ホーム>投資信託>特定口座について>特定口座のメリット

特定口座のメリット

メリット
1

申告がカンタン

イオン銀行ではお客さまに代わって譲渡損益等を計算し「特定口座年間取引報告書」を作成します。
「特定口座年間取引報告書」は年末基準で計算し、お客さまは、この「特定口座年間取引報告書」をもとに確定申告を行うことができます。※1
電子交付サービスをご選択のお客さまにつきましては電子交付にてご提供いたします。

※ なお、2019年度税制改正に伴い、2019年4月1日以後に提出する確定申告書等につき、「特定口座年間取引報告書」の添付が不要になりました。

ご参考
メリット
2

申告が不要

特定口座で「源泉徴収あり」口座を選択すると、確定申告そのものが不要になります。※2
「源泉徴収あり」口座では、お取引きのたびに、年初からの譲渡損益などを通算して源泉徴収を行い、イオン銀行がお客さまに代わって税金を納付します。なお、損失が出た場合は、すでに徴収した税額から還付を行います。源泉徴収・還付の明細は、お取引ごとにお客さまにお知らせいたします。
また、2010年より「源泉徴収あり」口座内で公募株式投資信託の普通分配金の受入れができるようになりました。「源泉徴収あり」口座に受け入れた普通分配金は、その年の年末に同じ特定口座内に解約・償還による譲渡損失が生じていれば損益通算を行い、分配金受取り時に徴収した税額から翌年年初に還付を行います。

  • ※1 「源泉徴収なし」口座にて普通分配金と譲渡損との損益通算をする場合には、「年間取引報告書」に加え「支払通知書
    (収益分配金のご案内、収益分配金再投資のご案内)」が確定申告の際に必要になります。
  • ※2 「源泉徴収あり」口座でも、他の金融機関の一般口座や特定口座との損益通算など、必要に応じて確定申告を行うこともできます。

投資信託口座の開設お手続きはこちらから!

投資信託口座開設のご案内NISA口座も同時にお申込みいただけます

お問合せ・ご相談

よくあるご質問

詳しい資料をご覧になりたいお客さま


店舗へご来店のお客さま

お電話でお問合せのお客さま

投資信託専用ダイヤル

フリーダイヤル0120-1089-43
9:00~18:00 年中無休

ページ先頭へ