ホーム>ためる・ふやす>20代~60代で1,000万円貯めている人・貯蓄ゼロの人の割合はそれぞれどれくらい?

20代~60代で1,000万円貯めている人・貯蓄ゼロの人の割合はそれぞれどれくらい?

    • ためる・ふやす

同じ歳で、同じような仕事をし、同じくらいの収入を得ていても、貯蓄は千差万別。1,000万円貯めている人もいれば、貯蓄がまったくないという人もいるのです。

今回はデータをもとに1,000万円以上貯めている人の割合・貯蓄ゼロの人の割合をのぞいてみましょう。合わせて、お金を貯めるための方法も紹介します。

一人暮らしの「貯蓄1,000万円以上」「貯蓄ゼロ」はどれくらい?

2021年1月に金融広報中央委員会が公表した「家計の金融行動に関する世論調査」によると、一人暮らしの方で「貯蓄1,000万円以上」「貯蓄ゼロ」と答えた人の割合は次のようになっています。年代別に見てみましょう。

貯蓄1,000万円以上 貯蓄ゼロ
20代 1.7% 43.2%
30代 9.1% 31.1%
40代 17.3% 35.5%
50代 20.2% 41.0%
60代 32.2% 29.4%

20代で1,000万円以上貯蓄があるという方も1.7%いますが、さすがに少数派です。しかし、30代、40代となるにしたがって1,000万円以上貯蓄があると答える割合も増加していきます。60代では約30%の方が貯蓄1,000万円以上を達成しています。
一方で、20代の約40%は貯蓄ゼロです。まだ収入が少ないからお金を貯めるのは難しいのかもしれないと思いきや、30代〜40代では30%以上の方が貯蓄ゼロ、50代では約40%と20代とほぼ同じ割合となっています。そして60代では貯蓄1,000万円以上の割合とほぼ同じく、約30%の方が貯蓄がまったくない状態なのです。老後には年金がもらえますが、老後の生活費は年金だけでは不足します。これでうまくやっていけるのか、心配です。

二人以上世帯の「貯蓄1,000万円以上」「貯蓄ゼロ」はどのくらい?

同様に、二人以上世帯の「貯蓄1,000万円以上」「貯蓄ゼロ」も見てみましょう。

貯蓄1,000万円以上 貯蓄ゼロ
20代 4.0% 16.0%
30代 20.4% 8.2%
40代 32.7% 13.5%
50代 42.0% 13.3%
60代 46.7% 18.3%

貯蓄1,000万円以上の割合は、20代~60代までいずれも一人暮らしよりも多くなっています。夫婦共働きで協力してお金を貯めている世帯や、教育費や住居費などのお金を貯めている世帯があるでしょう。60代の二人以上世帯では約46%が貯蓄1,000万円以上を実現しています。

貯蓄ゼロの割合は、どの年代を見ても一人暮らしより少なくなっています。それでも、20代時点で16.0%の人が貯蓄ゼロです。以後、30代で8.2%と大きく減少し、40代・50代では13%台になっていますが、60代では18.3%と、約4分の1の方が貯蓄ゼロのまま老後を迎えています。

先取り貯蓄で貯め癖をつけて貯まる人になろう!

貯蓄1,000万円を貯めている人が一定程度いる中で、貯蓄ゼロ世帯も多くいます。お金を貯められるかどうかは、「お金を貯める」という意識だけでなく、それを行動に結びつけ仕組み化できているかどうかです。

お金を貯めるための基本はずばり、「先取り貯蓄」です。先取り貯蓄は、給料などの収入があったらまず先に貯蓄分を取り分けて、残ったお金で生活のやりくりをする方法です。

お金が貯まらない人の多くは、収入が入ったら先に使い、余ったら貯蓄するという「後から貯蓄」をしています。しかし、この方法では月によって使い過ぎてしまい、貯蓄ができないということもあります。

× 収入―支出=残りを貯蓄
○ 収入―貯蓄=残りで支出

その点、先取り貯蓄なら、先に貯蓄分を確保して、残ったお金で生活しますので、貯蓄できないということがありません。ですから、自然とお金が貯まっていくのです。

もし、貯蓄ゼロから1,000万円貯めようとすると、単純計算で、10年で月約8.3万円、20年で月約4万円、30年で月約2.7万円ずつ貯蓄していけばいいのです。いきなり何万円も貯蓄するのは難しいかもしれませんが、まずは数千円でも始めることが大切です。そうすれば、少しずつ貯蓄ゼロの不安から解放されるはずです。

積立定期預金+つみたてNISAのコンボで着実にお金を貯めよう

先取り貯蓄は銀行の定額自動入金サービスを使うと、給与の振込口座からお金を貯める口座に自動で入金できます。給料日の翌日などに設定しておけば、振込の手間もなく確実に先取り貯蓄できます。

イオン銀行の積立式定期預金なら、毎月の預入れ日を指定すると、その指定した日に普通預金からお金を振り替えて自動的に貯めてくれます。月々500円からできるうえ、口座開設日から6カ月〜40年後の期間で取り組むことができるので、目標に向けてお金を確実に貯めることができます。しかも金利も年0.01%(税引後 年0.007% 2021年11月10日現在)となっています。

また、積立式定期預金と合わせてつみたてNISAを活用した投信積立も活用しましょう。つみたてNISAでは、年間40万円までの投資で得られた利益が最長20年間非課税にできます。本来の税率は20.315%。それが非課税になるのですからより効率よく投資ができます。
つみたてNISAで買える投資信託は、購入時の販売手数料が0円、その上で、投資信託を持っているときにかかる信託報酬が低いという条件をクリアした商品となっています。

イオン銀行のつみたてNISAでは20種類の投資信託を運用できます。

今回のまとめ

  • 貯蓄1,000万円以上の割合は年代が上がるにつれて増えるが、貯蓄ゼロの割合は年代ごとにそれほど変わらない
  • お金を貯めたいなら、早いうちからの貯蓄癖が大切。先取り貯蓄で確実に貯めるのがおすすめ
  • イオン銀行の積立式定期預金では先取り貯蓄を自動的にできる。
  • 投資信託の積立をするなら、つみたてNISAを活用しよう。購入時手数料が0円、保有しているときの信託報酬が低いという条件をクリアした商品が揃っている。
  • 本ページは2020年10月時点での情報であり、その正確性、完全性、最新性等内容を保証するものではありません。また、今後予告なしに変更されることがあります。

お申込みに際しては、以下の留意点を必ずご確認ください。

オススメ

マネーコンサルタント 頼藤 太希

株式会社Money&You代表取締役。中央大学客員講師。慶應義塾大学経済学部卒業後、アメリカンファミリー生命保険会社(アフラック)にて資産運用リスク管理業務に6年間従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けWebメディア『FP Cafe』や『Mocha(モカ)』を運営。『SNS時代に自分の価値を最大化する方法』(河出書房新社)、『入門 仮想通貨のしくみ』(日本実業出版社)、『投資信託 勝ちたいならこの7本!』(河出書房新社)ほか著作・共著・監修書多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ファイナンシャルプランナー(AFP)、日本アクチュアリー会研究会員。twitter→@yorifujitaiki

mmag_000243

ページトップ戻る