金銭信託のリスクについて

リスクについて

金銭信託「利回りの賢人」は以下のリスクにより、元本の償還金のお支払いが遅れること、またはお受取金額が信託元本を下回ること(元本割れ)があります。

リスクの種類 リスクの内容
信用リスク 本商品は、主として、三菱UFJ信託銀行を受託者として設定される実績配当型合同運用指定金銭信託(マザーファンド)(以下、「マザーファンド」といいます。)の受益権およびマザーファンドに対する貸付債権(以下、「本貸付債権」といいます。)で運用を行う投資商品です。以下の場合には、元本に損失が生じるおそれがあります。
  • マザーファンドを通じて運用対象とする信託受益権等の裏付けとなる住宅ローン債権等の金銭債権(以下、「住宅ローン債権等金銭債権」といいます。)に当初の予想を超えた債務不履行(貸し倒れ)が発生した場合。
  • マザーファンドを通じて運用対象とする資産の発行体等の信用状況等に問題が生じた場合。
  • 本商品およびマザーファンドについて、それぞれの合同運用財産を運用する決済用預金(無利息普通預金)等における運用先の信用状況等に問題が生じた場合。
  • マザーファンドを通じて運用対象とする信託受益権等の裏付けとなる住宅ローン債権等金銭債権の回収業務等の委託先の信用状況等に問題が生じた場合。
回収業務等委託先に係るリスク 下記の場合、予定配当率とおりの配当が受け取れない、または元本に損失が生じる恐れがあります
  • 余資運用対象とする貸付先(三菱UFJ信託銀行)の信用状況に問題が生じた場合
  • 住宅ローンの回収業務等を行っている会社(イオン銀行)の信用状況等に問題が生じた場合
金利変動リスク
  • 市場金利が上昇した場合には、マザーファンドを通じて運用する固定金利型の資産(信託受益権等)の価格が下落する可能性があります。
  • 市場金利が低下した場合には、マザーファンドを通じて運用する変動金利型の資産(信託受益権等)の収益が減少する可能性があります。
流動性リスク
  • 本商品の元本償還の資金は、原則として、マザーファンドの受益権の元本償還金が原資となります。したがって、マザーファンドの合同運用財産の流動性が悪化した場合に、マザーファンドの受益権の元本償還が行われず、その結果、予定されていたとおりに本商品の元本償還が行われない可能性があります。
  • マザーファンドの受託者は、マザーファンドの受益権の元本償還および本貸付債権に係る借入金の返済の必要があり、その流動性を補完する必要があると認める場合に、マザーファンドの信託約款に従い、イオン銀行から金銭を借入れることができますが、かかる場合においてもマザーファンドの受託者は、積極的に流動性補完を行う金融機関を探す義務を負わず、また、三菱UFJ信託銀行の銀行勘定は、貸付けを行う義務を負いません。また、マザーファンドは、マザーファンドの運用対象資産の格付がムーディーズSFジャパン株式会社が付した格付で投資不適格(Baa3格未満)となった場合またはかかる流動性補完のための貸付人が貸付けを拒絶した場合(流動性補完のための貸付人が極度額を減額した結果、貸付けが実行されないこととなる場合を含みます。)には、流動性補完を目的とする金銭の借入を行うことはできません。そのため、マザーファンドの合同運用財産の流動性を補完する必要がある場合においてかかる借入れが行われない可能性があります。
  • 支払準備のための資金が不足した場合等に、受託者の裁量により信託期間が延長されるおそれや元本償還にかかる支払ができなくなるおそれがあります。
その他のリスク
  • 本商品またはマザーファンドについてそれぞれの信託約款に規定される支払停止事由が発生した場合は、本商品およびマザーファンドについての元本償還および配当金の分配の支払が停止します。さらに、本商品とマザーファンドは強制的に信託終了となり、金銭以外の運用資産は換金され、各信託が清算されることがあります。この場合、金銭以外の運用資産の処分価格によっては、本商品について、当初予定されていたとおりの配当が受け取れない、または元本に損失が生じるおそれがあります。
  • マザーファンドを通じて運用対象とする資産を換金処分しようとしても、購入希望者が現れない、または購入希望者に有利な価格での売却を強いられる可能性があり、マザーファンドを通じて運用対象とする資産の処分可能性および処分価格は保証されておらず、マザーファンドの受益権に損失が生じる可能性があり、その結果、本商品に損失が生じる可能性があります。また、マザーファンドの受益権は、譲渡または質入することはできません。したがって、マザーファンドの受益権を処分することはできず、本商品について、当初予定されていたとおりの配当が受け取れない、または元本に損失が生じる可能性があります。
  • 本商品およびマザーファンドにかかる信託においては、それぞれの合同運用財産の収益から、配当金の分配に優先して、租税および費用が支払われることになります。したがって、租税および費用が増加し、マザーファンドの受益権の配当金の分配および本貸付債権に係る利息の支払に充てられる金銭が減少する可能性があります。その結果、本商品についても、当初予定されていたとおりの配当が受け取れない、または元本に損失が生じるおそれがあります。

