ホーム>イオンでおトク>FPがおすすめする自分にあった銀行の選び方

FPがおすすめする自分にあった銀行の選び方

    • イオンでおトク

今お使いの銀行口座は、どのようなきっかけで利用し始めましたか?お勤め先から指定された給与振込先の銀行口座をなんとなく使い続けている、有名な銀行だから選んだ…など、なんとなくの理由で銀行を選んだ方も多いのではないでしょうか。

気が付けば、以前に比べて多くの銀行が存在しています。そんな中、銀行の選び方次第でトクすることも損することもあります。今回は、どんなポイントで利用する銀行を選べば良いのか、考えてみたいと思います。

銀行の分類は大きく3種類

まず私たちの身近にある銀行を大きく3つに分けると「都市銀行」「地方銀行」「ネット銀行」に分けられます。

都市銀行 東京や大阪などの大都市に本店があり、全国に展開する大きな規模の銀行。全国に支店が存在する。
地方銀行 地方都市に本店があり、その地方を基盤にローカルに展開する銀行。その地方では支店数も多く、サービスも充実していて、地域に向けて特別金利などのおトク得なキャンペーンなどが開催されることもある。
ネット銀行 主にオンライン上で取引する、ほぼ店舗を持たない銀行。ローコストで運営しているので、他の銀行に比べて普通預金金利が高く、手数料が安いなど利用者にとってコストの部分で優れている。

以上のように、大きく3つに分けてみるだけでも、ご自身の使い方や選び方が見えてきたのではないでしょうか。

銀行選びのポイントは「貯める・増やす」「使う」「借りる」「守る」の4つ

それでは次に、目的別に銀行の選び方のポイントを考えてみたいと思います。

  • 貯める・増やす
  • 使う(利便性)
  • 借りる
  • 守る(安心)

この、4つの視点で考えて行きましょう。

貯める・増やす

貯蓄は自動積立が鉄則です。ほとんどの銀行で自動積立ができますが、銀行により異なる点は「金利」です。貯めたい、増やしたい、を考える場合には、まず「普通預金金利が高いこと」に注目して比較してみてください。上記でも述べましたが、都市銀行、地方銀行に比べてネット銀行は普通預金金利が高く、預金種類によっては100倍以上もの差がつくこともあります。コツコツ貯めて大きな金額に増やして行きたいという人は、ネット銀行がオススメです。

銀行の預金を使ってもっと積極的にお金を増やしたいという場合は、円だけではなく外貨での運用ができる外貨預金のある銀行もオススメです。外貨預金における銀行の選び方としては、

  • 為替手数料が安いこと
  • 外貨普通預金金利が高いこと

をチェックして選びましょう。ここでもネット銀行の方が手数料や金利面で有利になることが多いです。

使う(利便性)

銀行を便利に使いたいと思う場合は「入出金の利便性」「店舗の有無と相談のしやすさ」「振込手数料の料金」についてチェックしましょう。

  • 日常生活の行動範囲においてのATMの場所や数(入出金の利便性)
  • 店舗(窓口)の有無や店舗の場所(直接相談できるか、相談しやすいかどうか)
  • 振込手数料(毎月振り込む機会がある場合は、振込回数によって手数料が無料になる銀行も)

ご自身が普段どのような行動パターンか、どこでどんな買い物が多いのか、銀行をどのように利用したいのか、今一度振り返ってみると自分にあった銀行がはっきりしてくるはずです。

借りる

将来、マイホーム、マイカー購入などでローンを組む際の「融資」も視野に入れて、どの銀行でローンを組みたいかを視点に入れて銀行選びをするとスムーズなことが多いです。

なぜなら、ローンを組む際には「金利」がかかります。この時にかかる金利は「お金のレンタル料」のようなものです。当然ローンの金利は安く済ませたいですよね。将来マイホームやマイカーを持つときに、より良い条件でお金を借りるためには、ローン金利の水準が低い銀行を選ぶことが大切です。

守る(安心)

古くからある銀行や大きな銀行こそが「安心」と考えがちですが、これは預金保険制度(ペイオフ制度)に加入している銀行であれば、どこも同じです。万が一銀行が破綻するようなことがあっても1,000万円(+利息)までは保証されます。(※但し外貨預金は対象外。)もし1,000万円以上のまとまった資産がある場合は、いくつかの銀行に分けておくのが良さそうですね。

以上の視点から考えると、ご自身にあった銀行はどんな銀行なのか?見えてきましたでしょうか。一つの銀行だけに絞らず、メインバンク(給料振込先口座、使う口座)とサブバンク(貯める口座、増やす口座)など2~3個目的別に銀行口座を使い分けるのも良いと思います。

イオン銀行はどんな銀行?特徴は?

イオン銀行は先にご紹介した「都市銀行」「地方銀行」「ネット銀行」の3つの銀行の良いとこ取りをしたような銀行です。

普通預金金利や外貨普通預金金利がおトク!

  • 普通預金金利が最大年0.15%(税引前)
    • 2019年4月よりイオン銀行Myステージ特典として
  • 外貨預金は為替手数料(円から外貨への交換)が0円

ATMの設置台数が多く、手数料が無料

  • イオンモール・イオン・ミニストップなど全国6,000台以上。24時間365日手数料無料
  • 提携金融機関ATMは全国55,000台以上で 平日日中手数料0円
  • 手数料が発生するATMを利用する際も他行ATM入出金手数料が最大月5回まで無料
    • イオン銀行Myステージ特典として

店舗は年中無休、夜9時まで営業しており、気軽に対面相談できる

  • イオン銀行の店舗は全国で140店舗以上。ネットで来店予約も可能
    • 一部の店舗では、営業時間が異なります。

オンライン上での決済や送金が便利

  • 手数料0円で他行口座からイオン銀行口座に入金できる「自動入金サービス」
  • 公共料金・国民年金保険料の口座振替で電子マネーWAONポイントがたまる「口座振替サービス」
  • 「通帳アプリ」を使えば、スマホから簡単に残高確認や取引明細の確認が可能

店舗や地域限定のキャンペーンを実施

  • Web上でのキャンペーンはもちろん、特別金利やプレゼントなどがもらえる店舗・地域限定でキャンペーンを実施

イオン銀行にも様々なサービスや便利な機能がありますね。何か気になる特徴はありましたか?
長期的に考えると、ほんのわずかな金利の差や利便性の差が、積み重なると、大きな金額や時間の差に繋がります。ご自身にあった銀行を上手に選び、賢く便利に利用したいものですね。

今回のまとめ

  • 銀行の分類は大きく「都市銀行」「地方銀行」「ネット銀行」の3種類に分けられる
  • 銀行選びのポイントは「貯める・増やす」「使う」「借りる」「守る」の4つ
  • イオン銀行は3つの銀行の良いとこ取りでオンラインの利用も、実店舗の利用も便利

オススメ

お申込みに際しては、以下の留意点を必ずご確認ください。

  • 本ページは2019年4月時点での情報であり、その正確性、完全性、最新性等内容を保証するものではありません。また、今後予告なしに変更されることがあります。

ファイナンシャルプランナー 岡崎 あゆみ

中立的な金融教育機関にて約10年間、講師として登壇中。年間の講演回数は200回以上。また乗合保険代理店での保険の見直し相談経験も。経済や資産運用について身近に感じられるよう、受講生の立場に立ってわかりやすく親しみやすい伝え方を心がけ、講演、執筆を行っている。

mmag_000140

ページトップ戻る