ホーム>会社情報>会社案内

ご挨拶

「お客さま」第一の実現を目指して 株式会社イオン銀行 代表取締役社長 新井直弘

日頃よりイオン銀行をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。2018年10月1日に、代表取締役社長に就任いたしました新井直弘でございます。「お客さま第一」の実現に向け、イオン銀行のさらなる発展・飛躍に全力を尽くしてまいる所存ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

イオン銀行は、2007年10月、小売業から誕生した金融機関として「商業と金融の融合」「リテール・フルバンキング」を事業コンセプトに掲げ、「親しみやすく、便利で、わかりやすい」銀行を目指し、開業いたしました。
そして開業来、イオンの基本理念である「お客さま第一」を理念とし、徹底したお客さま志向を追求し続け、店舗網は全国のイオンモールを中心に140か所、自社ATMはイオン店舗を中心に駅や空港に6,000台を超え、加えてATM提携の拡大を進め、平日日中に手数料無料でご利用いただけるATMは約53,000台となりました。更にスマートフォンやインターネットを通じたインターネットバンキング機能の拡充やアプリ開発など、口座利便性の拡充を進めてまいりました。

その結果、基盤となる口座数は、630万人を超え、イオンクレジットサービス株式会社から引き継いだクレジットカード発行業務では、有効会員数が2,700万人を超えるなど、多くのお客さまにご支持をいただいております。
また、ご好評いただいております『イオンカードセレクト』、『イオン銀行CASH+DEBIT』に加え、企業様との提携やキャラクター使用による魅力ある新しいカードの発行など、幅広い世代のお客さまからご支持いただける商品ラインナップの拡充に努めてまいりました。

私どもイオン銀行は、この10月、12年目を迎えました。これからのイオン銀行は、有人の店舗を持つ強みを生かして、資産形成サービスによりいっそう力を入れ、お客さまの未来の幸せ実現のお手伝いをさせていただきたいと考えております。
そのために、イオンのショッピングセンターに来店されるお客さまを中心に、少額から投資可能な積立商品をはじめとする投資商品のライナップ拡充や、まとまった収入があった際の運用方法のご提案など、資産形成サービスの強化に努めてまいります。
また、投資商品のみならず、さまざまなライフイベントにご利用いただける各種ローン商品のご提案を可能とすべく、小売業から誕生した金融機関の強みを活かした“ネット”と“リアル”から得た情報を活用したデジタルマーケティングにより、お客さまの潜在的なニーズに対応する商品を提供できるよう、努力してまいりたいと考えております。

一方で、金融業界は想像をはるかに超えるスピードで変化しています。金融業界のみならずさまざまな業界でフィンテックに代表される新しい技術が積極的に取り入れられ、ペーパーレス化や、シンプルでスピーディにお手続きが完了する仕組みの導入により利便性の向上が進められています。
当行におきましても、「手ぶら」で店頭お取引やATMをご利用いただける『指認証システム』やキャッシュカードを使わずにスマートフォンを使ってATMの現金引き出しをご利用いただける『スマッとATM』、また、各種お手続きがTV電話でご利用いただける『セルフ端末』、各種お問合せにAIがお答えする『AI自動チャットサービス』など、先進技術を活用したサービスを導入しております。今後、さらなるお客さまの利便性向上のために、シンプルでわかりやすいサービスの充実にスピード感を持って取り組んでまいります。

イオン銀行は、お客さまの日々の生活を豊かにし「生活に欠かせない銀行」となることを目指し、お客さまお一人おひとりにご満足いただけるサービスの提供に努め、「お客さま第一」の実現に邁進してまいります。

今後とも、私どもイオン銀行をご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

2018年10月1日

ページ先頭へ