ホーム>暮らす><みんなの平均>子どもの教育費、いくらかかる?

<みんなの平均>子どもの教育費、いくらかかる?

    • 暮らす

「1人1,000万円以上かかる」と言われている教育費ですが、実際にどれくらいかかるのかは、子どもの進路によって大きく違います。

今回は文部科学省の学習費調査などをもとに、子どもの教育費について考えて行きましょう。

幼稚園から高校までにかかる費用。幼稚園、小学校、中学校、高等学校、合計で必要な費用の順(単位は万円)、公立の場合、68+193+143+135=540万円。幼稚園だけ市立の場合、145+193+143+135=616万円。高等学校だけ私立の場合、68+193+143+311=716万円。幼稚園及び高等学校が私立の場合、145+193+143+311=792万円。小学校だけ公立の場合、145+193+398+311=1047万円。すべて私立の場合、145+917+398+311=1770万円。
「文部科学省平成28年度子供の学習費調査」より作成。千円以下は四捨五入。
学習費の内訳は「学校教育費」「学校給食費」「学校外活動費」

当たり前だけど、公立と私立で子どもの教育費は大きく変わる

現在子育て中のご家庭では、これから子どもの教育費がどれくらいかかるか気になるところです。幼稚園に入園してから高校を卒業するまでの15年間どのような進路に進むかによって教育費には大きな差が出ます。

公立と私立の学習費

幼稚園2.1倍、小学校4.7倍、中学校2.8倍、高等学校2.3倍。
「文部科学省平成28年度子供の学習費調査」より作成。小数第2位以下は四捨五入。

全国の公立と私立の幼稚園、小学校、中学校、高等学校(全日制)に通う子どもを対象とした「平成28年子供の学習費調査」(文部科学省)をみてみると、公立と私立では大きく違うことがわかります。下表は1年間の平均学習費の一覧ですが、幼稚園でも私立では公立の2倍以上の金額がかかることがわかります。

また、小学校では公立と私立の差額が大きく、1年間で公立小学校の約5倍もの教育費がかかることがわかります。

(円)

区分 幼稚園 小学校 中学校 高等学校(全日制)
公立 私立 公立 私立 公立 私立 公立 私立
学習費総額 233,947 482,392 322,310 1,528,237 478,554 1,326,933 450,862 1,040,168
学校教育費 120,546 318,763 60,043 870,408 133,640 997,435 275,991 755,101
学校給食費 20,418 29,924 44,441 44,807 43,730 8,566
学校外活動費 92,983 133,705 217,826 613,022 301,184 320,932 174,871 285,067

「文部科学省平成28年度子供の学習費調査」より作成

進路次第では総額で1,000万円以上の差がある

公立の学校に進むか、私立の学校に進むか、高等学校卒業までの15年間で考えてみるとどのくらいの違いがあるのでしょうか。
図「幼稚園から高校までにかかる学習費」は1年間の平均をもとに、進路別の15年間にかかる教育費をまとめたものです。幼稚園から高等学校まで全て公立だと540万円ですが、幼稚園から全て私立だとすると総額で1,770万円もかかります。こちらの数字には学校外の活動費も含まれます。

幼稚園から高等学校までの進路の選択肢はいくつもありますが、幼稚園は公立でも私立でも高等学校だけが私立の場合は、それほど大きな差がないことがわかります。やはり、負担の大きい小学校、中学校から私立に行くとなると1,000万円以上かかることは覚悟しておくことが必要です。

大学は仕送りや生活費支援の有無でも変わる

大学生になると、国立、公立、私立の他に選択した学部や、自宅からの通学、寮からの通学、アパートなどでの一人暮らしかによっても大きく違います。下表は独立行政法人日本学生支援機構「平成28年度学生生活調査結果」のもので、国立、公立、私立の学校の種類と、自宅、寮、アパート暮らしでそれぞれかかる金額の表です。

学校の種類では国立大学は私立大学の半分程度の授業料で済むので、通学費や生活費にそれほどの違いがなければ、自宅から国立大学への進学が一番負担は少ないと言えます。しかし、住居や水道光熱費の負担のある寮やアパートから通学をするとなると生活費が一気に増えます。

国立大学で授業料は安くても、アパート通学になると金額は約70万円も多くなります。さらに、私立大学でアパート通学の場合、授業料と生活費を含め年間約250万円かかることがわかります。自宅から国立大学に通う場合と比べて年間2.5倍もの金額が必要になるのです。

(円)

区分 自宅
国立 公立 私立 平均
支出 授業料 500,400 518,800 1,022,200 950,900
その他の
学校納付金
11,300 14,300 146,200 127,700
修学費 46,000 51,500 44,200 44,600
課外活動費 45,500 27,700 30,100 31,600
通学費 96,400 98,700 100,100 99,600
小計(学費) 699,600 711,000 1,342,800 1,254,400
生活費 390,500 390,100 416,600 412,800
1,090,100 1,101,100 1,759,400 1,667,200
区分 学寮
国立 公立 私立 平均
支出 授業料 419,700 515,600 1,035,400 887,900
その他の
学校納付金
14,400 31,300 177,600 138,200
修学費 45,600 34,200 49,400 48,000
課外活動費 48,800 19,000 61,500 57,300
通学費 10,800 9,300 16,600 15,200
小計(学費) 539,300 609,400 1,340,500 1,146,600
生活費 816,900 704,900 875,000 856,500
1,356,200 1,314,300 2,215,500 2,003,100
区分 下宿、アパート、その他
国立 公立 私立 平均
支出 授業料 503,100 521,400 1,115,900 883,500
その他の学校納付金 8,000 18,000 182,500 116,700
修学費 49,800 43,200 47,800 48,000
課外活動費 52,300 28,300 35,100 39,700
通学費 10,000 18,100 21,900 18,000
小計(学費) 623,200 629,000 1,403,200 1,105,900
生活費 1,120,300 1,045,600 1,089,300 1,095,100
1,743,500 1,674,600 2,492,500 2,201,000

「独立行政法人日本学生支援機構平成28年度学生生活調査結果」より作成

今回のまとめ

  • 私立学校は、公立の2倍から5倍も教育費がかかる
  • 大学にかかる費用は授業料だけではない。国立自宅通学と私立ひとり暮らしでは約2.3倍もの費用が違う

オススメ

関連コラム

  • 本ページは2019年6月時点での情報であり、その正確性、完全性、最新性等内容を保証するものではありません。また、今後予告なしに変更されることがあります。

ファイナンシャルプランナー(CFP) 黒須 かおり

女性を中心に、一生涯を見守るFPとしてmoney&キャリアのコンサルティングを行う。幸せになるためのお金の知識など幅広い資金計画とライフプランのアドバイスを手がけている。金融機関にて資産形成のアドバイザーとしても活動中。FP Cafe登録パートナー

mmag_000161

ページトップ戻る