健康経営の取組

1.健康経営の目的

イオン銀行は、経営理念として、「わたしたちは、商業と金融の融合により生まれた、新しい銀行です。お客さまの声を真摯に受け止め、新鮮な金融サービスの提供に努めてまいります。休むことなく常に進化し続けることで、地域の発展に寄与してまいります。」と掲げています。そして、この経営理念の実現には、「働く従業員が何よりも大切」であると認識しており、従業員全員が活き活きと働くこと、幸せであることがお客さまにとって”親しみやすく、便利で、わかりやすい”銀行の実現に寄与すると確信しております。
この実現のため、わたしたちは従業員の心身の健康維持・増進を目的に健康経営を推進します。

2.健康経営宣言

イオン銀行は、従業員と家族の健康をサポートします。そして、従業員とともに地域社会の健康とハピネスを実現します。

3.健康経営行動指針

  • 従業員、家族へ向けた健康診断等の実施や支援、その後のサポート体制の充実を通して労働生産性の向上を目指します。
  • 従業員がヘルスリテラシーの向上を目指し、すべての従業員が能力を発揮できる組織の構築を目指します。
  • 従業員が活き活きと働くことで従業員満足度を向上させ、お客さま第一とした地域社会への貢献を目指します。

4.推進体制

5.外部評価

経済産業省と日本健康会議が共同で選出する「健康経営優良法人」

2020年、2021年、2022年、2023年
4年連続認定

2024年はさらに上位認定「健康経営優良法人(ホワイト500)」を目指しています。

6.健康経営指標

設定項目 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度目標
健康診断受診率 100% 100% 100% 100%
精密検査受診勧奨率 - - 100% 100%
喫煙率(40歳以上) 26.8% 22.3% 20.0% 17.0%
ストレスチェック受検率 95.4% 98.7% 97.9% 100%
年次有給休暇の取得率 75.2% 74.5% 80.2% 前年から増
pep up※1登録率 43.8% 50.5% 64.8% 70.0%
プレゼンティーイズム※2 - - 10.4点 10点
アブセンティーイズム※3 - - 1.0日 0.9日
ワークエンゲイジメント※4 - - 3.4点 4.0点
  • ※1 イオン健康保険組合が導入する健康ポータルサイト。健康年齢診断や医療費データの確認、健康促進への取組参加によるポイントプログラムの提供も可能。
  • ※2 プレゼンティーイズムはSPQ方式を採用。2023年9月より取得開始。
    設問「病気やけががないときに発揮できる仕事の出来を100%として過去4週間の自身の仕事を評価してください。」の回答値平均より算出。算出方法:プレゼンティーイズム=100-回答値平均
    SPQとは、平成27年度健康寿命延伸産業創出推進事業「東京大学ワーキング」で開発された、1項目の設問によりプレゼンティーイズムを簡便に測定できる尺度。
  • ※3 アブセンティーイズムは傷病休職制度の利用日数の全従業員平均にて算出。
  • ※4 ワークエンゲイジメントは独自の従業員サーベイで設問「あなたは、現在の仕事にやりがい(充実感・達成感など)を感じていますか。」に選択肢5段階で回答したものを5点満点で集計した全従業員平均にて算出。

7.戦略マップ

クリックで拡大できます

8.現在実施している取組

1.定期健康診断の推進

従業員の受診率100%を維持できるよう人事部(健康診断担当)・健康管理室が中心なり取り組んでいます。健康診断後の事後措置では再検査受診率向上のため、産業医・保健師と連携し再検査等の受診勧奨を行っています。

2.就業時間内および敷地内における禁煙の実施

全社的な喫煙者削減の取り組みとして2021年1月より就業時間内及び敷地内ならびに業務開始前45分以内の禁煙を社内規則として設定しました。従業員間に加えて、お客さまに対する受動喫煙の防止に取り組んでいます。また卒煙の取り組みとして、イオン健康保険組合が提供するオンライン卒煙プログラムを活用し従業員の健康維持・増進を推進しています。

3.健康ポータルサイトの活用

イオン健康保険組合による健康ポータルサイト(pep up)を活用し、自身の健康管理や健康リテラシーの向上に取り組んでいます。利用促進のためイオン健康保険組合と連携し全従業員が登録できるよう推進しています。

4.健康管理室の設置

従業員の健康維持・増進のため健康管理室を設置しました。いつでも産業医、保健師、看護師と面談ができる体制を構築しました

5.こころの健康相談窓口を開設

健康経営推進の一環で「こころの健康相談窓口」を設置しました。職場内外の困りごとや悩みを臨床心理士等有資格者に相談できます。

6.感染症対策

イオングループ各社共通の防疫プロトコルを対策として、従業員の体調管理を徹底することで、お客さまが安心してご来店いただける店舗環境と従業員が安心して働ける職場環境の整備を推進しています。

7.衛生委員会の開催

衛生委員会を毎月1回、定期的に開催し、職場の安全衛生についての議論や、産業医による講習会を実施しています。
(講習会一例:職場のメンタルヘルス、運動習慣と健康・メタボ対策、食生活など)

ページ先頭へ