ホーム>WealthNavi for イオン銀行(ロボアドバイザー)

数字で振り返るWealthNavi ロボアドバイザーNO.1 預かり資産・運用者数

WealthNavi for イオン銀行(ロボアドバイザー)

資産運用の王道「長期・積立・分散」を始めよう WealthNavi for イオン銀行 詳しくはこちら
追加のタイミングと金額はどうしたらいいの? WealthNavi for イオン銀行 詳しくはこちら

WealthNaviとは?

資産運用を全自動で行う、預かり資産・運用者数が国内No.1(※)のロボアドバイザーです

運用プランを設定して入金いただければ、あとはWealthNaviが全自動で世界水準の資産運用を行います。

一般社団法人日本投資顧問業協会「契約資産状況(最新版)(2019年3月末現在)」よりモーニングスター社調べ(2019年6月時点)

WealthNaviは、世界中に分散投資をします

世界主要国・新興国の経済成長率(2015年、IMF)
※「2016年7月世界経済見通し(WEO) 改訂見通し」IMF 2016年7
月19日発表資料をもとにウェルスナビ株式会社作成

WealthNaviは、6~7つのETFを通じ、約50カ国、11,000社以上に国際分散投資を行います。
幅広い国や地域を投資対象に含めることで、リスクを抑えつつ、世界経済の成長率を上回るリターンを目指します。

  • Q. ETFとは何ですか?

    A.ETF(Exchange Traded Fund、上場投資信託)とは証券取引所で取引される投資信託の一種です。
    世界中のさまざまな資産を対象にでき非常に多くの銘柄に分散投資が可能という投資信託と同様のメリットがあり、一般的な投資信託より低コストなものが多く、長期運用に適した金融商品であると考えられます。
    また、米国の株式市場など特定の地域、特定の資産の全体的な値動きに連動するように作られたものが多く、少ない銘柄で国際分散投資を実現することが可能です。

  • Q. なぜ国際分散投資を行うのですか?

    A.投資対象を日本に限定せず世界に広げることで、世界の経済成長の恩恵を受けることが可能となります。また、日本では天然資源など多くのものを輸入に頼っているため、円安による物価上昇という潜在的なリスクがありますが、国際分散投資はその対応策となります。

WealthNaviの多彩な機能は、単なる「資産運用の自動化」にとどまりません

自動積立や自動リバランスなど、WealthNaviには、あなたの資産運用をもっと快適に進めるための機能がそろっています。

料金体系もとてもシンプル

手数料は預かり資産に対してのみです。売買手数料や入出金手数料はいただいておりません。

手数料

3,000万円まで

1.0

3,000万円を超える部分

0.5

手数料は預かり資産の年率1.0%(現金部分を除く、税別)、3,000万円を超える部分は年率0.5%(現金部分を除く、税別)のみ。売買、入出金、自動積立には手数料はかかりません。

為替手数料

0

上場投資信託(ETF)の購入・売却やリバランスの為替手数料は一切かかりません。

為替スプレッド

0

実質的な為替手数料である「為替スプレッド」はありません。

  • Q. 手数料は、いつ、どのように支払うことになりますか?

    A.1ヶ月分の手数料を翌月の1日(休日の場合は翌営業日)にお客さまの口座の現金部分から自動的に引き落としさせていただきます。

WelthNaviによる資産運用シミュレーション

6つの質問で運用プランを診断します

6つの質問に回答するだけで、お客さまの運用プラン(リスク許容度)を診断し、目標金額の達成可能性をシミュレーションします。

画面はイメージであり、実際の無料診断結果とは異なります。また、表示された結果の正確性、信頼性、完全性、適時性等を一切保証するものではありません。

最短1分!最適な運用プランがわかる!

無料診断

イオン銀行口座をお持ちの方

WealthNavi for イオン銀行 お申込み

運転免許証と個人番号通知カードまたは個人番号カードをご用意ください

WealthNaviの運用実績

サービス開始後のパフォーマンス(2016年1月19日~2019年6月27日)

モデルケースはWealthNaviのサービスを開始した当初(2016年1月19日)に100万円、その翌月から毎月3万円ずつ積み立てながら投資した場合のものです。
なおWealthNaviは、お客さまのリスク許容度に応じてローリスク・ローリターンの「リスク許容度1」から、ハイリスク・ハイリターンの「リスク許容度5」まで5通りの最適なポートフォリオを提供しており、パフォーマンスはリスク許容度によって異なります。

2016年1月から2019年6月までのパフォーマンス(円建て)

2016年1月から2019年6月までの
リスク許容度別リターン(円建て)

リスク許容度 累積元本額 資産評価額 リターン
1 223万 240万 +7.6%
2 223万 249万 +11.8%
3 223万 255万 +14.4%
4 223万 261万 +17.0%
5 223万 265万 +18.6%
  • Q. リスク許容度とは何ですか?

