ホーム>投資信託>つみたてNISA>つみたてNISAの魅力

つみたてNISAの魅力

低金利のもとでは、預金だけでは資産は増えません。
つみたてNISAの対象商品である投資信託には元本割れのリスクがありますが、すこしの工夫で、リスクを軽減することが可能です。

つみたてシミュレーション

つみたてシミュレーション 資産形成のためのカンタン利回り・節税計算ができる!詳しくはこちら

魅力1 時間の分散

投資するタイミングをとらえるのはプロでも難しいです。

積立投資とは「あらかじめ決まった金額」を「続けて」投資することですが、定期的に積立投資をすることで、安いときに買わなかったり、高いときにだけ買ってしまうことが避けられます。

つみたてNISAなら決まったタイミングで自動的に買い付けてくれるので手間もかかりません。

魅力2 投資先の分散

さまざまな資産に投資することでリスクを軽減します。

投資信託なら、値動きの異なる複数の資産に分散投資を行うことで価格変動が小さくなり、リスクを軽減することができます。これを「資産の分散」といいます。 また投資先の地域を分散することにより、安定的に世界経済の成長を恩恵を得ることが可能です。これを「地域の分散」といいます。

つみたてNISAならひとつの商品で「資産の分散」「地域の分散」が実現される投資信託をご利用いただけます。

魅力3 長期投資の効果

安定的な運用を期待!

運用期間が長いほど、リスクを抑えた安定的な運用が期待できます。

ウエルスアドバイザーのページへ移動します

途中で売ったり積立投資をやめてしまうと、効果は弱くなります。投資信託の価格の上下動に一喜一憂することなく長期的な視点で考えましょう。

つみたてNISAで運用できる投資信託は信託期間(投資信託を運用する期間)が長期であるなど、長期投資に適したものになるような基準が設けられています。

NISAに関するよくあるご質問

投資信託・つみたてNISA口座のお申込み

お問合せ・ご相談

よくあるご質問

詳しい資料をご覧になりたいお客さま


店舗へご来店のお客さま

お電話でお問合せのお客さま

投資信託専用ダイヤル

フリーダイヤル0120-1089-43
9:00~18:00 年中無休

NISA(少額投資非課税制度)に関する留意点

NISA口座(NISA、つみたてNISA)共通の留意点

  • NISA口座は、同一年(1月~12月)において、1人1口座(1金融機関)までの開設となります(ジュニアNISA口座の開設は制度上2023年9月をもって終了しています)。
  • NISA口座は金融機関変更が可能ですが、その年の買付けがすでに行われている場合、金融機関変更はできません。また、NISA口座の残高を他金融機関へ移管することはできません。

NISA特有の留意点

  • 上場株式などの配当金等を非課税で受取るためには、「株式数比例配分方式」をご選択いただく必要があります。
  • 投資信託の分配金のうち特別分配金については従来より非課税です。
  • 投資信託の分配金の再投資買付けは非課税投資枠を使用します。超過する場合は分配金受取りまたは課税口座での再投資となります(2023年までのNISAと2024年以降のNISAで取扱いが異なります)。
  • 外国株のお取引にはNISA口座および外国株取引口座の開設が必要です。
  • 2024年以降のNISAにおいては、年間投資枠(つみたて投資枠120万円/成長投資枠240万円)と非課税保有限度額(成長投資枠・つみたて投資枠合わせて1,800万円/うち成長投資枠1,200万円)の範囲内で購入した上場株式等から生じる配当所得や譲渡所得等が非課税となります。NISA口座内の上場株式等を売却した場合は、その翌年以降の年間投資枠の範囲内で非課税枠を再利用できます。
  • NISA口座で発生した損失は、特定口座・一般口座で保有する商品の譲渡益や配当金等と損益通算できず、また繰越控除もできません。
  • NISA口座の重複開設であることが判明した場合、そのNISA口座で買付けた上場株式等は当初から課税口座で買付けたものとして取扱われ、買付けた上場株式等から生じる配当所得および譲渡所得等については、遡及して課税されます。
  • 税務署審査結果を受領するまでの間に支払われる投資信託の分配金については、分配金再投資コースで投資信託を購入いただいた場合でも再投資されず、分配金受取りとなります。
  • 非課税口座(未成年者口座)内上場株式等払出通知書、つみたて投資枠で買付けた信託報酬等実額通知書は、原則電子交付サービスでのご提供となります。

つみたてNISA特有のご留意点

    (2024年1月1日現在)
    商号等:株式会社イオン銀行
    登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
    加入協会:日本証券業協会

投資信託に関する留意点

  • 金融商品仲介における取扱商品は預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。また元本を保証するものではありません。
  • 金融商品仲介で取扱う有価証券等は、金利・為替・株式相場等の変動や、有価証券の発行者の業務または財産の状況の変化等により価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。
  • 取引に際しては、委託金融商品取引業者が定める手数料等がかかります。手数料は商品・銘柄・取引金額・取引方法・取引チャネル等により異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。
  • 各商品のリスク・手数料については委託金融商品取引業者のホームページにてご確認ください。
  • 各商品をお申込みの際には、「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書補完書面」、「目論見書」、「リスク・手数料などの重要事項」等を必ずお読みいただき、ご自身でご判断ください。
  • 金融商品仲介において、イオン銀行は委託金融商品取引業者への証券総合取引口座開設のお申込みおよび証券取引に関する勧誘を行います。
  • 金融商品仲介のご利用にあたっては、「金融商品仲介口座」の開設が必要です。
  • 証券総合取引口座開設後の株式売買等のお取引については、すべてお客さまと委託金融商品取引業者とのお取引になります。
  • イオン銀行には委託金融商品取引業者とお客さまとの契約締結に関する代理権はありません。

(2024年1月1日現在)

商号等:株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
加入協会:日本証券業協会

ページ先頭へ