2019年10月消費税増税について

消費税が2019年10月に8%から10%へ増税が予定されています。消費税増税は日常の生活費などのお買い物についても気になりますが、高額なお買い物ほど消費税が2%変わることで支払う負担は大きくなります。
これから高額となる住宅購入を検討しているのであれば、消費税が10%に上がることでどのような影響があるのか、把握しておきたいポイントを解説します。

住宅購入する場合、いつから消費税適用?

マンションや戸建て住宅の場合

予定通り2019年10月に消費税が10%に引き上がる場合、マンションや一戸建てなどの分譲住宅については2019年10月1日以降の引渡し物件から消費税は10%になります。
消費税8%で購入しようとするならば2019年9月30日までの引渡しが必要となります。

注文住宅の場合は経過措置あり

注文住宅については、経過措置があります。注文住宅の場合は、引渡しが2019年10月1日以降になっても、工事請負契約を2019年3月31日までに締結しておけば消費税は8%が適用される予定です。
なお、分譲住宅でもリフォームや設備の追加工事がある場合についても2019年3月31日までに契約を締結しておけば消費税は8%が適用されます。

増税による住宅取得時にかかる負担はどれくらい増える?

建物・建築代金

土地について消費税はかかりませんが、建物や建築代金については消費税がかかります。
また、中古物件であっても業者から購入する場合にはおおむね消費税の対象となるので中古物件を選ぶ際には注意が必要です。(個人間売買を除く)

代金 消費税率 消費税
3,000万円 8% 240万円
3,000万円 10% 300万円

消費税率8%と10%では、60万円の差額

まずはシミュレーション

住宅ローンの返済は長期にわたるため、目先の増税だけにとらわれず、ライフプランをもとに無理なく返済できる金額かどうかがポイントです。事前にシミュレーションしておくことで、住宅を選ぶ際にもいくらまでの物件なら無理なく購入できるのかなど物件選びの目安にもなります。

イオン銀行なら、ホームページで住宅ローンの借入れシミュレーションができます。
また、全国のイオン銀行店舗でもコールセンターでも土曜・日曜。祝日を含めて365日毎日午前9時から午後9時*まで専門スタッフが相談から受付まで対応しています。消費税が増税する前に購入しなくてはと慌てずに、まずはシミュレーションをしてみる事が大切です。

* 一部営業時間の異なる店舗がございます。

住宅ローン事前審査お申込み

住宅ローンシミュレーション