    A.投資において「リスク」とは「不確実性」という意味で使用されます。リスク許容度とは、中長期的な資産形成を目指すにあたり、どの程度の不確実性を受け入れるかを示したものです。なお、WealthNaviで設定いただくリスク許容度では、数字が大きいほどリスク許容度が高いことになります。
    リターンを得るためにはリスクを受け入れる必要がありますが、その許容度はお客さまの経済的な状況や考え方などによって異なります。どの程度のリスクを受け入れるかを決めた上で、投資を開始していただきます。

当該実績は過去のものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。
グラフ、本文で表示している割合は年率ではありません。資産評価額/累積元本額-1で計算しております。

前提条件
サービス開始当初(2016年1月19日)からWealthNaviの各リスク許容度の推奨ポートフォリオに投資していた場合のパフォーマンス・サービス開始当初(2016年1月19日)に初回投資100万円、その後は毎月3万円を積立投資・半年ごとにリバランス実施・手数料(税込年率1.08%)控除後・分配金やリバランス時の譲渡益にかかる税金は考慮していない・ETFの分配金は権利落ち日に再投資・Thomson Reuters Datastreamのデータに基づきWealthNaviにて作成

ウェルスナビ社CEO柴山氏のWealthNaviでの運用実績

WealthNaviのお客さま

資産運用がはじめての方

毎年「資産運用がはじめて」という方が
増えています。※1

女性のお客さま

2017年5月末からの1年間で、女性の
お客さまは14倍と急増しています。※2

自動積立

お客さまの2人に1人が、毎月の自動積立機能
を利用し、平均3万2000円積み立てています。
※3

  • ※1 2016年7月、2017年7月、2018年6月の各月にWealthNaviで資産運用を開始した人のうち、お申込時の「株・投資信託・外貨預金・FX・債券のいずれかの投資経験がありますか?」の質問に対して、「いいえ」と回答した人の割合
  • ※2 WealthNavi(ウェルスナビ社に直接お申込みいただく「WealthNavi」のみの数値であり、提携サービスは含まない)に口座を開設した女性ユーザー数を2017年5月末時点と2018年5月末時点で比較
  • ※3 2018年6月30日時点。月間積立設定金額を積立設定のある口座数で割って算出
数字で振り返る WealthNaviでもっと詳しく見る

WealthNavi for イオン銀行お申込みの流れ

必要な手続きは3ステップだけ

イオン銀行口座をお持ちでない方は、イオン銀行口座の開設が必要です。

  1. STEP1WealthNavi無料診断を受ける(スキップ可能)

    無料診断のみ受けることもできます。STEP3の申込み手続き中に診断を受けることもできます。

  2. STEP2WealthNavi for イオン銀行を申込む

    無料診断も申込み手続き中にご利用いただけます。

    ご用意いただくもの

    • 運転免許証+個人番号通知カードまたは個人番号カード
    • メールアドレス
    • イオン銀行の口座番号
  3. STEP3WealthNavi for イオン銀行の口座に入金し、資産運用を開始する

    WealthNavi for イオン銀行の口座開設審査後、ご登録いただいた住所に簡易書留をお送りします。

    WealthNaviアプリをまだダウンロードしていない方はこちら

    スマホアプリをご利用いただかなくても、PCやスマホのブラウザでご利用可能です。

最短1分!最適な運用プランがわかる!

無料診断

イオン銀行口座をお持ちの方

WealthNavi for イオン銀行 お申込み

運転免許証と個人番号通知カードまたは個人番号カードをご用意ください

おすすめコンテンツ

よくあるご質問よくあるご質問一覧

最短1分!最適な運用プランがわかる!