お客さまにご負担いただく費用について

直接的にご負担いただく費用

お申込手数料 お申込手数料はかかりません。
解約調整金 お客さまがお申込み時にした表明・確約に関して虚偽のご申告をされたことが判明したこと等に基づく解約により信託が終了する場合、受託者所定の解約調整金がかかります。解約調整金は解約日までにお客さまに支払済みの配当金(疑義を避けるために付言すると、解約日において支払が予定される配当金を含みます。)の合計額とします。

間接的にご負担いただく費用(信託財産から支払われる費用)

本商品における信託報酬 本商品の信託財産の中から信託報酬をいただきます。
かかる信託報酬は、原則として、『募集要項』に記載の決算日および最終決算日以降における配当金の分配または信託財産の交付※1を行った後の合同運用財産に属する金銭の残余(ただし、『募集要項』に記載の決算日以降に収受する信託報酬については、分配可能額※2の残額を上限とします。)とします。
マザーファンドにおける信託報酬 マザーファンドの信託財産の中から信託報酬をいただきます。
かかる信託報酬は、原則として、マザーファンドの決算日(毎年6月・12月の各15日)に、マザーファンドの信託元本とマザーファンドの借入元本の合計額に対して信託報酬率を乗じて計算される金額とします。
かかる信託報酬率は、原則として、マザーファンドの決算日において、マザーファンドの分配可能額とマザーファンドの合同運用財産に属するそれぞれの信託金の各受益者ごとに計算される予定配当額およびマザーファンドの受託者との間で締結された金銭消費貸借契約に基づく受益者に対する利息の合計額が同額となるように決定されます。ただし、上限年率は3%とし、下限年率は0.01%とします。
また、上記のほか、マザーファンドの決算日以降における配当金の分配または信託財産の交付を行った後のマザーファンドの分配可能額の残額を上限として、かかる配当金の分配または信託財産の交付を行った後のマザーファンドの合同運用財産に属する金銭の残余を信託報酬とします。
その他の信託財産にかかる費用 ベビーファンドおよびマザーファンドにおいて、信託財産に関する租税および信託事務の処理に必要な費用(マザーファンドについては借入れの利息を含みます。)を、それぞれの信託財産の中から支払う場合があります。当該費用は発生時まで確定しないため表示できません。

ご留意いただきたい重要事項

(2020年10月12日現在)

商号等:株式会社イオン銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第633号
加入協会:日本証券業協会

金銭信託をもっと詳しく知る

今すぐお申込みされたいお客さまはこちらから

インターネットバンキングログイン

店舗でご相談されたいお客さまはご来店予約が便利です。

来店予約

イオン銀行口座をお持ちでないお客さまはこちらから

お問合せ・ご相談

よくあるご質問

金銭信託のよくあるご質問

詳しい資料をご覧になりたいお客さま

資料請求

店舗へご来店のお客さま

お電話でお問合せのお客さま

イオン銀行コールセンター
フリーダイヤル0120-13-1089
受付時間 9:00~21:00 年中無休