ホーム>節約術>PayPay、LINE Pay、メルペイ、Origami…スマホ決済の銀行連携はイオン銀行が便利

PayPay、LINE Pay、メルペイ、Origami…スマホ決済の銀行連携はイオン銀行が便利

    • 節約術

スマホ1つで買い物や支払いができてしまうQR決済が人気です。PayPay(ペイペイ)、LINE Pay(ラインペイ)、Origami(オリガミ)、メルペイ……各社さまざまなアプリをリリースしています。イオン銀行の「即時口座振替サービス」を利用すると、これらのアプリで使うお金を簡単に入金(チャージ)したり、支払口座にできたりして便利です。

手間なくお得なQR決済

即時口座振替サービスを紹介する前に、QR決済について紹介しましょう。
QR決済は、支払いのときにスマホに表示させたQRコードを端末で読み取るだけで決済ができてしまうサービスです。店舗にあるQRコードをスマホで読み取ることで決済するものもあります。現金を使わない「キャッシュレス決済」の新しい形として、急速に普及しつつあります。

QR決済の人気の秘密は、何より楽ということです。スマホを店頭で出すだけで買い物ができるわけですから、店頭で現金を数えて出す手間はなくなります。財布を持ち歩く必要すらなくなるでしょう。
また、現金での買い物では基本的に何の特典もありませんが、QR決済の多くは各社のポイント還元が受けられたり、割引が受けられたりすることがあるのです。
今やポイントは「第3のお金」。QR決済を上手に使うことで、お金をちょこっと増やすことができる時代なのです。

チャージ・支払いがスムーズにできる即時口座振替サービス

QR決済のアプリで使用するお金は、主に銀行連携・クレジットカード・ATMで入金します。

銀行連携は、銀行口座からお金を前もってチャージしたり、支払い時に指定した銀行口座からお金を支払ったりする方法です。先払い・即時払い(即時振替)の方法です。
クレジットカードは、文字どおりクレジットカードを利用して支払う方法です。こちらは後払いの方法です。
そしてATMの入金は、銀行などのATMからアプリへの入金手続きを行う方法です。先払いの方法ではありますが、ATMに足を運ぶ必要があります。

イオン銀行の即時口座振替サービスは、お手持ちのイオン銀行口座からQR決済アプリに即時でチャージ(入金)・口座振替ができるサービスです。つまり、銀行連携のサービス、というわけです。手数料は原則無料※、チャージの指示はスマホで簡単にできるので、手間がなく便利です。対応するアプリはPayPay、LINE Pay、Origami、メルペイの4種類です。

  • イオン銀行口座からの口座振替手数料は無料ですが、一部支払先企業によっては利用手数料がかかる場合があります。

具体的には、PayPay、LINE Pay、メルペイの3種類に対してチャージが可能。チャージしたお金は支払いに当てられるのはもちろん、アプリを利用してお金を他の人に送金したり、割り勘などのサービスを使ったりすることもできるようになります。
Origamiは即時払いのサービスなので事前のチャージは不要。イオン銀行の口座を支払い口座にすると、利用時にその口座からお金が自動的に差し引かれます。

銀行によって、即時口座振替に対応しているサービスが異なります。イオン銀行なら、上記の4種類に対応しているので普段利用しているお店の大部分を網羅しているでしょう。

イオン銀行の口座を登録して、支払いのときにそのお店で使えるアプリを起動して、提示するだけ。どのアプリでも同じように利用できて便利です。

以上、QR決済を利用するときに便利なイオン銀行の即時口座振替サービスを紹介してきました。

複数のアプリに同じイオン銀行の口座を登録しておけば、キャッシュレス決済に使った金額も見えやすくなって便利でしょう。これからますます浸透すると思われるQR決済。あなたもイオン銀行の口座を登録して、はじめてみませんか。

今回のまとめ

  • イオン銀行の即時口座振替サービスは、お手持ちのイオン銀行口座からQR決済アプリに即時でチャージ(入金)・口座振替ができるサービス
  • 即時口座振替サービスはPayPay、LINE Pay、Origami、メルペイの4つのアプリに対応している

オススメ

  • 本ページは2019年9月時点での情報であり、その正確性、完全性、最新性等内容を保証するものではありません。また、今後予告なしに変更されることがあります。

マネーコンサルタント 頼藤 太希

慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けWEBメディア『FP Cafe®』や月100万PV超の『Mocha(モカ)』を運営。メディアなどで投資に関するコラム執筆、書籍の監修、講演など日本人のマネーリテラシー向上に努めている。著書は「入門 仮想通貨のしくみ」(日本実業出版社)、「投資信託 勝ちたいならこの7本!」(河出書房新社)など多数。日本証券アナリスト協会検定会員。ファイナンシャルプランナー(AFP)。

mmag_000164

ページトップ戻る