブ型 部門
  • 店舗取扱
  • つみたてNISA
  • NISA
  • しっかり運用セットNEO

2015年~2019年までのモーニングスターアワード受賞歴

  • 2019年:優秀賞
  • 2017年:同ファンドの年一回決算型が受賞
  • 2016年:最優秀賞

投資方針と選定ポイント

投資方針

当ファンドは、日本を除くアジア各国・地域(オセアニア含む)のREIT(不動産投資信託)を主要投資対象とし、高い配当利回りを目指すアクティブファンドである。銘柄選択では、個別銘柄のリスク分析、市場分析及び現地調査に加え、銘柄ごとの成長性、割安度、ESGへの取り組みを勘案する。投資先ファンドの運用は、スミトモ ミツイDS アセットマネジメント(シンガポール)の投資助言を受け、三井住友DSアセットマネジメント(以下、同社)が行う。毎月(12日)決算。

選定ポイント

  • 2020年のリターンは類似ファンド分類内第5位
  • 3年リターンは類似ファンド分類内TOP5入り、レーティングは直近8カ月連続5ツ星
  • アジアに拠点複数、実質5度目の受賞
  • 店舗取扱
  • つみたてNISA
  • NISA
  • しっかり運用セットNEO

2015年~2019年までのモーニングスターアワード受賞歴

  • 2019年:同ファンドのBコースが受賞
  • 2015年:同ファンドのBコースが受賞

投資方針と選定ポイント

投資方針

当ファンドは、米国のリートを主要投資対象とするアクティブファンドである。ポートフォリオの構築は安定的な配当が見込める銘柄を、セクターや地域配分を考慮し選定する。マザーファンドは、米国最初のリート専用の運用会社で、グローバルなリサーチ力と運用力を有するコーヘン&スティアーズ・キャピタル・マネジメント・インク(以下、コーヘン・スティアーズ)が行う。毎月(17日)決算。

選定ポイント

  • 2020年のトータルリターンは第5位、運用の効率性は第4位
  • 5年リターンは第1位、継続して優れた運用実績
  • 経験豊かなファンドマネージャーが担当、後継教育を行い継続した運用を図る
ESG型 部門
  • 店舗取扱
  • つみたてNISA
  • NISA
  • しっかり運用セットNEO

投資方針と選定ポイント

投資方針

当ファンドは、日本を含めた世界の株式等の中から、好ましい社会的インパクトをもたらす事業によって、長期の視点から成長が期待される企業の株式に選別投資を行うアクティブファンドである。銘柄選定にあたっては、ESGの投資手法の一つで、社会的利益と経済的利益の双方の獲得を目指すインパクト投資と、成長株への長期投資を組み合わせる「ポジティブ・チェンジ戦略」を採用する。MSCI オールカントリー・ワールド インデックス(配当込み、円ベース)を参考指数とする。投資先ファンドの運用は、ベイリー・ギフォード・インベストメント・マネジメント(ヨーロッパ)リミテッド(以下、ベイリー・ギフォード)が行う。年1回(6月25日)決算。

選定ポイント

  • 2020年は運用の効率性とリターンがESG型でトップ、グローバル株式内でもいずれも上位4%以内
  • ESGの視点で独自性の高いポートフォリオを構築、株式市場の上昇・下落いずれの局面でも優位
  • チーム運用で株価が5年で2倍になる潜在力を評価、米国籍ファンドは5ツ星でリターンが上位1%

ご購入方法

  • 投資信託口座をお持ちでない方

    投資信託口座開設
  • 投資信託口座をお持ちの方

    インターネットバンキングにログイン

投資信託に関する留意点

  • 投資信託は預金や保険ではありません。
  • 投資信託は預金保険制度・保険契約者保護機構の対象ではありません。また、当行でご購入いただきました投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は、国内外の有価証券等(株式、公社債、不動産投資信託(REIT)、投資信託証券等)に投資をしますので、投資対象の価格の変動、組入有価証券の発行者にかかる信用状況等の変化、外国為替相場の変動、投資対象国の格付の変更等により基準価額が変動します。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入いただきましたお客さまに帰属します。
  • 投資信託については元本および利回りの保証はありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。
  • 当行はご購入・ご換金のお申込みについて取扱を行っております。投資信託の設定・運用は各委託会社が行います。
  • 投資信託のご購入にあたっては購入時手数料(基準価額の最大3.3%(税込))がかかることがあります。また、換金時に信託財産留保額(基準価額の最大0.50%)がかかることがあります。これらの手数料等とは別に運用管理費用(信託報酬)(投資信託の純資産総額の最大年2.42%(税込))と監査報酬、有価証券売買手数料、組入資産の保管等に要する諸費用などその他費用等(運用状況等により変動し、事前に料率、上限額を示すことができません。)を信託財産を通じてご負担いただきます。お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。これらの手数料や諸経費等はファンドごとに異なります。詳細は各ファンドの目論見書等をご確認ください。
  • 投資信託のご購入に際しては、必ず最新の「目論見書」および「目論見書補完書面」により商品内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。一部の投資信託には、信託期間中に中途換金ができないものや、換金可能日時があらかじめ制限されているものなどがありますのでご確認ください。
  • 当行ホームページに掲載されている目論見書は、常時、最新の情報の提供を保証するものではありませんので、投資信託をご購入になる際にはインターネットバンキング注文入力画面の目論見書または店舗にてお渡しする目論見書を必ずご確認ください。
  • 投資信託は個人のお客さまのみ、また、原則として20歳以上のご本人さまによるお取引とさせていただきます。

(2021年3月31日現在)

商号等:株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
加入協会:日本証券業協会

Morningstar Award“Fund of the Year 2020”に関する留意事項

Morningstar Award “Fund of the Year 2020”は過去の情報に基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。
著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。
当賞は、国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、各部門において総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。