SPECIAL 02

SPECIAL 01

マーケティング部
2017年入社

マーケティング 資産形成商品を担当し、
「お客さまに選ばれる仕組みづくり」を企画

3年半の店舗スタッフ経験を経て、現在マーケティング部で働いています。マーケティング部は、販売促進のためのキャンペーン、セミナーの企画や効果検証、新商品リリース時の販促物の準備など、「お客さまに選ばれる仕組みづくり」に携わる業務を行う部署です。中でも私は資産形成商品の担当で、企画書を書いたり、SNSやメルマガでどのようなメッセージを伝えるか、Web広告のバナーやチラシでお客さまが目を引く構成はどのようなものかを考えたりしています。イオン銀行にはイオンにご来店されるお客さまの購買データを活用できるというイオングループならではの強みがありますので、データ分析を行うアナリティクスセンター等の他部署と連携して、どのようなターゲット層にキャンペーンを実施するかなどを企画しています。自身のアイデアが反映されたキャンペーンや、制作に携わった広告等が全国に展開された時は、非常にやりがいを感じます。

イオン銀行の特徴 やってみたいことに挑戦できる環境

店舗スタッフ時代は、小さなことで気軽にご来店いただいた際にも、資産運用のお声がけをするなど、お会いするたびに信頼関係を深め、さまざまなご相談をいただきました。やがて「店舗での経験を活かして、自分でもキャンペーンや施策を考えてみたい」という気持ちが強くなり、異動の希望を出しましたが、異動が決まって店舗を離れる際、お客さまが泣いてくださったときは、信頼関係が築けていたのだと嬉しく思いました。イオン銀行には自己申告制度があり、希望を出し、やりたい仕事に挑戦できる環境があります。店舗スタッフ時代にお客さまと会話し、どうしたら商品やサービスに興味を持っていただけるか、どのようなセミナーやキャンペーンが喜ばれるか、反対に、このキャンペーン適用条件ではお客さまにとってハードルが高い等を肌で感じた経験は、今の仕事に大いに役立っています。

私の挑戦 親しみやすい銀行だからこそ、
はじめての方の資産形成の役に立ちたい

イオン銀行は身近さや親しみやすさから、はじめて資産運用をされるお客さまも多くいらっしゃいます。店舗スタッフ時代、頑なに「リスクがある商品は絶対したくない」と仰っていた資産運用初心者のお客さまがいらっしゃいました。その後も、カードの使い方など他のご用件で立ち寄ってくださることがありましたので、お客さまと顔見知りになり、親身な対応を積み重ねたところ、だんだんと私に心を開いてくださり、最終的にイオン銀行で取り扱いのある全商品を契約してくださったことがありました。お客さまが私を信頼して一歩踏み出してくださったことは、銀行員としてとても嬉しかった瞬間で、今でも印象に残っています。また、いつでもお買い物ついでに気軽に来店でき、お客さまと近い距離でいられるイオン銀行だからこそ、築けた関係だと思っています。ですから今後の目標は、現在の仕事を通して「はじめての資産運用はイオン銀行」という方を1人でも増やし、お客さまの資産形成のお役に立つことです。また、イオン銀行は若手も女性も活躍できるチャンスがたくさんあります。現在のチームのマネージャーも女性で、分析力もチームをまとめ上げる力もある方です。ゆくゆくは私もその先輩のようになれたらいいなと思っています。

MESSAGE

若手でもチャレンジできる
風通しのよい銀行なので、
やってみたいことが
たくさんある方におすすめ。

OFF STYLE

10日間の長期休暇制度を利用して、地元へ帰省したり、旅行を楽しんだりしています。休暇を取る時期を毎年自由に選べるので、友達と紅葉が綺麗なシーズンに軽井沢へ行ったり、富士山に登頂したり、アクティブに過ごすことでリフレッシュしています。

※取材当時