無料診断

イオン銀行口座をお持ちの方

WealthNavi for イオン銀行 お申込み

運転免許証と個人番号通知カードまたは個人番号カードをご用意ください

WealthNavi for イオン銀行の重要事項

資産管理・運営について

当行は、ウェルスナビ株式会社の取引口座(ETFの自動運用口座)開設申込みの紹介、勧誘及び取次ぎ、お客さまとウェルスナビ株式会社との間で締結する投資一任契約の媒介を行い、資産の管理・運用はウェルスナビ株式会社が行います。

WealthNavi for イオン銀行について

  • 法人のお客さまは、現在お申込みいただけません。
  • 「WealthNavi for イオン銀行」の口座開設には、イオン銀行の口座が必要です。既に直接または他社経由にて、ウェルスナビ株式会社と投資一任契約を締結されている方は「WealthNavi for イオン銀行」をお申込みいただけません。
  • 「WealthNavi for イオン銀行」に基づく投資一任契約は預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。
  • 「WealthNavi for イオン銀行」は投資一任契約に基づくものであるため、原則としてお客さまが自ら有価証券の個別の売買注文を行うことはできません。
  • ウェルスナビ株式会社は、法令に従い、お客さまの資産と同社の資産を明確に区別する分別管理を行っております。ウェルスナビ株式会社の破たんの場合でも、お客さまの資産は全額返還されます。また、万が一分別管理に不備があった場合でも、返還できないお客さまの資産について日本投資者保護基金が1,000万円まで補償を行います。詳しくはウェルスナビ株式会社までお問合せください。

商号等

株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
加入協会:日本証券業協会

ウェルスナビ株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2884号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

金融商品等の取引に関するリスクと費用(ウェルスナビ株式会社)

相場変動リスク

お客さまが所有するポートフォリオを構成する国内及び海外ETFは、主として株式、債券、コモディティ等を実質的な投資対象とするため、その価格はこれら実質的な投資対象の価格などに応じて大きく変動し、その結果として損失が生じ、また、投資元本を割り込む場合があります。

為替変動リスク

お客さまが所有するポートフォリオを構成する海外ETFに関しては、通貨発行国の金利の変化等により生じる外国為替相場の変動を原因とした損失が生じ、また、投資元本を割り込む場合があります。

信用リスク

お客さまが所有するポートフォリオを構成する国内及び海外ETFが、株式、債券等を実質的な投資対象としている場合、株式や債券等の発行者などの信用状況に変化が生じた場合、当該投資対象の市場価格の変動によって損失が生じ、また、投資元本を割り込む場合があります。

その他リスク

取引所金融商品取引及び外国金融商品取引所取引(国内及び海外ETF)は、市場で取引が行われるものの、市場環境の変更等により取引に支障をきたし、換金できないリスクがあります(流動性リスク)。取引するETFの対象国が休日等の場合、そのETFに係る取引が行われないことがあります。

手数料その他費用の概要

ウェルスナビ株式会社の提供する一連のサービスによりお客さまからもらい受ける手数料は、預かり資産額に対し最大年1.0%(現金部分を除く、税別)です(なお、年365日として計算します。)。預かり資産の日々の時価評価額に対し同社所定の年率により手数料額を日々計算し、原則として同社所定の方法により月初から月末(ただし、お客さまと締結した投資一任契約が終了した場合には当該終了日)までの期間ごとに合計のうえ、月間の手数料額として翌月第一営業日にお支払いいただきます。

手数料に対し別途消費税がかかります。

手数料額は日々の時価評価に応じ計算され計算期間中累計されるため、事前に金額または上限額を表示することができません。また、海外ETFの取引に際しては、同社の定める為替レートが適用されます。外国証券の外国取引にあたっては、外国金融商品市場等における公租公課その他の賦課金が発生します。

費用の詳細については、契約締結前交付書面等をご覧ください。

お問合せ

WealthNaviの口座開設手続きや操作方法

お電話でお問合せ

ウェルスナビ お客さまサポート

フリーダイヤル0120-804-040

03-6632-9578(携帯電話・ IP電話からはこちら)

9:30~17:00(土日祝・年末年始を除く)

インターネットでのお問合せ

WealthNavi お問合せ

WealthNaviの口座開設申込画面までの進み方に関するご質問

お電話でお問合せ

イオン銀行コールセンター

フリーダイヤル0120-13-1089

9:00~21:00 年中無休

ページ先頭へ